ブラジルGP 2018

/ Commentary

フリー走行3

ハミルトンは1分9秒098で2番手タイムを出してきました。

2018年F1世界選手権第20戦ブラジルGP土曜フリー走行のセッションはこの後、日本時間23時にスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2018年F1世界選手権第20戦ブラジルGP土曜フリー走行の模様をお届けいたします。初日に実施された2回のフリー走行は初回セッションでレッドブルのマックス・フェルスタッペンがトップタイムを記録し、後半はメルセデスのバルテリ・ボッタスが1分08秒846を刻んで最速タイムをマークしました。

ショートコースのインテルラゴス・サーキットはグリッド全体が接近しており、100分の数秒や1,000分の数秒が違うだけでポジションが複数変わる可能性があります。

初日は両セッションともトップ3が0.1秒とない差で連なっており、ボッタスがトップに立った後半のフリー走行は0.003秒差の2番手に僚友ルイス・ハミルトン、0.073秒遅れだったフェラーリのセバスチャン・ベッテルが3番手につけました。

予選ペースよりもレースペースに集中していると言うレッドブルはダニエル・リカルドが4番手、マックス・フェルスタッペンが5番手となり、フェラーリのキミ・ライコネンが6番手で初日を終えています。

土曜日のインテルラゴスは曇り空の下、気温24度、路面温度33度、湿度59%のドライコンディションで予選前最後のフリー走行が間もなく始まります。

セッションがスタートしました。

ザウバーのシャルル・ルクレールがまずはコースへと入っていきます。続いてマーカス・エリクソン、ピエール・ガスリー、ロマン・グロージャン、ブレンドン・ハートレーの順となっています。

トロ・ロッソ勢は今日からスペック3のパワーユニットを搭載しての走行となります。

コースに出たマシンは1周のインストレーションラップを走ってそのままピットへと戻ります。

フェラーリのキミ・ライコネンがコースへ向かいます。

ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンもコースイン。

ライコネンはピットへ戻らずそのままタイムアタックに入っています。

ライコネンのタイムは1分9秒424、タイヤはスーパーソフトとなっています。

シロトキンのタイムは1分11秒台、チームメイトのランス・ストロールも現在コースへと出ています。

サーキット上空は雲に覆われていますが、雨の確率はあまり高くはないようです。

ライコネンは自己ベストを更新、1分9秒409でした。

ライコネンはピットへ戻ります。走行を続けるストロールのタイムは1分10秒920。

現在コース上にはストロールのみ。比較的ゆったりな土曜フリー走行の出だしとなっています。

ここでルノーのカルロス・サインツとフェラーリのセバスチャン・ベッテルもコースへ向かいました。

ザウバーのルクレール、昨日のフリー走行でクラッシュしたニコ・ヒュルケンベルグも走行を始めています。

マクラーレンのフェルナンド・アロンソ、メルセデスのバルテリ・ボッタスも出ていきます。

サインツの最初のタイムは1分10秒725、ベッテルは全体ベストを更新して1分8秒857をマーク。

ルイス・ハミルトンもコースに入り、まだ一度もコースに出ていないのはフォース・インディアとレッドブル勢のみとなりました。

トロ・ロッソのガスリーは1分10秒399で5番手タイムを出してきました。

現在のトップ3はベッテル、ライコネン、ボッタスの順となってます。

ヒュルケンベルグは1分10秒153でガスリーを上回り5番手。

アロンソもタイムを伸ばして1分10秒536を記録。

レッドブルのダニエル・リカルドはまだコックピットに座っていないようで、コースに出るにはまだ少し時間がかかりそうです。

フォース・インディアのエステバン・オコン、セルジオ・ペレスはコースへ出ています。

ハミルトンは1周走った後でピットへと戻り、まだタイム計測はしていません。

ペレスの今日最初のタイムは1分15秒614。

ハースF1のロマン・グロージャンが自己ベストを更新し、1分9秒761。

オコンは1分10秒221で10番手タイム。

マックス・フェルスタッペンとリカルドがともにマシンに乗り込み、まもなくコースへと出てきそうです。

マクラーレンのバンドールンは1分10秒台のタイム。

セッション残り時間が30分を切りました。

ハミルトンがコースへ出て、これからタイム計測に入る模様です。

ハミルトンのマシンですが、排気系のトラブルがあった模様ですが問題は解消したようです。

レッドブル勢はようやくコースへと出てきました。

ここまで10番手のマーカス・エリクソンまでが1分9秒台、トップのベッテルのみが1分8秒台です。

リカルドのタイムは1分9秒236、フェルスタッペンはリカルドより0.169差の1分9秒405でした。

ハミルトンが1分8秒762でトップタイムを更新します。

すかさず今度はライコネンが1分8秒490でトップタイム。

ベッテルもタイムを更新、1分7秒948に入れて新トラックレコードを記録。

上位勢はタイムの更新が続いています。

メルセデスのボッタスは1分8秒465で2番手に食い込みます。

13番手のヒュルケンベルグから20番手のバンドールンまでが1分10秒台。

フォース・インディア勢は現在ともに1分10秒台とあまりここまではタイムが伸びていません。

ピットに戻っていたハミルトンが再びコースへと向かいます。

ハミルトンは新品のスーパーソフトタイヤを履いて出ています。

現在コースにはメルセデスのハミルトンのみとなっています。

グロージャンも新品のスーパーソフトタイヤでコースへ出ました。ハミルトンは自己ベストを更新して1分8秒165の2番手タイム。

グロージャンはセクター1、2を自己ベストで通過。

グロージャンはセクター3で伸びずも1分9秒257で6番手に上げます。

セッション残り時間が10分を切りました。

ザウバーのルクレールですが1分9秒448で8番手タイム、マグヌッセンが1分9秒146で5番手に上がります。

6番手だったリカルドが自己ベストをつないで1分8秒788でマグヌッセンを抜いて5番手に。

5番手リカルドと8番手のマックス・フェルスタッペンの間にハースF1勢が割って入っています。

フェルスタッペンがここでタイムを伸ばして1分8秒733でチームメイトのリカルドを上回ります。

トロ・ロッソのハートレーも1分9秒985で14番手まで上がってきました。

セッション残り時間も少なくなってきましたが、上位勢はここからタイム更新となるでしょうか。

現在17台が走行中。

ベッテルはここでピットへ入ります。

まもなくセッション終了時間をむかえます。

チェッカーが振られてセッション終了です。

このセッションは1分7秒948をマークしたベッテルがトップに立ち、ハミルトンが0.217秒差の2番手、ボッタスが3番手に入りました。

予選はこの後、日本時間深夜2時に開始されます。それではまた後ほどお会いしましょう!