ブラジルGP 2018

/ Commentary

レース

01:30 2018年F1世界選手権第20戦ブラジルGP決勝レースはこの後、日本時間2時10分にスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

02:00 これより2018年F1世界選手権第20戦ブラジルGP決勝レースの模様をお届けいたします。前戦メキシコGPでルイス・ハミルトンがキャリア通算5度目のチャンピオンシップ制覇を成し遂げて迎えた今週末、土曜日の予選では王者ハミルトンが圧巻のパフォーマンスを披露してポールポジションを獲得。

02:01 メルセデスとフェラーリが100分の数秒を争う大接戦となりましたが、最後に一番時計をたたき出したのはハミルトンでした。0.093秒差のタイムを残したフェラーリのセバスチャン・ベッテルがフロントローに並びます。

02:02 ハミルトンに0.160秒差、ベッテルに0.067秒届かずに3番手となったものの、もう1台のメルセデスを駆るバルテリ・ボッタスも素晴らしいペースを発揮しました。

02:03 ボッタスの隣4番グリッドに並ぶフェラーリのキミ・ライコネンもトップ3ドライバーと僅差のアタックラップをまとめており、ハミルトンと0.175秒、ベッテルと0.082秒、ボッタスとは実に0.015秒のギャップしかありません。

02:04 3番手チームの座はレッドブルが確保しましたが、5番手のマックス・フェルスタッペンの隣には相棒ダニエル・リカルドではなく、ザウバーのマーカス・エリクソンが並びます。

02:05 リカルドはターボチャージャーを交換して今週末のグランプリに臨んでおり、規定数を超えているため5グリッド降格処分を受けました。リカルドは11番グリッドから入賞を目指して猛チャージをかけます。

02:06 4列目からスタートするのはザウバーのシャルル・ルクレールとハースF1のロマン・グロージャン。ザウバーは2台そろって予選Q3進出を果たし、レースではダブル入賞を目指します。

02:07 トロ・ロッソのピエール・ガスリーが9番グリッド、10番グリッドにはわずかな差で予選Q2敗退となったハースF1のケビン・マグヌッセンが着きます、

02:08 リカルド以外ではフォース・インディアのエステバン・オコンがギアボックス交換に伴うペナルティで5グリッド降格となり、18番手スタートを強いられています。

02:09 まもなくスタート時刻を迎えるインテルラゴス・サーキットは気温25.1度、路面温度41.3度、湿度69.5%のドライコンディションです。

02:10 フォーメーションラップが始まりました。上位勢では予選Q2のベストタイムをソフトタイヤで刻んだフェラーリがメルセデスやフェルスタッペンとは異なる戦略。

02:11 10番手のマグヌッセンは新品のソフト、12番手スタートのセルジオ・ペレスがスーパーソフトを選んだ以外はソフトあるいはミディアムをチョイスしています。ミディアムを選択しているのはトロ・ロッソのブレンドン・ハートレーです。

02:12 ハミルトンがポールポジションに到着しました。チャンピオンシップはすでに決していますが、今年のタイトルを争った2人によるスタートのバトルに注目です!

1周目

シグナルが消えてレースが始まりました! ハミルトンもベッテルもうまく発進、ただ、ボッタスのスタートが素晴らしく、ターン1でベッテルを追い抜きました!

フェルスタッペンもフェルスタッペンにポジションを奪われています! やはりスタートには不利だったソフトタイヤ・・・それでもライコネンはフェルスタッペンを抜き返して4番手に返り咲きました!

2周目

ハミルトンが先頭でオープニングラップを終え、ボッタス、ベッテル、フェルスタッペン、ルクレール、グロージャンが7番手、ガスリー、リカルドは9番手にポジションを上げています。

エリクソンが10番手にポジションを落としており、マグヌッセン、ペレス、ルノー勢と続きます。

3周目

フェルスタッペンがライコネンに接近! ストレートでサイド・バイ・サイドに持ち込んでターン1手前で追い抜きます!

