バーレーンGP 2018

/ Commentary

レース

23:30 2018年F1世界選手権第2戦バーレーンGP決勝レースはこの後、日本時間24時10分にスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

24:00 これより2018年F1世界選手権第2戦バーレーンGP決勝レースの模様をお届けいたします。高温の環境下で速さを示すフェラーリにメルセデスがやや後れを取る格好の今週末。土曜日に行われた予選では跳ね馬を駆るセバスチャン・ベッテルが1分27秒958をたたき出してポールポジションを獲得しました。

24:01 フリー走行を含め、バーレーンGP週末を通して好調だったチームメイトのキミ・ライコネンはラストアタックでトラフィックの影響を受けてしまいタイムを更新できず。それでも、2番手の座はキープしてフェラーリのフロントロー独占に貢献しています。

24:02 3番手と4番手にはメルセデスの2台が並んだものの、4番手だったルイス・ハミルトンはギアボックスを交換してグランプリに臨んでおり、5グリッド降格処分を受けるため、スターティンググリッドは9番手に下がります。

24:03 ボッタスと並んで2列目から表彰台を狙うのは予選5番手だったレッドブルのダニエル・リカルド。相棒のマックス・フェルスタッペンはQ1でデータ収集に取り組もうとしたところ、トラブルに見舞われたとのことでスピンを喫し、当時は4番手につけていながらも以降のセッションには参加できませんでした。フェルスタッペンは最終的に15番手の位置で予選を終えています。

24:04 そしてハミルトンのペナルティにより、トップ5スタートをゲットしたのがトロ・ロッソのピエール・ガスリー。今週末に投入した新しい空力パッケージが機能しているようで、予選は"ベスト・オブ・ザ・レスト"の6番手に食い込み、レースはチャンスの多い5番グリッドからの発進となります。

24:05 チームメイトのブレンドン・ハートレーも好ペースを見せていましたが、わずか0.096秒差でQ2を突破できませんでした。それでも、タイヤを自由に選べる11番手の利点を生かし、オーバーテイクが可能なサヒールで巻き返しを図ります。

24:06 ガスリーのお隣6番グリッドにつくのはハースF1のケビン・マグヌッセン。もう1台のハースF1を駆るロマン・グロージャンはQ1終盤にアウトラップでトラフィックにはまり、15番手でQ2へと進んだマクラーレンのフェルナンド・アロンソと同タイムながらQ1敗退を喫してしまいました。

24:07 4列目はルノーのニコ・ヒュルケンベルグとフォース・インディアのエステバン・オコンが並び、5列目にハミルトンとルノーのカルロス・サインツがつきます。

24:08 表彰台争いはもちろん、ポイント獲得を目指す中団グループのバトルも必見のバーレーンGP。まもなくレース時刻を迎えます!

24:09 夜の帳が下りたサヒールは現在の気温が28度、路面温度33度、湿度46%のコンディションです。

24:10 フォーメーションラップがスタートしました。11番手スタートのハートレーは新品のスーパーソフトを選択。15番グリッドに並ぶフェルスタッペンは新しいソフトタイヤを選んでいます。

24:11 11番手より後方でスーパーソフトを履いているのは他にマクラーレンのストフェル・バンドールンとハースF1のロマン・グロージャンのみ。それ以外はソフトタイヤです。

24:13 ベッテルがポールポジションに、ライコネンがフロントローに並びました。いよいよレースが始まります・・・!

1周目

シグナル消灯! 全車が一斉にスタートしました!

ベッテルは好発進、ライコネンが少し出遅れたでしょうか。

ガスリーが素晴らしいスタートでポジションアップを狙っています!

ボッタスが2番手に上がり、ライコネンが3番手、リカルド、ガスリー、マグヌッセン、オコン、ヒュルケンベルグ、アロンソが9番手に浮上。

2周目

フェルスタッペンがハミルトンにオーバーテイクを仕掛ける!

前にはアロンソもいます・・・! サイド・バイ・サイドのバトルはフェルスタッペンに軍配か!?

ハミルトンとフェルスタッペンが接触した模様。

さらにリカルドがスローダウンした後に停車!

レッドブル2台にアクシデント発生!

3周目

フェルスタッペンはハミルトンの、おそらくフロントウイングをこすってしまったようで、左リアタイヤにパンクチャーが発生。

バーチャルセーフティカーが発令されています。

フェルスタッペンはパンクしたタイヤのままピットを目指していますが、もうほとんどラバーは残っていません。

リカルドはマシンを止めてすでに現場を後にしています。コースマーシャルがマシンの撤去を急ぎます。

4周目

なんとかピットにたどり着いたフェルスタッペン。タイヤを交換してピットアウトしていきました。

また、レーススタートのリプレイ映像を見ると、ハートレーとフォース・インディアのセルジオ・ペレスが接触していたようで、ペレスはスピンを喫して最後尾に後退しましたが、幸い、他車との接触は免れています。

チームから無線でダメージの有無を聞かれたペレスは問題ないと返答。ピットには戻らずにレースを続けています。

バーチャルセーフティカーが解除されました!

