バーレーンGP 2018

/ Commentary

フリー走行3

2018年F1世界選手権第2戦バーレーンGP土曜フリー走行のセッションはこの後、日本時間21時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2018年F1世界選手権第2戦バーレーンGP土曜フリー走行の模様をお届けいたします。2回のフリー走行が実施された初日は前半のセッションでレッドブルのダニエル・リカルドがトップに立ち、夜のセッションではフェラーリのキミ・ライコネンが1分29秒817を刻んでタイムシート最上位につけました。

セバスチャン・ベッテルがライコネンに0.011秒差の2番手につけたフェラーリは3番手と4番手に並んだメルセデス勢に0.5秒のリードを築きましたが、土曜日になると一気にペースアップしてくるのがメルセデスの十八番とあって、この後の展開が注目されます。

レッドブルはトップから0.9秒ほど遅れており、メルセデス以上にスピードを見いだす必要があります。

3チームのギャップが縮まっていくのか、そして、非常にタイトな中団グループのバトルも注目です。

バーレーンの現在の気温は29度、路面温度41度、湿度45%のコンディションです。間もなくセッションが始まります。

予選前最後のフリー走行がスタートしました。

最初にコースに向かったのはベッテル。ザウバーのマーカス・エリクソン、マクラーレンのフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドールンらが続きます。

ライコネンとレッドブルのマックス・フェルスタッペンもガレージを離れます。

1周のインストレーションラップを終えたベッテルがピットに戻ってきました。

マクラーレンの2台は2周目に入っています。

マクラーレン勢以外のドライバーはシステムチェックを完了してピットイン。13台がインストレーションラップを走り、まだ7台は姿を見せていません。

アロンソがピットに戻ってきました。すぐにまたコースに向かうようです。バンドールンも同様。

現在、コースを走っているのはマクラーレンの2台だけ。

フォース・インディア、ウィリアムズ、メルセデス、ルノーのカルロス・サインツはまだ一度もガレージから出てきていません。

アロンソとバンドールンは1周を追加してピットに戻っています。

一時の静けさを取り戻したバーレーン・インターナショナル・サーキット。

セッションが始まって10分、現在、コースは無人となっており、まだ本格的なプログラムは始まっていません。

メルセデスやウィリアムズのガレージではドライバーたちがマシンに乗り込み始めており、まもなく出陣する模様。

ピットレーンにエンジン音がとどろきます。ルノーのガレージからサインツが出てきました。

ライコネンとベッテルが合流します。

メルセデスはまずバルテリ・ボッタスをコースに送り出します。

スーパーソフトタイヤを装着したルイス・ハミルトンが出陣し、すでにインストレーションラップを終えているエリクソンやトロ・ロッソのブレンドン・ハートレーらもコースに入りました。

最初にタイムを計測したのはサインツ。1分33秒893を刻んでいます。

ライコネンはゆったりと1周、1分42秒台ながらタイムシートに名前を刻みました。

ボッタスが1分30秒台をマークしてトップに立ちます。

ベッテルは1周を追加してピットに引き上げてしまったようです。サイドポッドのパーツが緩んでしまっており、「走行を中断して戻る」と無線で伝えていました。

ハミルトンがチームメイトに0.183秒差の2番手に飛び込み、ライコネンが3番手。

ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンとフォース・インディアの2台もインストレーションラップをスタートしており、これで全車が少なくとも1度はコースに姿を見せたことになります。

メルセデス勢とライコネンはスーパーソフトタイヤで周回中。トロ・ロッソやザウバー、ハースF1らはソフトタイヤを履いてタイム計測に臨んでいます。

予選とレースが行われる時間帯はコンディションが大きく変化するため、各陣営とも、今週末のレースを想定しつつも、今の状況に合わせたプログラムに取り組んでいると見られます。

