ベルギーGP 2013

/ Commentary

フリー走行2

2013年F1世界選手権第11戦ベルギーGP金曜フリー走行2回目のセッションはこの後日本時間21時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2013年F1世界選手権第11戦ベルギーGP金曜フリー走行2回目の模様をお届けいたします。ウエット路面でスタートした初回セッションは中盤からスリックタイヤが登場する中、フェラーリのフェルナンド・アロンソが1分5秒198のトップタイムを記録。2番手と3番手にフォース・インディアのポール・ディ・レスタとエイドリアン・スーティルがつけました。

午前の曇り空から一転、清々しい青空が広がるスパ・フランコルシャン。気温も上昇して21度、路面温度28度、湿度54%のコンディションで間もなくセッションが始まります。

ピットレーンがオープンしました。まずはザウバーのニコ・ヒュルケンベルグがコースイン。

マクラーレンのジェンソン・バトンに加えて、もう一台のザウバーを駆るエステバン・グティエレスもガレージを離れます。

バトンのチームメイトであるセルジオ・ペレスやトロ・ロッソの2人もインストレーションラップへ。ロータスは先にキミ・ライコネンをコースに送り出しました。さらに次々にマシンがガレージを出発していきます。

マクラーレンの2台はシステムチェックを終えてピットに戻ります。

ザウバー勢をはじめ、その他のドライバーはコースにとどまりプログラムをスタートさせたようです。

ヒュルケンベルグが1分57秒台を記録し、一方のグティエレスは1分52秒台のタイムを刻んでいます。

暫定トップに立ったのはトロ・ロッソのリカルド。1分52秒558をマークしました。

フォース・インディアのポール・ディ・レスタがリカルドのタイムを上回ると、今度はウィリアムズのパストール・マルドナドが1分52秒104でタイムシート最上位に立ちました。

最初に1分51秒台に入れてきたのはフェラーリのマッサ。相棒のフェルナンド・アロンソもコースに入っています。

すでに全車がインストレーションラップを完了しており、バトンとペレスのマクラーレンに加えて、メルセデスのハミルトンも1周の走行後にピットに引き上げています。

アロンソがマッサのタイムを0.054秒更新。フェラーリが1-2態勢を築きます。

最終シケインで交錯しかけたケータハムの2台。コースに戻ったところにベッテルが接近し、再びヒヤリとする場面でしたが、事なきを得ています。

バトンとペレスが再始動。バトンが先にタイム計測をスタートさせています。

マルシャはジュール車のリアウイングに気流測定用の塗料を塗って作業に臨んでいます。

レッドブルのベッテルが1分50秒867をマーク。トップに浮上しました。チームメイトのウェバーは0.3秒遅れの4番手。レッドブル勢の間にはマッサとアロンソのフェラーリが並んでいます。

メルセデスのロズベルグは6周を走り、6番手タイムを残していますが、もう一台のメルセデスに乗り込むハミルトンはインストレーションラップを走っただけ。

マシンの調整をしていたのか、しばらくガレージにとどまっていたハミルトンですが、先ほどコースに出てきました。

アウトラップを終えたハミルトンがタイム計測に入ります。

ハミルトンは1分56秒096のタイムで22番手。現在の周回ではペースをあげています。

おっと・・・ターン9で大きくスライドしてしまったハミルトン。砂ぼこりを巻き上げてしまいましたが、走行は続けています。

大半のドライバーがピットに引き上げる中、遅れて始動したハミルトンの他に、ロータスのライコネンとトロ・ロッソのリカルドが周回を重ねています。

ようやくリズムをつかんだハミルトン。1分51秒180を刻んで4番手にポジションを上げました。

現在のオーダーはベッテルをトップに、マッサ、アロンソ、ハミルトン、ウェバー、スーティル、リカルド、バトン、ロズベルグ、ペレスが10番手。ライコネンは11番手タイムを記録しています。

最初にミディアムコンパウンドを投入したリカルドに続いて、ロータスのグロージャンもオプションタイヤを履いて登場。

レッドブルはウェバーのマシンにミディアムを履かせています。

ミディアムタイヤでのタイム計測に入ったウェバーがセクター1を全体のベストタイムで通過!

