バーレーンGP

/ News

  • バーレーンGP - 決勝

ベッテル優勝、ロータスがW表彰台!

M.S.
2012年4月22日
先頭でターン1に向かうベッテル © Getty Images
拡大
関連リンク

反政府抗議運動の影響で昨年はグランプリがキャンセルとなったサヒールの地に、2年ぶりにF1一行が集結し、22日(日)日本時間21時から2012年FIA F1世界選手権第4戦バーレーンGP決勝が行われた。

土曜日に実施された予選ではレッドブルのセバスチャン・ベッテルが今季初のポール・ポジションを獲得し、2番手にルイス・ハミルトン(マクラーレン)、3番手にマーク・ウェバーというトップ3となった。

ザウバーの小林可夢偉は12番手スタート。ウィリアムズのパストール・マルドナドとメルセデスのミハエル・シューマッハがギアボックスを交換しており、マルドナドが21番グリッド、シューマッハが22番グリッドについている。

舞台となるバーレーン・インターナショナル・サーキットは1周5.412km。決勝レースは57周で行われる。DRSゾーンはメインストレートに設定された。ピレリはレースでは初挑戦となるこのサーキットにソフトコンパウンドとミディアムコンパウンドの2種類のドライタイヤを持ち込んでいる。

レース開始時の天候は晴れ、気温28度、路面温度34度のドライコンディション。ほとんどのドライバーがスタート時のタイヤとしてソフトタイヤをチョイスした。

フォーメーションラップを終えた24台のマシンがスターティンググリッドにつき、戦いの火蓋が切って落とされると、ベッテルが先頭でターン1へと向かう。続いてハミルトン、ウェバー、ロマン・グロージャン(ロータス)、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、ジェンソン・バトン(マクラーレン)、キミ・ライコネン(ロータス)、ニコ・ロズベルグ(メルセデス)、フェリペ・マッサ(フェラーリ)、ブルーノ・セナ(ウィリアムズ)というオーダーで最初のセクターを通過していった。ケータハムのヘイキ・コバライネンはスタート時のバトルでマシンにダメージを負った模様で、オープニングラップを終えてピット作業を行なっている。

3周目、最終コーナーでわずかにミスしたライコネンをかわしてマッサが7番手に浮上。しかし、序盤に好ペースを見せたのはロータス勢で、DRSが使用可能になった後にグロージャンがウェバーから3番手のポジションを奪い取ると、僚友ライコネンも続く周回でマッサを抜き返して6番手に。

グロージャンは次に控える2番手ハミルトンにも襲いかかり、7周目にターン1でオーバーテイク。後方ではライコネンがバトンとアロンソを次々に追いぬいて4番手までポジションを挙げた。

8周目には6番手からスタートしたダニエル・リカルド(トロ・ロッソ)が先陣を切ってピットに入り、続いてマッサ、ロズベルグ、バトンがピットイン。ロズベルグが第2スティントにソフトタイヤを選んだのに対し、マッサとバトンはミディアムタイヤを装着していた。ハミルトンもタイヤ交換に向かったものの、ピットワークにミスがあり、タイムをロスしてしまう。

11周目にグロージャン、12周目にベッテルとライコネンがピットストップし、ひと通り1回目のタイヤ交換を終えた時点ではベッテル、グロージャン、ライコネン、ウェバー、バトン、ハミルトン、アロンソ、ロズベルグ、マッサ、セルジオ・ペレス(ザウバー)がポイント圏内を走っていた。

先頭のベッテルが悠々と周回を重ねる一方、2番手グロージャンと3番手ライコネンの差は詰まっていく。19周目にマッサがピットに向かったのを皮切りに2回目のピットインが始まる中、24周目にソフトタイヤを履くライコネンがミディアムのグロージャンをかわす。しかし、すぐにライコネンはタイヤ交換し、ミディアムタイヤでコースに戻った。

