ベルギーGP

/ News

  • スパ・フランコルシャン

スパのトンネル崩壊

Jim
2010年3月23日 « ブリヂストン、F1撤退の意思は変わらず | バトン、スーパーカーでドライブ »

スパ・フランコルシャン・サーキットの有名なブランシモンコーナー付近の下を通るトンネルが部分的に崩壊した。

地元の報道によると、崩壊当時、サーキットを走っていたマシンや車はなく、ひびが入った表面の損害だけで済んだという。負傷者もなかったようだ。

崩壊したトンネルはコースへのアクセスや歩行者の通行も可能で、6mの高さがあった。今回の崩壊により、一部ランオフエリア、ガードレール、テレビカメラ1台が破損したとのこと。

スパ・フランコルシャンでは今年8月末にF1グランプリが開催される予定で、損害を査定するため今週はサーキットが閉鎖されることになっている。

© ESPN Sports Media Ltd.