30秒ごとに更新されます

レッドブルが得意ではないと言われるスパでリカルドが勝利を収めた夏休み明け初戦。次なる舞台はフェラーリのお膝元イタリアです。

今年のヨーロッパラウンドのラストを飾るシーズン第13戦イタリアGPは9月5日(金)に開幕します。初回セッションは日本時間17時からスタート予定。それではまた次回イタリアGPでお会いしましょう!

44周目

さあ、リカルドがファイナルラップに入りました! ロズベルグは4.3秒にまで差を詰めていますが、逆転は難しそうです・・・!

注目の5番手争い・・・ベッテルが・・・マグヌッセンを・・・抜く! そしてバトンがアロンソをかわす!

アロンソはベッテルと接触してしまったようです。ダメージがあるのかペースが上がりません。

そしてリカルドがシケインを立ち上がってきます。

トップチェッカー! リカルドが優勝です! 3.3秒後にロズベルグがゴール。終盤は見事な追い上げでした。

3位はボッタス。先輩ライコネンを追い抜いての表彰台達成です。

4位以下、入賞はライコネン、ベッテル、マグヌッセン、バトン、アロンソ、ペレス、クビアトでした。

43周目

そこには王者ベッテルの姿も。バトンがアロンソをかわし、アロンソがポジションを奪い返し、ベッテルがバトンに襲いかかる・・・なんというレースでしょうか!

結局、この集団の先頭に出たのはマグヌッセン。アロンソ、ベッテル、バトンが8番手です。

おお! ベッテルがアロンソを料理! ベッテルはさらにマグヌッセンに仕掛けます!

42周目

マルシャのビアンキがガレージにマシンを収めました。チェッカーを受けることなくスパを去ります。

そして混戦模様の中団グループ! バトン、マグヌッセン、アロンソをはじめ、ポジションを争っています! いったんはバトンが前に出るも、マグヌッセンに抜かれ、アロンソとバトンがやや接触したでしょうか、バトンが下がってしまいました。

41周目

上位3台のオーダーはリカルド、ロズベルグ、ボッタスに代わり、残る周回数は4周です。

リカルドとのギャップを10秒に縮めたロズベルグは1分53秒台を刻むリカルドの一方で、1分50秒台を維持して追跡中。

レッドブルにとってはかなりストレスフルな時間帯・・・!

40周目

ピットに戻ったハミルトン、マシンを止めます。

コース上ではボッタスがライコネンを追い抜きました。

全コメントを読む: レース 予選 フリー走行3 フリー走行2 フリー走行1
 
  • 観衆に手を振るニコ・ロズベルグ(ベルギーGP/スパ・フランコルシャン、2014年8月24日) マックス・チルトンを追うマーカス・エリクソン(ベルギーGP/スパ・フランコルシャン、2014年8月24日) ピットボード前を通過するセバスチャン・ベッテル(ベルギーGP/スパ、2014年8月24日) 記者対応するルイス・ハミルトン(ベルギーGP/スパ・フランコルシャン、2014年8月24日)
  • グリッドで会話を交わすバーニー・エクレストン、ピレリのポール・ヘンベリー、ニキ・ラウダ(ベルギーGP/スパ・フランコルシャン、2014年8月24日) 優勝を決めたダニエル・リカルド(ベルギーGP/スパ・フランコルシャン、2014年8月24日) スタートで先頭に立ったルイス・ハミルトン(ベルギーGP/スパ・フランコルシャン、2014年8月24日) コックピットで走行開始を待つジェンソン・バトン(ベルギーGP/スパ・フランコルシャン、2014年8月24日)
  • ジェンソン・バトン(ベルギーGP/スパ・フランコルシャン、2014年8月24日) レース前の打ち合わせをするセバスチャン・ベッテルとギヨーム・ロケリン(ベルギーGP/スパ・フランコルシャン、2014年8月24日) 表彰台で喜びを露わにするダニエル・リカルド(ベルギーGP/スパ・フランコルシャン、2014年8月24日) 表彰台で笑顔を見せるダニエル・リカルドとバルテリ・ボッタス(ベルギーGP/スパ・フランコルシャン、2014年8月24日)