ベルギーGP

/ News

  • ベルギーGP - 金曜フリー走行2回目

快晴のスパでベッテルがトップタイム

M.S.
2013年8月23日
トラブルに見舞われながらもトップを維持したベッテル © Associated Press
拡大

変わりやすく対応が難しい"スパウェザー"が特色のスパ・フランコルシャン・サーキットにて23日(金)日本時間21時から2013年FIA F1世界選手権第11戦ベルギーGP金曜フリー走行2回目が実施された。

現地午前に行われた1回目のセッションはウエットコンディションで幕を開け、終盤にドライタイヤが登場した。トリッキーなコンディションの中でトップタイムをマークしたのはフェラーリのフェルナンド・アロンソ。1分55秒198を記録したアロンソにポール・ディ・レスタとエイドリアン・スーティルのフォース・インディア勢が続いている。

午後のスパには一転して晴れ間が広がり、セッション開始時は気温21度、路面温度28度のドライコンディションだった。ピットレーンがオープンになるとザウバーのニコ・ヒュルケンベルグを先頭にハードタイヤを履いた各車が次々とコースへ向かう。

そのままタイム計測が始まり、1分51秒台に乗せたフェラーリのアロンソとフェリペ・マッサがタイムシートの上位を独占するも、レッドブル勢が好タイムを刻んで序盤のトップ5は1分50秒555のベッテルを筆頭にマッサ、アロンソ、ウェバー、スーティルのオーダーに落ち着いた。

開始15分の時点でセルジオ・ペレス(マクラーレン)とルイス・ハミルトン(メルセデス)のみがノータイムだったが程なくして2人もタイムを残し、ハミルトンはライバルたちの作業に一区切りがついてマシンの数もまばらなコース上で4番手に浮上している。

その後すぐにリカルドがソフト側のミディアムタイヤを投入し、それにならったウェバーが僚友のトップタイムを上回る1分49秒台をたたき出す。しかし、ミディアムに履き替えたベッテルが自己ベストを更新。セッションが折り返し地点を迎えた段階で上位には1分49秒331のベッテルをはじめウェバー、グロージャン、ライコネン、ペレスといった面々が並んでいた。

まだミディアムタイヤを使用していなかったフェラーリはまずマッサからミディアムでのプログラムを開始する。マッサが4番手に飛び込む一方、アロンソのマシンはピットレーンで調整作業が続けられていた。

そのアロンソが再びコースに姿を見せたのはちょうどラスト30分に入ったタイミングだった。トップ10圏外にいたアロンソが7番手にポジションを上げたところで、トップタイムのベッテルに右リアタイヤの問題が発生。チームにスローパンクチャーを報告したベッテルはゆっくりとピットへ帰還した。

その直後、今度はケータハムのギド・ヴァン・デル・ガルデがターン15の縁石に足を取られてウオールに衝突してしまう。マシンの撤去のために一時イエローフラッグが振られる中、残り時間は15分となっている。

一足早い作業終了を強いられた2人とは対照的にほとんどのドライバーがチェッカーフラッグまで精力的な作業を続けるも、最終的にはベッテルが残した1分49秒331がこのセッションの最速タイムとなった。

チームメイトのウェバーが2番手に着け、続くグロージャン、マッサ、ジャン-エリック・ベルヌ(トロ・ロッソ)、ライコネンがトップから1秒以内。加えて7番手アロンソ以降のペレス、ロズベルグ、ディ・レスタまでがトップ10入りを果たしている。

ベルギーGP土曜フリー走行は24日(土)日本時間18時スタート予定。お楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.