5周目

ガスリーとマグヌッセンがサイド・バイ・サイドでバトル中! マグヌッセンがオーバーラン! ガスリーが4番手の座をキープしています。

その後方っではヒュルケンベルグ、アロンソ、ハミルトン、オコンの4台がポジションを争っています!

文字通り火花散る激しい攻防戦はハミルトンが巧みなオーバーテイクで6番手に上がり、ヒュルケンベルグ、アロンソ、オコンが9番手。

6周目

ハミルトンはすぐさまマグヌッセンも追い抜いて5番手に浮上しています。

一方でレースを続けていたフェルスタッペンがコース脇に停車し、戦線離脱。レッドブルは早々と2台が脱落してしまいました。

ハミルトンが好ペースでガスリーの背中を追いかけています。

7周目

現在のオーダーはベッテルを先頭に、ボッタス、ライコネン、ガスリーが4番手、0.6秒後方にハミルトン、マグヌッセン、ヒュルケンベルグ、アロンソ、オコン、ハートレーが10番手です。

8周目

トップのベッテルはすでに2.4秒のリードを築いてペースをコントロール。ボッタスとライコネンのギャップも2.5秒ほどあります。

スタート直後に発生したペレスとハートレーの一件が審議対象になっています。

ハミルトンがガスリーをオーバーテイクして4番手にポジションアップ!

9周目

ハミルトンにはポジションを奪われてしまいましたが、ガスリーは6番手のマグヌッセンに3.2秒のリードがあります。

10周目

4番手に上がったハミルトンは8.4秒前を行くライコネンを追いかけますが、ラップタイムはハミルトンの方が0.3秒ほど速いようです。

6番手につけるマグヌッセンから後ろは複数台が控える行列となっています。

11周目

ペレスがピットに戻ってミディアムタイヤに交換。さらにウィリアムズのランス・ストロールも最初のピットストップに向かっています。

フロントウイングにダメージを負うストロールはノーズを交換してピットアウト。

12周目

ベッテルとボッタスのギャップは3.3秒に開き、ボッタスとライコネンの間隔は3秒、そこから8秒以上後方にハミルトンがいます。

5番手にいるガスリーはハミルトンに7秒以上のリードを築かれましたが、6番手以下とのギャップは3.5秒あり、最初のピットストップに向けてタイヤをケアしながらプッシュしています。

13周目

マグヌッセンがピットに向かうようです。前戦の教訓を生かして・・・。無事にタイヤ交換を終えました!

14周目

前が開けたヒュルケンベルグは猛チャージをかけて逆転を狙います。

15周目

マグヌッセンとハースF1の動きに対応すべく、マクラーレンがアロンソをピットに呼び戻します。

16周目

マグヌッセンは13番手で戻っていますが、アロンソはザウバーの1台を挟んで15番手の位置。

ガスリーとヒュルケンベルグがピットイン。さらにオコンも入ってきます。

ガスリーは9番手の位置でコース復帰し、マグヌッセンがその後ろ、シロトキンとルクレールが通過してヒュルケンベルグが隊列に加わります。

17周目

ただ、ヒュルケンベルグはすぐにルクレールを料理して12番手に上がっています。

18周目

上位4台に加えて、ハートレー、エリクソン、グロージャンはまだピットに入らず。

8番手に第2スティントにソフトタイヤを選んだガスリーがいます。

19周目

ベッテルがピットイン! ソフトタイヤに履き替えてピットを後にします。

ボッタス、ライコネン、ハミルトンはステイアウト。ベッテルはハミルトンから8.6秒ほど離れた位置でコースに戻っています。

20周目

フレッシュタイヤを履くベッテルがペースアップする中、ライコネンがピットに入ってきました。こちらもソフトタイヤに交換。

メルセデスのクルーも準備していましたが、ボッタスもハミルトンも入ってきていません。

ライコネンはベッテルが通過して10秒ほど後にコース復帰。

再びメルセデスクルーがピットストップの準備を始めています。

21周目

入ってきたのはボッタス。選んだタイヤはミディアム! 1ストップを狙っているようです。

ベッテルから8秒差ながら、ライコネンよりも前でコース復帰したボッタス。フェラーリはメルセデスのこの戦略を踏まえてここからのレースを戦わなければなりません。

22周目

ソフトタイヤでスタートしたハミルトンはまだ入りません。

ライコネンが1分34秒411のファステストラップをマーク。一気にペースを上げてきました。

トロ・ロッソのハートレーが最初のタイヤ交換を完了。最後尾でコース復帰したものの、すぐにストロールを追い抜いて現在は17番手です。

23周目

ボッタスが1分33秒台に入れてファステストラップを更新。フェラーリ勢のソフトタイヤに対してミディアムタイヤを履いたボッタスですが、今のところペースは悪くないようです。

