バーレーンGP

/ News

  • バーレーンGP - 金曜フリー走行1回目

ハミルトン最速、メルセデスの好調続く

M.S.
2014年4月4日
今週末も速さを見せるハミルトン © Getty Images
拡大

前戦マレーシアGPから1週間足らず、F1サーカスはバーレーン・インターナショナル・サーキットに集い、4日(金)日本時間20時から2014年FIA F1世界選手権第3戦バーレーンGP金曜フリー走行1回目が実施された。

マレーシアGPではルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグのメルセデスコンビが1-2フィニッシュを決め、メルセデスが開幕から2連勝を飾っている。

今週末のドライタイヤとしてはピレリのソフトコンパウンドとミディアムコンパウンドが持ち込まれた。今季のバーレーンGPは10周年を記念してトワイライトレースとして行われるため、初回セッションは現地時間14時にスタート。天候は晴れで、砂漠の太陽によって路面温度は46度を計測していた。

また、このセッションではウィリアムズのバルテリ・ボッタスに代わってフェリペ・ナスル、ザウバーのエステバン・グティエレスに代わってギド・ヴァン・デル・ガルデ、ケータハムの小林可夢偉に代わってロビン・フラインスがそれぞれステアリングを握っている。

セッションが始まるとケータハムのマーカス・エリクソンを先頭に各車が次々とシステムチェックを実施した。マクラーレンコンビが最後にガレージを離れ、間もなくしてケータハムのフラインスからタイム計測が始まっている。

序盤の30分が終わるまでにフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)とエリクソン以外の全員がタイムを残し、1分38秒395をマークしたハミルトンとその僚友ロズベルグが上位を独占していた。

多くのドライバーが作業に一区切りをつけてピットへ引き上げ、コース上では遅れて始動したエリクソンら数名のみが周回を重ねる状態に。中盤にかけてややマシンの姿が増えたものの、マッサは1周を走ったのみでガレージにとどまっていた。

90分のセッションが後半に入ると、ガレージから出たばかりのアロンソがすぐにマシンを止めるという一場面が。なんと、ミディアムタイヤを選びながらも左フロントだけソフトが装着されていたのだ。アロンソのマシンには改めてミディアムタイヤが装着された。

ラスト30分を迎える前にマッサもコースインし、最初のタイムを8番手に入れる。予選と決勝が行われるのは日が落ちた時間帯になることもあり、各陣営にそれほど積極的な動きは見られなかった。

ハミルトンとロズベルグ、そしてニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)というトップ3メンバーは序盤にそれぞれ6周から7周をこなしたきりガレージにとどまったまま。4番手ジェンソン・バトン(マクラーレン)に次いで、ルーキーのチームメイトであるケビン・マグヌッセンが5番手に浮上している。

残り15分でタイムシートの頂点に踊り出たのはアロンソ。セッションが最終盤を迎えてトップ3の面々を含むほとんどのドライバーがコースインし、ロズベルグが最速タイムを更新するもハミルトンがさらにそれを上回った。

再びメルセデス1-2の形でチェッカーフラッグが振られ、1分37秒502を記録したハミルトンを先頭にロズベルグ、アロンソ、ヒュルケンベルグ、バトンがトップ5に名を連ねている。

バーレーンGP金曜フリー走行2回目はこのあと日本時間4日(金)24時スタート予定。お楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.