30秒ごとに更新されます |

伝統のスパで激闘を繰り広げたF1サーカスはこの後、大急ぎで荷物を整えて次のグランプリ会場へと移動します。5日後にはヨーロッパラウンド最終戦となるシーズン第14戦イタリアGPが幕を開けるのです。モンツァを舞台に、初回セッションは31日(金)日本時間18時にスタートすることになっています。また次のイタリアGPでお会いしましょう!

44周目

ベッテルがファイナルラップに入りました! 11秒遅れてハミルトンも最後の周回へ。

さらに21秒後にコントロールラインを通過したフェルスタッペン。表彰台を目指して最後の1周に臨みます。

快走を見せたベッテルがトップでチェッカーフラッグを受けました!

ハミルトンが2位でゴールし、フェルスタッペンが3位フィニッシュを果たしています。

4位以下、ボッタス、ペレス、オコン、グロージャン、マグヌッセン、ガスリー、エリクソンが10位でポイント獲得。

予選で2列目を手に入れたフォース・インディアはそのチャンスを生かしてダブル入賞を達成し、空になったチャンピオンシップポイントを大量に獲得しています。

サインツが11位、シロトキン、ストロール、ハートレー、バンドールンが16位で完走を果たしました。

43周目

ペレスを追い抜いたボッタスはあっという間にフォース・インディアマシンを引き離していきます。

42周目

先頭のベッテルは10番手のエリクソンまでを周回遅れにしています。ハミルトンに対するリードは9秒以上に広がっており、あとはマシンをいたわりながらチェッカーを目指すのみ。

41周目

ボッタスがついにペレスとサイド・バイ・サイドに! ペレスはそれほど抵抗せず、ボッタスが4番手に上がりました。

40周目

タイヤの周回数的にはユーズドのセットを履くボッタスの方が1周多い状況ですが、ラップタイムはメルセデスマシンがコンマ数秒速く、そろそろオーバーテイクを仕掛けてきそうです。

全コメントを読む: レース 予選 フリー走行3 フリー走行2 フリー走行1
 
  • ペースを上げて前を追うケビン・マグヌッセン(ベルギーGP/スパ・フランコルシャン、2018年8月26日) 徐々にスピードに乗るカルロス・サインツ(ベルギーGP/スパ・フランコルシャン、2018年8月26日) レースリタイア後コース脇を歩くシャルル・ルクレール(ベルギーGP/スパ・フランコルシャン、2018年8月26日) ドライビングに集中するマーカス・エリクソン(ベルギーGP/スパ・フランコルシャン、2018年8月26日)
  • 懸命にパフォーマンスを引き出すマックス・フェルスタッペン(ベルギーGP/スパ・フランコルシャン、2018年8月26日) 必死にペースアップを図るランス・ストロール(ベルギーGP/スパ・フランコルシャン、2018年8月26日) エイペックスを突くロマン・グロージャン(ベルギーGP/スパ・フランコルシャン、2018年8月26日) 順位を上げようと必死にプッシュするストフェル・バンドールン(ベルギーGP/スパ・フランコルシャン、2018年8月26日)
  • 徐々にスピードに乗るセバスチャン・ベッテル(ベルギーGP/スパ・フランコルシャン、2018年8月26日) マシンの力を引き出そうと努めるケビン・マグヌッセン(ベルギーGP/スパ・フランコルシャン、2018年8月26日) ポディウムに上がったルイス・ハミルトン(ベルギーGP/スパ・フランコルシャン、2018年8月26日) ポジションを争うセルジオ・ペレスとエステバン・オコン(ベルギーGP/スパ・フランコルシャン、2018年8月26日)