ベルギーGP

/ News

  • ベルギーGP - 予選

ハミルトンが通算68回目のポール獲得

Jim
2017年8月26日
© Kym Illman/Sutton Images
拡大

27日(土)、スパ・フランコルシャン・サーキットで2017年FIA F1世界選手権第12戦ベルギーGP予選が実施され、メルセデスのルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。

直前に実施された土曜フリー走行はダンプ路面でスタートしたため、インターミディエイトタイヤが登場したものの、今週末にピレリが用意したドライタイヤはウルトラソフト、スーパーソフト、ソフトの3種類。ドライバー1人につき13セットが供給される中で10セットのタイヤはコンパウンドを自由に選択できるが、予選Q3用のタイヤとしてウルトラソフトを1セット確保しておくことが義務付けられている。

なお、マクラーレンのストフェル・バンドールンはアップグレード型パワーユニットを搭載するにあたり、大量のエンジンコンポーネントを交換したほか、ギアボックスも交換して5グリッド降格が追加され、合計65グリッド降格ペナルティを科されている。他に、ザウバーのマーカス・エリクソンとパスカル・ウェーレインも6戦連続使用が義務化されているギアボックスを新品と載せ替えたため、5グリッド降格処分を受ける。

また、土曜フリー走行でダブルイエローフラッグが振られた際に減速しなかったとしてウィリアムズのフェリペ・マッサに5グリッド降格処分が下っている。初日にクラッシュを喫してほとんど走れなかったマッサは悪い流れのまま予選を迎えることになった。

全体的には曇り空ながら太陽の光がまぶしいところもあるスパ・フランコルシャン上空。気温23度、路面温度33度、湿度57%のドライコンディションでQ1が始まると、ハミルトンを先頭に各車がコースに向かう。メルセデスとフェラーリの4台はスーパーソフトタイヤを選び、フォース・インディア勢がソフトタイヤで1周のインストレーションラップを走った以外は全車がウルトラソフトを履いている。

スーパーソフトで1分44秒184を刻んだハミルトンが暫定トップに立ち、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が2番手、ウルトラソフトを投入したレッドブルのマックス・フェルスタッペンが3番手に並んだ。

トップ9につけたドライバーがガレージでの待機を選択した一方、10番手以下のドライバーたちがタイヤを交換してタイム更新を狙ったQ1終盤、タイムシートのオーダーは次々に入れ替わり、最終的にノックアウトされたのは16番手から順にマッサ、ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)、ランス・ストロール(ウィリアムズ)、ザウバーのエリクソンとウェーレインだった。

12分間でトップ10入りが争われたQ2はハミルトンが真っ先にコースインし、2番目に入ったライコネンはQ1で発生したバイブレーションがおさまらず、難しい状況に直面していたが、フェラーリはその状態のまま走り続けるよう指示した。その状態でもライコネンは1分43秒700を刻み、トップに立ったハミルトンには0.161秒届かなかったものの、2番手に飛び込んでいる。

フェラーリとレッドブルの4人がガレージで戦況を見守る中、新品のウルトラソフトタイヤを装着してコースに向かったメルセデスコンビがそれぞれベストタイムを更新し、ハミルトンは1分42秒927をたたき出す。ボッタスが1分43秒台で2番手に続いた。

トップ10入りをかけた争いは最終的にフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)、ロマン・グロージャン、ケビン・マグヌッセン(共にハースF1)、カルロス・サインツ(トロ・ロッソ)、バンドールンが脱落した。

ポールシッターが決するQ3は上位3チームが序盤からアタックに臨み、ハミルトンが再び1分42秒台に乗せてタイムシート最上位を死守。ライコネンが0.363秒差で2番手に滑り込み、ボッタス、ベッテル、フェルスタッペン、リカルドと並んだ。

アタックに挑もうとしたルノーのジョリオン・パーマーがマシントラブルを抱えてコース脇に停車した。リアからは白煙が上がっており、走行継続は無理だったようだ。

パーマーを除く9台がコースに出揃ったQ3終盤、ライコネンがまたもバイブレーションを訴えてペースを落とす中、ハミルトンが1分42秒553のコースレコードをたたき出す。最後にベッテルが1分42秒台に入れて近づいたものの、ハミルトンが通算68回目のポールポジションを獲得し、ミハエル・シューマッハが持つ歴代最多記録に並んだ。

2番手にベッテルがつけ、ボッタスが3番手、4番手以下はライコネン、フェルスタッペン、リカルド、ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)、セルジオ・ペレス(フォース・インディア)、エステバン・オコン(フォース・インディア)が9番手、Q3でタイムを残せなかったパーマーは10番手だ。

ベルギーGP決勝レースは287(日)日本時間21時にスタートすることになっている。

© ESPN Sports Media Ltd.