4周目

まだ全体的にそれほど差は開いておらず、トップのハミルトンとボッタスが1.5秒差、ベッテル、フェルスタッペン、ライコネンはコンマ数秒のギャップで連なっており、6番手のルクレールも先頭集団から1.6秒差しかありません。

なんと! フェルスタッペンがベッテルのオーバーテイクも成功させました!

5周目

ベッテルはペースに苦戦しているようで、フェルスタッペンに抜かれた後、タイヤをわずかにロックアップしてレーシングラインを外れかけ、そのスキにライコネンがオーバーテイクして4番手に上がっています!

6周目

好ペースのフェルスタッペンがボッタスにプレッシャーをかけています。

11番手スタートだったリカルドが6番手まで上がってきました。次なるターゲットは1.2秒前のベッテルです。

7周目

フェルスタッペンがDRSを使ってボッタスのスリップに入ろうとしますが、速さのあるメルセデスのトウを得るには至りません。

8周目

ショートコースのインテルラゴスはいたるところで接近戦が続いており、フェルスタッペンは何度もボッタスに攻撃を仕掛けていきますが、今のところオーバーテイクは成功せず。

9周目

コース上にデブリが落ちていますが、特に黄旗が振られているといったことはありません。

リプレー映像を見るとエリクソンのザウバーマシンから飛んだデブリのようです。

10周目

ハミルトンが少しずつリードを広げにかかります。ただ、それでもボッタスとのギャップはまだ1.8秒。

ボッタスはフェルスタッペンの攻撃を必死に交わしていますが・・・ターン1のインを突いてフェルスタッペンが2番手に上がります!

6番手にいるリカルドもペースが良く、すでにベッテルのリアを捕らえています!

11周目

ボッタスの後方にライコネンが迫る! サイド・バイ・サイドに持ち込んでターン1に飛び込みますが・・・ここはボッタスが防御に成功!

12周目

ソフトタイヤを履くフェラーリ勢が徐々にペースをつかんできたようです。

ただ、ボッタスのペースがかなり落ちており、ハミルトンと比べると1秒ほど遅いペース。

13周目

ライコネンが再びボッタスのオーバーテイクを狙っていきます。

コンマ数秒後方につけてタイミングを図っている模様。

14周目

ハミルトンとフェルスタッペンのギャップは1.3秒、そこから4秒ほど離れた位置にボッタスがいます。

フェラーリ勢やリカルドにとってはできるだけ早くボッタスを料理しておきたいところ。

15周目

7番手を走るルクレールはグロージャンを3秒後方に引き離し、ペースもそれほど悪くなさそうです。

8番手にグロージャン、そこから7秒ほど後ろにチームメイトのマグヌッセンが控え、10番手にガスリーがいます。

16周目

ペースに苦戦するボッタスですが、ライコネンはまだオーバーテイクを成功させられていません。

ラップ中に何度か背後に迫っていますが、ボッタスもうまくポジションを守っているようです。

17周目

ライコネンはまだボッタスの前に出られません。ベッテルとリカルドを抱えた状態で後方からのプレッシャーもあります。

18周目

ボッタスのペースが少し上がってきました。自己ベストタイムを刻んでプッシュしています。

フェラーリのクルーが準備をはじめましたが、ライバルの様子を見る意味もあったのか、誰もピットには入ってきません。

19周目

ここでボッタスがピットイン! 前が開けたライコネンは勝負どころを迎えています!

