30秒ごとに更新されます

大熱戦のブラジルGPはこれで閉幕。次は今シーズン最後のグランプリとなる最終戦アブダビGPです。ドライバーズ選手権タイトルが決するシーズンフィナーレは入賞者にダブルポイントが与えられるため、チェッカーフラッグが振られる最後の瞬間までどうなるか分かりません!

第19戦アブダビGPは2週間後の21日(金)に開幕。金曜フリー走行1回目のセッションは日本時間18時にスタート予定です。それではまた次回アブダビGPでお会いしましょう!

71周目

ロズベルグがファイナルラップに入りました! ドキドキのラストラップ・・・。ロズベルグは落ち着いてコーナリング。ハミルトンは追い抜きのチャンスを狙っているようですが、ロズベルグがしっかりとマシンをコントロールしているため、隙がありません。

そして最終コーナー! ロズベルグが先頭で抜け・・・!

トップチェッカーを受けたのはロズベルグです! ハミルトンが2位でゴールしました。メルセデスの1-2フィニッシュ達成です。

そして大歓声に迎えられるのはマッサ! 3位表彰台を獲得しています。

4位以下入賞はバトン、ベッテル、アロンソ、ライコネン、ヒュルケンベルグ、マグヌッセン、ボッタスが10位でした。

インテルラゴスでは初日から全セッションを制したロズベルグ。ドライバーズ選手権はハミルトンとの差を17点に縮めて最終戦に挑みます。

70周目

残り2周の時点で2人の差は0.8秒・・・。ハミルトンはDRSを使って必死に距離を詰めますが、なかなか並ぶには至りません。

メルセデス勢から37秒以上遅れた3番手につけるマッサ。4番手のバトンには8.7秒の差をつけており、表彰台は固そうですが、最後まで気を抜かずに集中します。

69周目

フェラーリのチームメイト対決は決着を見ましたが、先頭のメルセデス勢のバトルは継続中。

68周目

フェラーリ対決、チャンピオン対決、素晴らしい攻防にブラジルのファンも見入っています!

ついにアロンソが動く・・・ターン1に向かってライコネンに並び・・・コーナリングで前を取りました。

67周目

アロンソがライコネンに仕掛ける! が、ここでもポジションチェンジはありません! ライコネンはおそらくこのままチェッカーまで走り続けるものと思われます。すでに30周を走ったタイヤながら、アロンソの攻撃を懸命にかわしています!

全コメントを読む: レース 予選 フリー走行3 フリー走行2 フリー走行1
 
  • ロータス代表のジェラルド・ロペス(ブラジルGP/インテルラゴス、2015年11月9日) 息子ルイスを抱きしめるアンソニー・ハミルトン(ブラジルGP/インテルラゴス、2014年11月9日) ウオームアップラップを終えたニコ・ロズベルグ(ブラジルGP/インテルラゴス、2014年11月9日) シーズン11度目の1-2フィニッシュを祝うメルセデス(ブラジルGP/インテルラゴス、2014年11月9日)
  • バーニー・エクレストンと自撮りするブラジルのサッカー選手、アレシャンドレ・パト(ブラジルGP/インテルラゴス、2014年11月9日) ルイス・ハミルトンからのプレッシャーを受けるニコ・ロズベルグ(ブラジルGP/インテルラゴス、2014年11月9日) 表彰台で勝利を喜ぶニコ・ロズベルグ(ブラジルGP/インテルラゴス、2014年11月9日) バーニー・エクレストンと話し合うジェラルド・ロペス(ブラジルGP/インテルラゴス、2014年11月9日)
  • 意見交換するマルコ・マッティアッチとクリスチャン・ホーナー(ブラジルGP/インテルラゴス、2014年11月9日) パドックでチームメンバーから祝福を受けるニコ・ロズベルグ(ブラジルGP/インテルラゴス、2014年11月9日) 表彰台で視線をかわすルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグ(ブラジルGP/インテルラゴス、2014年11月9日) キミ・ライコネン(ブラジルGP/インテルラゴス、2014年11月9日)