バーレーンGP

/ News

  • アゼルバイジャンGP - マクラーレン - 初日
  • アップデートは順調、アロンソはギアボックス問題
  • 2017年6月24日: シーズン第8戦アゼルバイジャンGP初日を迎えた23日(金)、マクラーレンのフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドールンはフリー走行2回目を12番手と17番手の位置で終えた。

  • アゼルバイジャンGP - フォース・インディア - 初日
  • 素早く修復したクルーに「感謝」するペレス
  • 2017年6月24日: 23日(金)、シーズン第8戦アゼルバイジャンGPが開幕し、フォース・インディアのセルジオ・ペレスとエステバン・オコンは2回目のフリー走行で7番手と9番手に食い込んだ。

  • アゼルバイジャンGP - レッドブル - 初日
  • 最後の1周以外は「本当にポジティブ」とフェルスタッペン
  • 2017年6月24日: シーズン第8戦アゼルバイジャンGP初日を迎えた23日(金)、2回目のフリー走行でレッドブルのマックス・フェルスタッペンはトップタイムを刻み、ダニエル・リカルドは3番手につけた。

  • アゼルバイジャンGP - メルセデス - 初日
  • メルセデス、接戦も上位争いに自信
  • 2017年6月24日: 23日(金)に開幕したシーズン第8戦アゼルバイジャンGP初日のフリー走行に臨んだメルセデスのバルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトンは後半のセッションで2番手と10番手のタイムを残した。

  • フェルナンド・アロンソ
  • 「僕のドライビングは今がベスト」とアロンソ
  • 2017年6月23日: ポイントフィニッシュはしていないが、自身のパフォーマンスのクオリティーが今シーズンのモチベーションになっているとフェルナンド・アロンソが語った。

  • バルテリ・ボッタス
  • ボッタス、不安定な立場でも「平常心」
  • 2017年6月23日: チーム内で先の保証がない立場にあり、クリスチャン・トト・ウォルフにも「落ち着かないはずだ」といわれたバルテリ・ボッタスだが、本人は"平常心"を保っていると主張している。

  • カルロス・サインツ
  • レッドブルの「適切な対応」を信じるサインツ
  • 2017年6月18日: これから2018年とその後についての交渉が始まった時に、自身の将来についてレッドブルが正しい判断をしてくれることを"信じている"とカルロス・サインツはいう。

  • レッドブル
  • オイルでパフォーマンス向上を図るレッドブル
  • 2017年6月17日: パワーユニットサプライヤーのルノーからエンジンのメジャーアップグレードを否定されてしまったレッドブルは、何とかして別の方法でライバルのフェラーリとメルセデスに対する遅れを取り戻そうとしている。

  • ルノー・スポールF1チーム
  • パーマーには早急な結果が必要とルノー
  • 2017年6月16日: ジョリオン・パーマーはすぐにでも"結果を残す"必要があるとルノー・スポールF1チームのマネジングディレクター、シリル・アビテブールが警告した。

  • ル・マン24時間
  • ケアリーが今年のル・マンの公式スターターに
  • 2017年6月16日: F1のCEOに就任したチェイス・ケアリーが今年のル・マン24時間レースの公式スターターに任命された。異なるシリーズ間の"新たな結びつきを示す"ためのものだという。

  • メルセデス
  • これで問題解決というわけではないとメルセデス
  • 2017年6月16日: カナダGPで1-2フィニッシュを決めたにもかかわらず、チームの最適なセットアップに関する"疑問符"はまだ存在するとメルセデスのクリスチャン・トト・ウォルフが述べている。

  • レッドブル
  • フェルスタッペンにとって今は「人格形成」の時
  • 2017年6月15日: このところ不運やトラブル続きでフラストレーションを募らせているマックス・フェルスタッペンだが、これも彼にとっては"人格形成"の機会だとレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は考えている。

Top of the Page上へ