ボッタスはスーパーソフトからミディアムソフトに履き替えてピットアウト。ザウバーのエリクソンも最初のピットストップを完了しました。

ボッタスはマグヌッセンから4秒後方の9番手でコース復帰。前は比較的に空いているのでトラフィックの問題はなさそうです。

20周目

メルセデスは続いてハミルトンをピットに呼びます。

こちらもスーパーソフトからミディアムに交換して2.6秒のストップでした。ハミルトンはグロージャンの後ろ7番手でコースに戻っています。

21周目

フェルスタッペンはステイアウト。1分13秒429のファステストラップを刻んでいます。

ソフトタイヤを履くライコネンとベッテルのフェラーリは当然ながら第1スティントを継続。

エリクソンがスピンを喫して一時黄旗が振られていましたが、コース復帰して解除されています。マシントラブルを抱えているようで、チームからはピットに戻ってくるよう指示が飛んでいます。

22周目

フェルスタッペンから17秒ほど後ろにいるハミルトンがファステストラップを更新。すでにグロージャンは料理しており、1.3秒前にいるルクレールにプレッシャーをかけています。

23周目

予選ではベスト・オブ・ザ・レストとなったエリクソンですが、レースは予想通りといかず、スタートから苦戦を強いられてしまいました。スピンを喫した際にはマシンが「ドライブできる状態じゃない」と訴えていました。

24周目

フェルスタッペンが先頭のままレースは24周目に入っています。

先頭から8秒後方にいるライコネンはベッテルに対するリードを2.7秒に拡大。ベッテルは1秒後方のリカルドと攻防戦を続けています。

25周目

リカルドがベッテルのDRSレンジに入っています。

ルクレールを追い抜いたハミルトンは現在5番手。フェルスタッペンとのギャップは18.2秒です。

26周目

フェルスタッペンはアロンソとストロールを周回遅れにして、ウィリアムズのもう1台に近づいていきます。

27周目

バックマーカーの対応にやや不満げのフェルスタッペン。ラップタイムは1分13秒後半をキープしています。

フェラーリ勢やリカルドも1分13秒半ばから後半のペースで走っており、メルセデス勢はそれより1秒遅く1分14秒後半です。

28周目

フェラーリ陣営がピットストップの準備を始めています。

入ってきたのはベッテル。ミディアムタイヤの交換は1.9秒で完了させました。

クルーに見送られてコースに戻ったベッテルはマグヌッセンの後方9番手。

29周目

ボッタスがグロージャンをオーバーテイクして6番手に上がりました。次なるターゲットは5.5秒前にいるルクレールです。

30周目

フェルスタッペンとライコネンは自己ベストタイムを更新しながら、さらにペースアップに励んでいます。2人のギャップは9秒。

31周目

ベッテルがピットストップで抜けた後、ライコネンとの距離を縮めたリカルドは1.5秒ほど後ろでチャンスを待ちます。

32周目

ライコネンがピットレーンに向かいます。ミディアムタイヤを選んでピットアウト。

ベッテルと接近する形になりましたが、前を取ったのはベッテルです。ライコネンは7番手の位置。

33周目

5番手のボッタスにフェラーリ勢が接近。再び攻防戦が始まっています!

34周目

まだ一度もピットに入っていないものの、フェルスタッペンとリカルドのレッドブル勢が1-2態勢を築いています。

なんと、ルノーのヒュルケンベルグがマシンをガレージに入れてしまいました。マシントラブルに見舞われたようで、レースを断念した模様。

35周目

ボッタス、ベッテル、ライコネンの接近戦は大きな展開なく継続中。ペースはライコネンの方が良いようです。

お、どうやらフェラーリが采配を振るったようです。ベッテルとライコネンのポジションを入れ替えます!

36周目

フェルスタッペンがピットに向かいました! レッドブルの選択はソフトタイヤ!

ハミルトンが通過して3秒後に合流したフェルスタッペン。タイヤのアドバンテージを生かして逆転を目指します!

37周目

リカルドはまだステイアウト。

ベッテルに道を譲ってもらったライコネンがボッタスを激しくプッシュしています! 36周目はまったく同じ1分13秒009を刻んだ2人のギャップは0.5秒。

38周目

バックマーカーの対応に追われるハミルトンにフェルスタッペンが接近!

