ベルギーGP

/ News

  • ベルギーGP

マルドナド、次戦で10グリッド降格

M.S.
2012年9月3日 « グロージャンに1戦の出走停止処分 | エクレストンによる引退説を否定するシューマッハ »
グロックと接触したマルドナド © Getty Images
拡大

ウィリアムズのパストール・マルドナドはベルギーGPのインシデントによって2つの5グリッド降格ペナルティが科された結果、来週のイタリアGPの予選結果から10グリッド降格される。

マルドナドのレースは4周目に終わったが、ジャンプスタートとティモ・グロック(マルシャ)との接触によって、それぞれに次戦での5グリッド降格ペナルティを科された。

ジャンプスタートは見た目に明らかで、レースディレクターのチャーリー・ホワイティングはマシンたちがグリッドを離れるのを見た際にすでに首を振っている。その後、マルドナドはターン1でスピンし、ロマン・グロージャン(ロータス)、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)がからんだ別のインシデントで発生したデブリによるパンクチャーを喫した。

ピットストップによって隊列の後方に下がったマルドナドはレースリスタート時にグロックのマシンと接触。この接触でフロントウイングにダメージを負ったことから、マルドナドはレース半ばにしてリタイアしている。

© ESPN Sports Media Ltd.