ベルギーGP

/ News

  • ベルギーGP - 土曜フリー走行

最速ベッテルにアロンソが続く

M.S.
2013年8月24日
ドライコンディションで幕を開けた2日目 © Sutton Images
拡大

アルデンヌの森に囲まれたベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットにて、24日(土)日本時間18時から2013年FIA F1世界選手権第11戦ベルギーGP土曜フリー走行が実施された。

前日にはウエットコンディションで金曜フリー走行1回目が行われ、フェラーリのフェルナンド・アロンソが終盤にドライタイヤで1分55秒198のトップタイムをマークしている。

同日の現地午後は晴天に恵まれ、1分49秒331を記録したセバスチャン・ベッテルとマーク・ウェバーのレッドブル勢が上位を独占した。このセッションでは最速タイムを残したベッテルと7番手だったフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)にはパンクチャーが生じており、いまだ調査中ではあるもののピレリは縁石に見つかった金属片が原因だと考えている。

土曜フリー走行開始時の天候は曇り、気温20度、路面温度21度のドライコンディション。60分のセッションが始まるとマルシャのジュール・ビアンキが真っ先にコースへと向かった。

各車がインストレーションラップを完了するのと並行してウィリアムズ勢を先頭にタイム計測も始まり、開始から10分が過ぎた時点で1分49秒台に入れたバルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)はじめ12名がタイムを残していた。

メルセデスがロングランに取り組んでいる一方、レッドブルやフェラーリ、ロータスらはまだ始動していない。その後これらの面々から最初に動いたライコネンがボッタスのタイムを上回った。

ほどなくして全員のタイムが出揃い、開始から30分までにトップはトロ・ロッソのジャン-エリック・ベルヌに。ライコネン、ボッタス、ニコ・ロズベルグ(メルセデス)、アロンソがトップ5に並んでいた。

後半に入ってもオプションのミディアムタイヤは登場せず、ハードタイヤでレースシュミレーションに取り組んでいる陣営が多い模様で目立ったタイム更新はない。ラスト15分が近づいたタイミングでプライムでの走行を続けていたベッテルが2番手に浮上した。

作業の総仕上げを前に全車がコースから引き上げ、スパに訪れた一瞬の静寂はミディアムタイヤに履き替えたエイドリアン・スーティルにかき消された。ライバルたちも合流する中でまずはスーティルが1分49秒135を刻み、セッション最速タイムを塗り替える。

続いて自己ベストを更新したアロンソがフェリペ・マッサと共にフェラーリの1-2態勢とするも、ウェバーが2番手にジャンプアップ。セッションを通して忙しくマシンの修正作業を続けていたジェンソン・バトン(マクラーレン)が4番手に続く。

しかし、ラスト2分でベッテルがアロンソより0.105秒速い1分48秒327をたたき出し、残るわずかな時間でそれを打ち破るマシンはなかった。

予選前最後のセッションを制したベッテルに続き2番手以降はアロンソ、ウェバー、ベルヌ、マッサ、バトン、エステバン・グティエレス(ザウバー)、ロマン・グロージャン(ロータス)、ロズベルグ、ライコネンがトップ10に並んでいる。

ベルギーGP予選はこのあと日本時間21時スタート予定。お楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.