39周目

ハミルトンのスリップに入ったフェルスタッペンがオーバーテイクを狙って最終コーナーを立ち上がっていきます!

40周目

リカルドがピットに向かう中、フェルスタッペンがハミルトンのオーバーテイクを成功させました!

ポジションを奪われたハミルトンですが、あきらめずに取り戻しにいきます・・・!

リカルドはフェルスタッペンと同じくソフトタイヤを履いて第2スティントを開始。戻った位置はベッテルの後ろ6番手です。

41周目

トップ6のピットストップが完了し、先頭はフェルスタッペン、1.5秒差でハミルトンが2番手、そこから7秒遅れてボッタスが3番手につけ、ライコネンと接近戦を繰り広げています。

ライコネンの1.7秒後ろにベッテル、その真後ろにリカルドが控えます。

42周目

ボッタスとライコネン、ベッテルとリカルドがバトルを展開中。

43周目

リカルドがベッテルに迫る! 一度は前に出かけましたが、ターン1はわずかにベッテルが前!

44周目

なんと! フェルスタッペンがスピンを喫してしまいました! コースの反対側ではフォース・インディアの1台が同様にスピンしており、どうやら周回遅れにしようとしたタイミングで接触したようです。

2台ともコースには復帰していますが、多少なりと接触のダメージはありそうです。

その間にハミルトンがリードを取り戻しており、フェルスタッペンは2番手の位置。

45周目

ボッタスとライコネンのバトルは決着し、ライコネンが3番手に上がってダメージを抱えているであろうフェルスタッペンに接近しています。

46周目

リカルドがベッテルをオーバーテイク! 抜かれたベッテルもあきらめずに食らいついていきます!

ターン1でわずかに前に出たリカルドはフェラーリを振り切ろうとするも、ベッテルは離されず・・・。DRSを使ってポジションを取り戻そうとしたベッテルですが、リカルドが前をキープしています!

47周目

現在のオーダーは先頭にハミルトン、5秒後方にフェルスタッペン、ライコネンが3番手、ボッタス、リカルド、ベッテルが6番手です。

48周目

先ほど発生したフェルスタッペンとオコンのインシデントは審議対象になっています。

49周目

ベッテルとの攻防戦に勝ったリカルドが今度はボッタスにプレッシャーをかけています!

50周目

マシンにダメージがありながらもペースにさほど影響はない様子のフェルスタッペン。1分12秒台のタイムを刻みながら少しずつハミルトンとの差を縮めてきています。

51周目

ボッタスとリカルドのバトルは継続しており、リカルドは抜きどころを探っているようです。

52周目

ポジションが接近しているのは2番手のフェルスタッペンと3番手ライコネン、4番手のボッタスとその後ろにいるリカルド。

下位グループではストロールとバンドールンがコンマ数秒差の接近戦を繰り広げています。

53周目

ボッタスとの距離をキープしながら追い抜きのチャンスを待つリカルド。レース終盤まで待つのか、早めに動くのか。

54周目

ベッテルがピットに向かいました。ユーズドのスーパーソフトに履き替えてピットアウト。ルクレールの後方でコース復帰しましたが、その差は1.3秒、タイヤのアドバンテージを生かしてオーバーテイクを仕掛けていきます。

55周目

上位勢が自己ベストタイムを更新しています。最もペースが良いのはライコネン。ただ、差があるといっても100分の数秒程度です。

56周目

ベッテルがルクレールのDRSレンジに入っています。

57周目

フェルスタッペンが1分11秒台のラップタイムを刻んでまた少しハミルトンに近づきました。

フェルスタッペンとオコンのインシデントについて、スチュワードはオコンに10秒のストップ・アンド・ゴーペナルティを科しました。

58周目

最終コーナーの立ち上がりでザウバーマシンに近づいたベッテルがルクレールに並び・・・オーバーテイクを成功させました。これでベッテルは6番手。

59周目

そしてボッタスとリカルドのバトルもついに決着・・・! リカルドがターン1にかけてボッタスを追い抜き、4番手に上がっています!

