スパ・フランコルシャン・サーキット RSS


ベルギー・スパ

  • サーキットタイプ Road
  • コース全長 7.004kms
  • コーナー数 19
  • 周回方向 時計回り
  • 観客収容人数 90,000
  • 設立年 1920
  • サーキットデザイナー Jules de Their
スパ・フランコルシャン・サーキット
データ
レース 開催日 優勝
初開催 ベルギーGP 1950年6月18日 Juan Manuel Fangio (ARG) レース結果
ラストレース ベルギーGP 2013年8月25日 セバスチャン・ベッテル (GER) レース結果
グランプリ開催数 46
次回開催 ベルギーGP 2014年8月24日

このページのトップへ上へ

サーキット情報

ベルギーにあるスパ・フランコルシャン・サーキット(通称スパ)は現行F1カレンダーの中で最古のコースのひとつで、初めて非選手権のグランプリを開催したのは1924年のこと。オリジナルのレイアウトは全長9.3マイル(14.9km)の公道コース。危険なコースとして有名だった。

スパ特有の変わりやすい天候のため、ドライバーにとってこのコースはとても難しい。ジム・クラークはこのサーキットが嫌いだったと言われているが、1962年から1965年まで4 連勝を達成している。"スパウェザー"として知られるスパの天候はコースの一部分で日が射していても、別の場所では雨が降っているようなこともまれではない。

オリジナルコースで最後にレースが行われた1970年から1983年までF1カレンダーから消滅したスパは、コース改修に取り組み、全長を4.5マイルに削った。長さが短くなったとはいえ、"スパマジック"は健在。ロングストレートと高速コーナーの組み合わせや、予測不能な天候は今でもドライバーやファンを魅了し続ける。

スパマジックの効果か、これまでに同サーキットで3勝以上を挙げたドライバーはたったの6人しかいない。ファン・マヌエル・ファンジオとデイモン・ヒルが3勝、ジム・クラークとキミ・ライコネンが4勝、5勝を記録しているのはアイルトン・セナで、スパで最も勝利を収めたドライバーは通算6勝を誇るミハエル・シューマッハだ。

このページのトップへ上へ

最新ニュース

このページのトップへ上へ

最新画像

2009年8月30日

火花を上げるコバライネン

1997年8月24日

セーフティカー先導でスタートしたレース

1985年6月2日

路面からはがれたマーブル

1962年6月17日

        

関連画像リスト

このページのトップへ上へ