ウェバーはセクター2もファステストを刻んでいます。

セクター3は自己ベストにとどまりましたが、1分49秒390でまとめてトップタイムをたたき出しました。ベッテルがハードタイヤで記録した2番手タイムに1.1秒以上の差をつけています。

セッション開始から30分。これまでに最も多くの周回数を走っているのはロータスのライコネン。12周を走り込んでいます。

ベッテルがミディアムコンパウンドに履き替えてコースへ。

メルセデスもミディアムを投入。

ロズベルグが1分50秒601を刻んで3番手に浮上しました。2番手につけていたベッテルは1分49秒331のトップタイムを記録。トップ3のオーダーはベッテル、ウェバー、ロズベルグに変わっています。

トロ・ロッソのベルヌなど、ハードタイヤでの作業を続けているドライバーもいます。

フェラーリのマッサは無線でどこを走ってもオーバーステアがひどいと訴えました。

そのマッサが11周を走っているのに対し、同じ跳ね馬を駆るアロンソの周回数は6にとどまっています。

セッション半ばを迎え、ほとんどのドライバーがピットに戻っており、走行を続けるドライバーはロングランに励んでいるようで目立ったタイム更新はありません。

ハミルトンが少しペースを上げているようです。セクター1は自己ベストをマーク。

ハミルトンはセクター3のタイムが伸びず、1分51秒180を刻んでポジションは変わらず。

1分50秒の壁を突破したのはレッドブルの2台だけで、3番手以降に0.8秒以上のギャップをつけています。

ミディアムタイヤを装着するフォース・インディアの2台が好ペースで周回中。ディ・レスタが7番手、スーティルが8番手にポジションを上げました。

トロ・ロッソのベルヌが1分50秒253をマークして5番手に浮上。

この時間帯は多くのドライバーが燃料を重くしてロングランに取り組んでいるようです。

ハードタイヤに戻したウェバーは1分56秒台のペースをキープ。さらに走り込みを続けます。

ウェバーと別のコンパウンドを履くベッテルは1分55秒後半を刻めているようです。

3番手につけるロータスのグロージャンも1分55秒後半のタイムを維持。

初日のセッション時間は残り30分。ハミルトンはいったんピットに戻ってセットアップをわずかに調整したようです。

曇だった午前中は20度にも達しなかった路面温度ですが、太陽が顔を出した午後は34度に上昇。

ハードタイヤでプログラムに励むハミルトンのタイムは1分57秒後半。

フェラーリのアロンソがミディアムタイヤに交換してコースに入っています。

アロンソはオー・ルージュで前方のバトンにピタリ。接近し過ぎてしまう瞬間もありましたが、いったん距離をおいて再びペースを上げていきます。

その後もアロンソはバトンの前に出ず、マクラーレンマシンを追いかけるように真後ろをキープしています。

おっとっと・・・ベッテルの右リアタイヤにトラブル発生!

まだ何が起きたのか正確には分かりませんが、ベッテルの右リアタイヤがパンクしています。ペースを落とし、ピットを目指すベッテル。チームからもピットインするよう指示が飛んでいます。

ベッテルがスロー走行でピットに戻ってきました。ベッテルの報告によるとスローパンクチャーだそうです。

ケータハムのヴァン・デル・ガルデがクラッシュ! スピンを喫してしまい、横滑りしたままタイヤバリアに激突しました。マシンはダメージを負っていますが、ヴァン・デル・ガルデにケガはないようで自力でマシンを降りています。

ヴァン・デル・ガルデはターン15のコーナリングでリアがコースを飛び出し、足を取られてしまったようです。

イエローフラッグが振られる中、マーシャルがマシン撤去を急いでいます。

タイヤトラブルに見舞われたベッテル、そしてクラッシュを喫したヴァン・デル・ガルデの両名はこのままセッション終了となりそうです。

ベッテルはガレージでデータを見つつ、エンジニアにトラブルが起きた当時の状況を説明している様子。

ライバルよりも早くに作業を切り上げることになったベッテルですが、1分49秒331のベストタイムを刻んでタイムシート最上位につけています。

ハミルトンがまたもレ・コームでタイヤをロックさせてしまいました。コースオフを喫しましたが体勢を立て直して走行を再開しています。

マルシャのチルトンはトラブルに見舞われたようでセッション中盤からコースに姿を見せていません。他車が20周以上を走り込んでいる一方で、チルトンはこのセッションで9周しか走れず。

30周を走破するライコネンが初日最後の走行に向けてガレージを出発。代わってウィリアムズのボッタスがピットインしました。

ハミルトンは1分55秒後半のペースで26周目に突入。

残り時間はわずかながら、マルシャが修復作業を完了し、チルトンをコースへと送り出しました。

終盤は大きなタイム更新のないまま、ここでセッション終了です。

トップは1分49秒331をマークしたベッテル。ウェバーが2番手に続き、レッドブルが1-2で初日を締めくくっています。3番手はグロージャン、マッサが4番手タイムを残し、ベルヌ、ライコネン、アロンソ、ペレス、ロズベルグ、ディ・レスタがトップ10入り。

土曜フリー走行は24日(土)日本時間18時より開始されます。それではまた明日お会いしましょう!