60周目

メルセデスはポジションを落としたボッタスのタイヤ交換を決断。ミディアムからソフトに交換して送り出しました。

61周目

ベッテルの前をキープしてコースに戻ったボッタス。

トップ4のドライバーはそれぞれ2.5秒前後のギャップで隊列を作っています。

62周目

ポイント圏外ながら11番手を走るガスリーに、チームメイトのハートレーとルノーのサインツが接近中。

ガスリーと10番手のペレスまでは36秒以上のギャップがあり、入賞を狙うのは厳しい状況ですが、ブラジルGPは最後の最後まで何があるか分からないレースのひとつです・・・!

63周目

また少しリカルドがライコネンとのギャップを縮めてきました。

64周目

フレッシュタイヤを履くボッタスが好ペースを発揮しています。ただ、前のリカルドまでは24秒近く差が開いており、残り周回数を考えると追いつく可能性は低そうです。

65周目

1分10秒843のファステストラップをマークしたボッタス。さらにペースを上げているようです。

66周目

アロンソとストロールがバトルするさなかに追いついたハミルトン。2台とも道を開けてくれずにフラストレーションを抱えたハミルトンは無線で訴えましたが、アロンソがストロールを追い抜いた直後に、隙間をぬってバックマーカーを抜き去りました。

67周目

ただハミルトンはその間にフェルスタッペンに接近を許してしまい、2人のギャップは1.5秒を切っています。

また、3番手のライコネンを追いかけるリカルドはコンマ数秒差の位置で追い抜くチャンスを待っている様子。

68周目

ハミルトン、フェルスタッペン、ライコネン、リカルドの4人はバックマーカーたちに対応しながら、それぞれのバトルにも集中しなければなりません。

69周目

サーキット上空が少し暗くなってきましたが、降雨は確認されておらず、おそらくチェッカーまでドライコンディションが保たれそうです。

周回遅れの対応を終えたハミルトン、フェルスタッペン、ライコネン、リカルドが最後のバトルを開始!

70周目

残り2周・・・ハミルトンとフェルスタッペンは1.7秒差、その2.9秒後ろにライコネンが控え、0.7秒差で追いかけるリカルドを必死に抑えています。

71周目

ハミルトンがファイナルラップに入りました! 今のところオーダーに変化はありません。

レッドブルの2台が最後の力を振り絞って前のマシンに近づいていきます・・・!

それでも、最初にチェッカーフラッグを受けたのはハミルトン! フェルスタッペンが2位、ライコネンが3位でゴールして表彰台を確保しました。

レッドブルともう一度表彰台に上りたいと願うリカルドは惜しくも4位、ライコネンとは0.429秒差でした。

5位ボッタス、ベッテル、ルクレール、グロージャン、マグヌッセン、ペレスが10位で入賞を果たしています。

残り2周でチームメイトの前に出たハートレーが11位完走、サインツが12位、ガスリーは2つポジションを落として13位でゴールしています。

14位以下、完走はバンドールン、オコン、アロンソ、シロトキン、ストロールでした。

ブラジルGPを終えて、メルセデスが5年連続でのコンストラクターズ選手権制覇を達成! ハミルトンの優勝、ボッタスの5位で35ポイントを追加したメルセデスがフェラーリをおさえて年間王者に輝いています。

ブラジルの激闘が終わった今、2018年F1シーズンは残すところあと1戦。最終戦の舞台は今年も中東アブダビのヤス・マリーナ・サーキットです。シーズンフィナーレとなる第21戦アブダビGPは23日(金)に開幕。金曜フリー走行1回目のセッションは日本時間18時にスタート予定です。それではまた次回アブダビGPでお会いしましょう!