ベルギーGP

/ News

  • ベルギーGP - 金曜フリー走行2回目

ピックがトップ、雨で作業進まず

M.S.
2012年8月31日
雨で作業が妨げられたベルギーGP初日 © Sutton Images
拡大
関連リンク

気まぐれに変化して予測しがたい"スパウェザー"で知られるベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットにて2012年の後半戦がスタートし、31日(金)日本時間21時から2012年FIA F1世界選手権第12戦ベルギーGP金曜フリー走行2回目が実施された。

終始雨に見舞われた1回目のフリー走行ではザウバーの小林可夢偉が2分11秒389のトップタイムをマークし、ウィリアムズのパストール・マルドナドが2番手、トロ・ロッソのダニエル・リカルドが3番手に入っている。また、このセッションでは終盤にフェラーリのフェリペ・マッサがコース上でストップした。

現地午後に入り、2回目のセッションスタート時の天候も引き続き雨。気温11度、路面温度12度のウエットコンディションだった。風が強く、90分のセッションが始まってもピットレーンは静まり返ったままだ。

各陣営このコンディションでは得られるものが少ないと判断した様子で、ガレージではドライバーらがリラックスした様子で待機する姿が見られた。時間だけが刻々と過ぎていき、セッション時間が半分以上経過したところでようやく走行準備が始まる。

セッション開始50分過ぎにメルセデスのニコ・ロズベルグが寒さに震えながら待っていた観客の前へようやく姿を現した。1周してピットレーンに戻ったロズベルグはそのままもう一度コースへ。デビューの地であるスパで300戦目を迎え、スペシャルヘルメットで週末に臨むチームメイトのミハエル・シューマッハがそれに合流した。

続いてケータハムのヘイキ・コバライネンもサーキットを1周。ロズベルグとシューマッハはそれぞれ計3周と4周を走って引き上げている。

残り時間が30分を切ったところで今度はレッドブルのセバスチャン・ベッテル、マクラーレンのルイス・ハミルトン、フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグがコースイン。しかし、3人ともタイム計測に入ることなくピットへ戻っていった。

その後はマクラーレンのジェンソン・バトンとフェラーリのフェリペ・マッサが始動。ベッテルも再びコースへ向かったものの、一人もタイムを残すことなくセッション残り時間は10分を切る。

終盤にはザウバーの可夢偉とセルジオ・ペレス、ウィリアムズのブルーノ・セナとマルドナド、マルシャのティモ・グロックとシャルル・ピックのマシンが雨の降り続くコースへと出たが、やはりタイムは記録せず。

だが、チェッカーフラッグ直前に10名のドライバーがコントロールラインを通過し、最後の最後にタイム計測が行われた。ピックが2分49秒354のトップタイムをマークし、2番手以降のリカルド、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、ポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)、マルドナド、グロック、可夢偉、ジャン-エリック・ベルヌ(トロ・ロッソ)、ヒュルケンベルグ、ペレスがタイムを残している。

一方でマーク・ウェバー(レッドブル)、キミ・ライコネンとロマン・グロージャン(共にロータス)、ヴィタリー・ペトロフ(ケータハム)、ペドロ・デ・ラ・ロサとナレイン・カーティケヤン(共にHRT)の6名は一度もコースに出ていない。

ベルギーGP土曜フリー走行は9月1日(土)日本時間18時スタート予定。お楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.