今のところ1分30秒台に入れているのはメルセデスの2台だけ。

3番手のライコネンはトップのボッタスから0.460秒遅れ、1分31秒241がベストタイムです。

フェラーリのガレージではベッテル車の修復作業が続いており、先ほどまでメカニックたちがガレージ前に壁を作って目線を遮っていました。

ベッテル以外でまだタイムを残していないのはバンドールン、マグヌッセン、レッドブル勢とルノーのヒュルケンベルグ。

マグヌッセンはアウトラップを終えてタイム計測に入っており、このあとタイムを出してくると思われます。

セッションが始まって30分が経過。トップ5にはボッタス、ハミルトン、アロンソ、ペレスの名前が刻まれています。

ノータイムの面々はベッテルを除いてコースに出ており、レッドブルの2台は新しいソフトタイヤを履いているようです。

メルセデスはボッタスが9周、ハミルトンが8周を走ってピットに引き上げています。

リカルドが1分32秒フラットをマークして4番手に飛び込みます。

フェルスタッペンは1分30秒台に入れて2番手。メルセデス勢の間に割って入りました。

ようやくベッテルが姿を見せました。マシン修復を終えてスーパーソフトでコースイン。

アウトラップを完了したベッテルはセクター1を全体のベストタイムで通過しています。

初日はガスリーのみが新しい空力パッケージを載せていたというトロ・ロッソ。ガスリーがトップ10付近につけていたのに対し、下位に沈んでいたハートレーですが、グランプリ2日目の今日はハートレーも最新のパッケージを手に入れており、現時点で10番手のタイムを残しています。ガスリーはチームメイトに0.063秒差の11番手。

ベッテルが1分30秒719を記録してトップに立ちました。

ベッテルとボッタスのギャップはわずかに0.062秒。

セッション残り時間は20分を切り、現在、多くのドライバーがガレージに戻ってきています。

路面温度が徐々に下がり、現時点で36度の表示。

新しいスーパーソフトに履き替えて一気にペースアップしたのはライコネン。1分29秒868を刻んで最速タイムを更新しました。

ボッタスも新しいタイヤセットでガレージを離れています。

ベッテルがピットに戻り、入れ替わるようにハミルトンが出陣。タイヤは新品のスーパーソフトです。

現在、コース上にいるのはライコネンとメルセデスの2台だけ。

まだ他の陣営に動きはありません。

ボッタスは2周を使ってペースがあがりません。リプレイ映像を見ると、タイヤをロックアップしてしまったようでフラットスポットができている模様。

ハミルトンは自己ベストを更新したものの、ライコネンには0.8秒届かず2番手。

ハミルトンは最終コーナーでワイドにふくらんでしまい、タイムを失ったようです。

ギアボックス交換で5グリッド降格処分が確定しているハミルトン。今週末はラップをまとめるのに苦労しているようですが、いつものように予選で仕上げてくるのか、それとも苦戦が続くのか・・・。

ガレージで待機していたドライバーたちもコースに向かい始めています。

周回数を8に伸ばしたベッテルはガレージにマシンを入れたまま。

ボッタスはペースアップできずにピットに引き上げました。

ハミルトンも5周を追加してピットイン。ライコネンも現在はガレージにマシンを戻しています。

フェラーリとメルセデスを除く16台がコース上。

ベッテルはコックピットを離れており、マシンの周りではエンジニアやメカニックが作業しています。

レッドブルのフェルスタッペンとリカルドはソフトからスーパーソフトに履き替えており、この後、クイックラップに臨むようです。

フェルスタッペンが1分30秒393を刻んで2番手にポジションアップ。ただ、ライコネンとはまだ0.5秒以上のギャップがあります。

リカルドも全セクターで自己ベストを更新しましたが、やはりライコネンには0.5秒届かず。

フェルスタッペンが2番手をキープし、相棒に0.059秒差の3番手にリカルドがつけています。

1分29秒台に入れているのはライコネンただ一人。

フェルスタッペンはピットに引き上げ、リカルドもセッション終了を前に戻っていきました。

チェッカーが振られてセッション終了です。

最後のフリー走行は1分29秒868をマークしたライコネンがトップに立ち、フェルスタッペンとリカルドがトップ3、ハミルトン、ベッテル、ボッタスと並んでいます。

予選はこの後、日本時間24時より開始されます。好調フェラーリに対してメルセデスがどこまで巻き返せるか・・・。中団グループの大接戦も注目です! また後ほどお会いしましょう!