バーレーンGP

/ News

  • バーレーンGP - 決勝

ロズベルグ優勝! ライコネンが2位

M.S.
2016年4月4日
© Gasperotti/Sutton
拡大

太陽が沈んで夜が少しずつ深まっていくサヒールのバーレーン・インターナショナル・サーキットにて、4月3日(日)日本時間24時から2016年FIA F1世界選手権第2戦バーレーンGP決勝が実施された。

前日に行われた予選ではメルセデスのルイス・ハミルトンがポールポジションに輝き、僚友ニコ・ロズベルグが2番グリッドを獲得している。2列目に並ぶのはフェラーリのセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンだ。

予選19番手のケビン・マグヌッセン(ルノー)は重量検査に応じなかったためにピットレーンスタートのペナルティを科されている。また、開幕戦のクラッシュで負傷したフェルナンド・アロンソが事前に行われたメディカルチェックで参戦不可と診断されたマクラーレンは、リザーブドライバーのストフェル・バンドールンを代役に立てた。

今季からピレリが各グランプリに持ち込むドライタイヤは3種類に増え、ドライバーたちは週末に利用する13セットのタイヤ中、10セットを自由に選べるようになった。サヒールで選択可能なコンパウンドはミディアム、ソフト、スーパーソフトで、ピレリは決勝用にミディアムとソフトを1セットずつ確保するよう指定している。

セッション開始時の気温は22度、路面温度29度、湿度34%のドライコンディションだった。サーキットは1周5.412km、決勝レースは57周で争われる。

スタート時のタイヤにはスーパーソフトを選んだドライバーが多く、ミディアムをチョイスしたのは11番グリッドのカルロス・サインツ(トロ・ロッソ)と15番グリッドから17番グリッドのダニール・クビアト(レッドブル)、パスカル・ウェーレイン(マノー)、マーカス・エリクソン(ザウバー)、20番グリッド以降のリオ・ハリアント(ルノー)、フェリペ・ナッサー(ザウバー)、マグヌッセン。Q3出場メンバーはルールに則ってQ2のベストタイムを計測した際のタイヤを履いている。

フォーメーションラップ中、エンジントラブルに見舞われたベッテルが白煙を吹き上げながらストップし、打倒メルセデスを狙うフェラーリはスタート前から一翼を欠く形となった。また、ルノーのジョリオン・パーマーもグリッドにつかずにピットへマシンを戻している。

20台で迎えたレーススタートはハミルトンとライコネンが出遅れる一方、6番グリッドと7番グリッドからバルテリ・ボッタスとフェリペ・マッサのウィリアムズコンビが好スタートを決める。ハミルトンはターン1で内側から来たボッタスと接触し、ポジションを落としてしまった。

混乱は後方でも生じ、パンクチャーを喫したサインツがタイヤ交換へ向かう。8番手を走っていたフォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグも1周目を終えた段階でピットインした。

序盤のトップ10メンバーはロズベルグ、マッサ、ボッタス、リカルド、ライコネン、ハミルトン、ロマン・グロージャン(ハースF1)、エステバン・グティエレス(同)、マックス・フェルスタッペン(トロ・ロッソ)、ジェンソン・バトン(マクラーレン)となっている。

ポイント圏内に浮上していたバトンは7周目にコース脇に停車して無念のリタイア。それと前後して1回目のタイヤ交換作業が始まり、上位勢からは13周目にライコネンがピットへ向かった。ラップリーダーのロズベルグとコース上で一つずつポジションをばん回していたハミルトンには18秒のギャップがあったため、メルセデスは14周目にダブルストップを敢行している。この間、グティエレスがハースF1のガレージにマシンを戻してレースを終えたほか、スタート時のハミルトンとのクラッシュに対してボッタスにドライブスルーペナルティが科された。

第2スティントのタイヤはソフトが主流で、ハミルトンはミディアムを装着していた。スーパーソフトを選択したグロージャンが次々とオーバーテイクを決め、20周目の段階で入賞圏内はロズベルグ、ライコネン、ハミルトン、リカルド、グロージャン、フェルスタッペン、マッサ、バンドールン、クビアト、ボッタスというオーダーに変わる。

29周目に3番手ハミルトンがミディアムからユーズドのスーパーソフトに交換すると、翌周にライコネン、さらに次の周回でロズベルグがハミルトンと同じコンパウンドに履き替えた。31周目にサインツがガレージでマシンを降り、このレース5人目の脱落者となっている。

オーバーテイクのチャンスに富むサヒールで数多くのオーバーテイク劇が披露されるのとは対照的に、トップ3の並びは変わらない。3ストップ戦略を進める3人は、38周目にライコネンが最後のタイヤ交換をこなしたのをきっかけに、40周目にロズベルグ、42周目にハミルトンがすべてのピットストップを完了した。

残り10周の段階でトップ10の序列はロズベルグ、ライコネン、ハミルトン、リカルド、グロージャン、マッサ、フェルスタッペン、ボッタス、クビアト、バンドールンという並び。マッサのみが2ストップ戦略を取っていたものの、途中でペースを大きく落とし、後続車に飲み込まれていった。

悠々と先頭を守り切ったロズベルグが開幕から2戦連続のトップチェッカーを受けると、すっかり夜が深まったバーレーンの空に次々と花火が打ち上がった。

2位ライコネン以下、ハミルトン、リカルド、グロージャン、フェルスタッペンが同一周回でフィニッシュ。7位のクビアトから、マッサ、ボッタス、今回がデビュー戦だったバンドールンまでが入賞を果たしている。

上記に加え、11位マグヌッセン以降、エリクソン、ウェーレイン、ナッサー、ヒュルケンベルグ、ペレス、ハリアントの17台が完走を遂げた。

次戦は第3戦中国GP。最初のセッションである金曜フリー走行1回目は15日(金)日本時間11時スタート予定。次戦もお楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.