バーレーンGP

/ News

  • バーレーンGP

バーレーンGP決勝後の記者会見パート1

Me
2010年3月15日 « 4強チームの安定感が際立った開幕戦 | バーレーンGP決勝後の記者会見パート2 »
開幕戦の表彰台に上った3人 © Sutton Images
拡大

開幕戦バーレーンGPの表彰台に立ったのは、2009年シーズンに結果を残せなかったフェラーリとマクラーレンだった。優勝したフェルナンド・アロンソ、2位のフェリペ・マッサ(ともにフェラーリ)、3位のルイス・ハミルトンという3人が、決勝レース後に行われた公式記者会見に参加した。

Q: フェルナンド、新チーム、フェラーリでのキャリアを優勝でスタートすることができました。スタートでフェリペをパスしたことがポイントでしたが、まずは現在のお気持ちを聞かせてください。

フェルナンド・アロンソ: ポディウムのトップに戻ってくるのはいつでも感慨深いし、特別な一日だ。でも、フェラーリという長い歴史を背負ったチームでそれを達成し、フェラーリのドライバーとしての期待の中で勝てたことは、すごく大きな意味を持つ。これ以上のスタートはないよね。僕は世界一のチームの仲間なんだ。僕たちは冬の間ずっとハードワークを続けてきて、冬季テストでも結果を出し、この初戦にはいい状態で臨むことができた。まだ何も終わったわけじゃなく、最初のレースに勝っただけだけど、1位と2位という結果はマラネロの人々とサーキットに来ているチームスタッフのおかげだ。彼らが日夜努力してこのファンタスティックなクルマを作ってくれた。だからこの初勝利はイタリアの仲間たち、ここにいるすべてのメカニックたち、そしてモンテゼモーロ会長、クルマに関わったすべての人々に捧げたい。とても前向きな結果だし、残りのシーズンに期待ができる。

Q: フェリペ、あなたにとってはけがから復帰しての表彰台です。しかし、まずはフェルナンドとのターン1のバトルについてあなたの立場から聞かせてください。

フェリペ・マッサ: 最初に、ここにいられることに感謝をしたい。すべてがうまくいき、今ここにいて、コンペティティブないいクルマがあって、何事もなくレースを終え、いいペースで走れたこと、すべてにね。僕がこうして元気でいられるのは神様のおかげだ。今とても幸せだし、苦しい時を支えてくれた母国の人々、世界中の人々に感謝しているよ。とても温かい手紙やメッセージをたくさんもらって、すごく勇気づけられたんだ。レースはとても順調で、チームにとってファンタスティックだった。僕にとっては少し変な感じだったかな。スタートはあまり良くなくて、大事なポジションを1コーナーでフェルナンドに取られてしまった。でも、レースは素晴らしかったし、クルマもパーフェクトだった。オプションタイヤでは問題なく彼について行くことができたし、プライムに替えてからもすぐにタイムが出て、いい形で彼を追っていけた。でも、それからが問題で、ずっとクルマの温度に悩まされていたんだ。燃費がすごく悪くなってしまって、最後の25周、もしかしたら30周近く燃料をセーブし続けたんだ。だから、あれ以上はどうにもできなかった。セバスチャン・ベッテルのトラブルで彼をパスできて、ポイントが増えたのはラッキーだったよ。それから、終盤にルイスがあまり速くなかったことも幸いして、燃料を大幅にセーブしつつ、ポジションをキープできたんだ。楽なレースじゃなかったけど、素晴らしい仕事をしてくれたチームには最高の結果だったし、去年からずっと激励してくれていたモンテゼモーロにとっても良かったよ。彼とはたくさん話をしたから、喜んでくれてるだろう。すごく幸せだ。シーズンスタートとしても過去最高の成績だ。初戦で2位表彰台っていうのは今まで経験したことがない最高のスタートだよ。

Q: ルイス、あなたはスタートでニコ・ロズベルグに一度抜かれ、ピットストップで取り戻しましたが、全体的に今日のレースペースはいかがでしたか?

ルイス・ハミルトン: 初めに、フェルナンドとフェリペ、おめでとう。フェリペが戻ってきてうれしいし、フェルナンドもまた優勝できて良かったね。僕らはなかなかいいレースをしたと思うよ。ターン4でロックしてふくらんでしまったんだ・・・(続きは携帯サイトで!)

携帯サイト『F1-Live.com MOBILES』ではバーレーンGPで開かれるすべての記者会見の全文を配信! F1最新ニュースをイチ早く、さらに盛りだくさんの内容でお送りするF1-Live.com MOBILES(月額315円)で、ぜひF1シーズンをご堪能ください。

携帯サイトURL⇒http://k.F1-Live.com/m

i-mode: メニューリストスポーツモータースポーツ

EZweb: トップメニューカテゴリで探すスポーツその他

Y! ケータイ: メニューリストスポーツF1・モータースポーツ

公式twitter URL: http://twitter.com/F1_Live_com

QR Code

© ESPN Sports Media Ltd.