24周目

まだ一度もピットに入っていないのは先頭のハミルトン、7番手のエリクソンの2人だけ。

エリクソンはコンマ数秒差でヒュルケンベルグからプレッシャーを受けており、必死の走行が続いています。

エリクソンがピットに向かいました。ヒュルケンベルグが一気にペースを上げていきます。

25周目

ベッテルがハミルトンの1秒後方に接近中! その差はすでに0.8秒に縮まっています。

ベッテルとボッタスは6秒のギャップ、ライコネンがその2.5秒後ろを走っています。

ベッテルがハミルトンにオーバーテイクを仕掛ける! 戦略が異なる2人ですが・・・ハミルトンが防御!

26周目

何とか踏ん張ったハミルトンですが、DRSを生かすベッテルに為す術なく、ポジションを譲りました。

フェラーリはこれで見た目上もトップに戻ります。

メルセデスのガレージが慌ただしくなっています。

27周目

ハミルトンがピットイン! チームメイトと同じくミディアムタイヤに交換してピットを離れました。

ハミルトンは3番手のライコネンから18秒後方の位置でコース復帰。

28周目

ベッテル、ボッタス、ライコネン、ハミルトン、ガスリー、マグヌッセン、ヒュルケンベルグ、アロンソ、バンドールン、オコンが入賞圏内です。

29周目

8番手のバンドールンとオコン、グロージャンは1秒前後のギャップでポジションを争っており、11番手のマグヌッセンからペレス、エリクソンも接近戦を繰り広げています。

バンドールンが2度目のピットイン。

30周目

8番手の争いはオコンとハースF1勢の対決に。

エリクソンがペレスをオーバーテイク! フォース・インディアはペースが上がらず苦戦しているようです。

31周目

グロージャンがピットに向かいます。すでにマグヌッセンは2度目のタイヤ交換を終えており、ソフトタイヤを履いて周回中。グロージャンは・・・スーパーソフトをチョイスしました。

32周目

先頭でペースをコントロールするベッテル。4.4秒後方にボッタスが控えていますが、3番手のライコネンがひたひたと近づいてきています。ボッタスとライコネンのギャップは1.7秒。

マグヌッセンがオコンをかわして8番手にポジションアップ! ミディアムタイヤを履くオコンを抜いた2ストッパーのマグヌッセンは14秒ほど前にいるアロンソを追いかけます。

33周目

表彰台を目指すハミルトンはライコネンから14秒以上後方にいます。

ガスリーはさらに22秒ほど後ろを走っていますが、6番手にいるヒュルケンベルグとは12秒近い差が開いています。

34周目

第2スティントにソフトタイヤを選んだヒュルケンベルグとミディアムタイヤを選んだアロンソのギャップが徐々に縮まってきています。ラップタイムはアロンソの方が0.5秒ほど良いようです。

35周目

ガスリーがピットイン。タイヤはユーズドのスーパーソフトを選んだようです。

36周目

ここでフェラーリが動きます。ライコネンが先にピットに入り・・・ましたが、タイヤ交換でミス! スーパーソフトタイヤが用意されていましたが、左リアタイヤの交換が終わらぬうちにピットを出発してしまい、クルーが巻き添えを食った模様。

37周目

ライコネンはすぐにマシンを止めてコックピットを離れています。レースはリタイアとなりましたが、クルーの状態はまだ分かっていません。

38周目

ライコネンの離脱により、トップ3のオーダーはベッテル、ボッタス、ハミルトンに変わっています。

39周目

4番手にはヒュルケンベルグ、アロンソが5番手、6番手にガスリーがいます。

フェラーリのピットストップのリプレイ映像が流され、左リアタイヤの交換が終わらぬうちにピットアウトの指示が出てしまい、それを見てライコネンが発進するも、左リアタイヤ担当のクルーが1名、走り出すマシンにぶつかって転倒。メディカルセンターに搬送されて診察を受けています。