続いてベッテルとグロージャンが共にピットストップを終えた時点でトップ10のメンバーはベッテル、ライコネン、グロージャン、ポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)、ウェバー、バトン、可夢偉、ロズベルグ、アロンソ、マッサというオーダーに。ディ・レスタと可夢偉のみが1回しかピットストップしていない状態だった。ミディアムでも速さを見せるライコネンはピットを終えたベッテルまで2秒のところに迫る。

同じ頃、後方ではロズベルグとアロンソが8番手をかけて激しいバトルを演じ、ロズベルグがポジションをキープ。2人の攻防についてはレース後に審議が行われることになったが、ロズベルグはレース序盤にもハミルトンとのバトルがレース後の審議対象となっている。

その後、可夢偉とディ・レスタが2回目のタイヤ交換を実施したことから、上位のメンバーはベッテル、ライコネン、グロージャン、ウェバー、バトン、ロズベルグ、アロンソ、マッサ、ハミルトン、ペレスという順番に変わった。ディ・レスタは13番手、可夢偉は15番手を走行している。

その間にもライコネンはベッテルの後方1秒以内のDRS圏内に入り、ターン1で毎ラップしかけるものの、無理はしない様子だった。

上位陣の最後のピットストップは37周目に始まった。まずはロズベルグとハミルトンがコースを一時離脱し、バトンとアロンソが続く。しかし、アロンソはペレスと非常に接近した状態でピットレーンに戻ったため、危険なリリースとしてレース後の審議対象となった。

40周目にはトップを走るベッテルとライコネンが同時にピットへ向かい、ひと通り落ち着いた時点でベッテル、ライコネン、グロージャン、ウェバー、ディ・レスタ、ロズベルグ、アロンソ、ハミルトン、マッサのオーダーとなった。この中ではディ・レスタのみが2ストップ作戦を決行している。同じく2ストップで9番手を走行していた可夢偉だが、ハミルトンとマッサにかわされてポイント圏外に落ちてしまった。

可夢偉には苦しい戦いが続き、さらにはシューマッハとチームメイトのペレスに対してもポジションを失う。一方、上位では最終スティントに入ったベッテルの速さが際立ち、ライコネンとの差を3秒以上に開くも、次第にペースは逆転。終盤にかけてライコネンがプライベートの友人でもあるベッテルとのギャップを削っていった。

そのライコネンの躍進も57周のレースが50周目に入るあたりで足が止まる。ベッテルが再び差を開きにかかる中、厳しい走りを強いられていた可夢偉は3回目のピットストップに向かった。

53周目、7番手を走っていたバトンが左リアにパンクを喫して4回目のピットストップを行なう。これで11番手を走っていたシューマッハがポイント圏内に浮上した。13番手でコースに合流したバトンだったが、間もなくしてピットに戻ってチェッカーフラッグを受けずにレースを終えている。また、ウィリアムズのブルーノ・セナも残り周回わずかにしてピットでレースを終えた。

他にトップ10の順位に変動はなく、ベッテルが今季初の勝利を手にした。2位に入ったのは復帰後初の表彰台となるライコネン。グロージャンが3位フィニッシュを果たし、ロータスドライバー2人がポディウムに並んだ。

4位以降はウェバー、ロズベルグ、ディ・レスタ、アロンソ、ハミルトン、マッサ、シューマッハまでが入賞しているが、ロズベルグとアロンソはレース後に審議を控えている。

11位ペレス以降、ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)、ジャン-エリック・ベルヌ(トロ・ロッソ)、可夢偉、リカルド、ヴィタリー・ペトロフ、ヘイキ・コバライネン(共にケータハム)、ティモ・グロック(マルシャ)、ペドロ・デ・ラ・ロサ、ナレイン・カーティケヤン(共にHRT)が完走。レース終盤にリタイアしたバトンとブルーノの他に、レース中盤でパストール・マルドナド(ウィリアムズ)とシャルル・ピックもリタイアしている。

序盤のフライアウェイ戦を終えたF1サーカスは5月1日(火)から始まるムジェロテストを経て、ヨーロッパラウンド開幕の地であるスペインに向かう。第5戦スペインGP最初のセッションである金曜フリー走行1回目は5月11日(金)日本時間17時にスタートする予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.