ベルギーGP

/ News

  • ベルギーGP - 金曜フリー走行1回目

ベッテルとルクレールが1-2発進

Jim
2019年8月30日
© Mark Thompson/Getty Images
拡大

8月の夏休みを終えて約4週間ぶりに集結したF1サーカスは30日(金)、スパ・フランコルシャン・サーキットにて2019年FIA F1世界選手権第13戦ベルギーGP金曜フリー走行1回目のセッションに臨み、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイムを記録した。

夏休み中にはシーズン後半戦が始まるスパの一戦からトロ・ロッソドライバーだったアレキサンダー・アルボンがレッドブルに、レッドブルを駆っていたピエール・ガスリーがトロ・ロッソに"移籍"することが発表されたほか、ベルギーGP開幕前日にはメルセデスがバルテリ・ボッタスの残留を、ルノーがエステバン・オコンの加入を発表するなどドライバー市場の動きが慌ただしい。

快晴に恵まれたスパ・フランコルシャンでは気温18.7度、路面温度26.8度、湿度63.7%のドライコンディションで最初のフリー走行が始まり、真っ先にコースインしたレッドブルのマックス・フェルスタッペンに続いてマクラーレンのカルロス・サインツやアルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネンらがガレージを出発。ライコネンは肉離れの影響が心配されていたが、ひとまずインストレーションラップを完了して無事にピットに帰還した。

ジョージ・ラッセルに代わってフリー走行1回目のドライブを任されたニコラス・ラティフィを含め、開始から5分と経たずして18台がシステムチェックを終わらせたが、メルセデスの2台はシーズン前半のグランプリ週末と変わらず、すぐには始動していない。

10分ほど無人だったコース上にマクラーレンのランド・ノリスが姿を見せると、メルセデス勢が合流。ただ、ルイス・ハミルトンは走り出して早々にパワーロスを訴えてスローダウンしてしまい、上り坂の手前でパワーを取り戻したものの、予定を変更してピットに引き上げることになった。トラブルに見舞われたハミルトンの一方で、相棒のバルテリ・ボッタスはコースにとどまってタイム計測を開始、ゆったりとしたペースで走ったボッタスは2分04秒台を記録した後、1分47秒台を刻んでいる。

その頃には他の陣営もプログラムに着手し始め、ハミルトンを除く19名のドライバーが順次それぞれの作業に取り掛かった。ラ・スルスに向かってウィリアムズのロバート・クビサとトロ・ロッソのダニール・クビアトが相次いでスピンを喫したが、タイヤを傷めた以外は事なきを得ている。

2台のスピンで短時間ながら黄旗が振られてほどなく、ケメル・ストレートにデブリが散らばったためバーチャルセーフティカーが発令された。ランス・ストロールがドライブするレーシング・ポイントマシンのエンジンカバーに不具合があったようで、右側のカバーが破損した状態で走るストロールの姿があった。すぐにピットインしたストロールはマシンをガレージに入れ、メカニックたちが修復作業を開始している。

ピレリに1セットのタイヤ返却が義務付けられている序盤40分の走行が終了した時点で、1分45秒803を記録していたフェルスタッペンがトップに立ち、2番手以下に1秒近いリードを築いた。0.987秒差のタイムでルノーのダニエル・リカルドが2番手につけ、アルボンが3番手、バルテリ・ボッタス、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がトップ5に名を連ねている。ハミルトンはまだタイムを残していなかった。

ピレリはスパ・フランコルシャンにC1からC3のドライタイヤを用意しており、ラッセルがハードタイヤにあたるC1を2セット選んだ以外は1セットしか確保しておらず、全員がソフトタイヤとして扱われるC3を多く選択。トップ3のドライバーはソフトタイヤを試しており、4番手にいたボッタスはミディアムで自己ベストを記録し、ルクレールはソフトタイヤの評価に専念している。

セッション後半はサインツが最初に動き出し、フェルスタッペンに0.754秒差のタイムを刻んで2番手に飛び込む。メルセデスのガレージからはハミルトンが姿を見せるも、システムチェックだけで再びピットに戻ってしまった。

新しいソフトタイヤに履き替えたフェラーリコンビが好タイムを連発し、1分44秒574をマークしたセバスチャン・ベッテルがトップに浮上、0.214秒差でルクレールが2番手に上がっている。3番手と4番手にはレッドブルが並び、ミディアムタイヤのプログラムに集中するボッタスはフェラーリの2人から1.4秒遅れのタイムにとどまって5番手だ。

残り30分を切って本格的に始動したハミルトンはボッタスと同じくミディアムタイヤを履いて周回を重ね、ラップごとにタイムを更新していき、トップからは1.4秒近く離れているものの、ボッタスとは0.091秒差の6番手までポジションを上げている。

90分のセッションを終えて、ベッテルのタイムを上回るドライバーは現れず、トップ6はベッテル、ルクレール、フェルスタッペン、アルボン、ボッタス、ハミルトンのまま変わらなかった。

トロ・ロッソのクビアトとガスリーは17番手と18番手にとどまっている。

ベルギーGP金曜フリー走行2回目は日本時間22時にスタートする予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.