40周目

フェラーリの安全性に欠けるリリースはレース後に審議されるとのこと。

ヒュルケンベルグとアロンソがピットに向かっています。

41周目

ガスリーが4番手に上がり、マグヌッセン、エリクソン、ヒュルケンベルグが7番手でコース復帰、アロンソがその後ろで戻り、ハートレーが9番手、バンドールンが10番手です。

42周目

ヒュルケンベルグが前にいるエリクソンをロックオン! エリクソンは1回のタイヤ交換しかしておらず、ペース的にはフレッシュタイヤを履くヒュルケンベルグが優位。

43周目

ヒュルケンベルグがエリクソンをかわして6番手に上がりました。好パフォーマンスを見せるエリクソンは続いてアロンソのプレッシャーを受けますが、その後ろにいるバンドールンまでは8秒ほどのアドバンテージがあります。

44周目

ハートレーがタイヤ交換に向かいました。ユーズドのスーパーソフトを履いてコース復帰。14番手の位置です。

45周目

スーパーソフトを履いてチャージをかけるアロンソを必死に抑えようとしたエリクソンですが、タイヤを履き替えたばかりのアロンソに対してエリクソンは現在のミディアムタイヤで20周を走っており、長くは抵抗できませんでした。

46周目

そのエリクソンをベッテルが周回遅れにしていきます。

サインツ、オコン、グロージャン、ペレスと連なる一行に、先頭集団のハミルトンが接近。ペレスには青旗が振られていましたが、あわや接触の危機が・・・。

47周目

フラストレーションをあらわにしたハミルトン。ペレスに道を開けてもらい、前に出ましたが、まだ数台を追い抜かなければ本来のペースには戻せません。

48周目

グロージャンが3度目のピットストップを完了。マシン左側のバージボードが損傷していたため、それに対応するべくスローストップになりましたが、無事に隊列に戻っています。

49周目

先頭のベッテルは1分35秒半ばのペース、ボッタスは1分34秒後半、ハミルトンは1分35秒フラットをキープしています。

50周目

50周目に入り、ベッテルとボッタスのギャップは5秒、ハミルトンはそこからさらに12秒後方です。

ガスリーはトップ3から50秒遅れていますが、後方のマグヌッセンに対するリードも5秒稼いでいる状態。

51周目

マグヌッセンとヒュルケンベルグの間にも13秒のギャップがあり、ヒュルケンベルグとアロンソは1秒差で接近戦を展開中。

52周目

8番手で粘るエリクソンはアロンソに16秒以上遅れている上、後方からもう1台のマクラーレンの接近を許しています。ただ、エリクソンとバンドールンは同じミディアムタイヤを履いており、走ったラップの差は5周。

53周目

ベッテルとボッタスの差が2.5秒に縮まっています。ハミルトンもペースを上げて前の2台を追いかけ始めました。

54周目

ベッテルとボッタスのラップタイムは1秒ほど差があり、必死に逃げるベッテルにボッタスがプレッシャーをかけています。

55周目

残り3周! ベッテルの1.3秒後方に迫るボッタス。どこで仕掛けていくでしょうか・・・。

ストレートで一気に近づくボッタス。その差は0.8秒! DRSを使える位置まで接近してきました。

56周目

ベッテルがあらゆる手を使ってペースを上げにかかります。ホームストレートでチャンスを得られなかったボッタスは0.7秒のギャップをキープしながら次のチャンスを待ちます。

57周目

ベッテルがファイナルラップに入りました! このままポジションを維持してチェッカーを受けられるか・・・。

ターン1に向かってボッタスが仕掛ける! が、ベッテルが前をキープ!

DRSゾーンに入るも、ここでもサイド・バイ・サイドには持ち込めません!

最終コーナーを先頭で立ち上がってきたベッテル・・・。

トップチェッカーでゴールしました! ベッテルが開幕戦に続く2連勝!

ボッタスは0.699秒届かず2位、ハミルトンが3位でフィニッシュしてメルセデスがダブル表彰台を達成しています。

そして4位入賞を果たしたのがトロ・ロッソとガスリー! マグヌッセン、ヒュルケンベルグ、アロンソ、バンドールン、エリクソンが9位、ポイント圏内最後のひと枠はフォース・インディアのオコンが手に入れました。

11位以下、完走はサインツ、ペレス、ハートレー、ルクレール、グロージャン、ストロール、シロトキンでした。

バーレーンの激闘を終えたF1サーカスはこの後、急いで荷物をまとめて移動を開始します。一行は5日後の13日(金)には上海インターナショナル・サーキットでシーズン第3戦に挑むことになっており、初回セッションとなる金曜フリー走行1回目のセッションは日本時間11時にスタート予定です。それではまた次回、中国GPでお会いしましょう!