バーレーン・インターナショナル・サーキット RSS


バーレーン・サヒール

  • サーキットタイプ Race
  • コース全長 6.299kms
  • コーナー数 23
  • 周回方向 時計回り
  • 観客収容人数 50,000
  • 設立年 2004
  • サーキットデザイナー Hermann Tilke
バーレーン・インターナショナル・サーキット
データ
レース 開催日 優勝
初開催 バーレーンGP 2004年4月4日 ミハエル・シューマッハ (GER) レース結果
ラストレース バーレーンGP 2014年4月6日 ルイス・ハミルトン (GBR) レース結果
グランプリ開催数 10

このページのトップへ上へ

サーキット情報

バーレーンはF1を中東へ誘致するために壮大な施設を建設し、2004年、バーレーン・インターナショナル・サーキット(BIC)で中東初となるF1が開催された。

首都マナマから30km離れたサヒールに位置する同サーキットは、バーレーン王国皇太子シェイク・サルマン・ビン・ハマド・アール・ハリーファ殿下の指導の下、政府が設立した投資企業の資金で建設された。レース好きとして知られる殿下はバーレーン自動車連盟の名誉会長を務めている。

他の多くの"新"世代サーキットと同様、BICもヘルマン・ティルケが手がけたコースで、5つの異なるコースレイアウトを融合した設計だ。建設工事が開始されたのは2002年11月。バーレーンの気温が涼しい時期に始まった工事は2004年3月の初開催まで数週間となってようやく完成した。

砂漠の中にサーキットが位置するため、コースへ吹き込んでくる砂が心配されたが、レース主催者側は時間をかけて周辺の砂をしっかりと固める処置を施した。

広大なランオフエリアを持つことから、世界で最も安全なサーキットの1つと言われるBICは、現役F1サーキットとして初めて、FIA認定センター・オ ブ・エクセレンス賞を受賞している。テクノロジー、安全性、マーシャリングと医療設備、すべてが最高水準であると評価された。

また、会場に近いホテルの数は少なく、ほとんどの人々が首都マナマに滞在することになることから、BICは2009年にサーキットに隣接する土地を『@bahrain』と共同開発すると発表。20億ドルの予算で取り組まれるプロジェクトには、ホテルや娯楽施設、ビジネスや教育用のスペースも設けられるという。

このページのトップへ上へ

最新ニュース

このページのトップへ上へ

最新画像

2014年4月2日

シューマッハの回復を願うメッセージを掲げるバーレーン

2014年3月2日

バーレーンで初めて照明の下を走るF1マシン

2011年6月3日

バーレーンのサーキット沿いに飾られたF1マシン

2011年2月21日

高層ビルから撤去されるバーレーンGPの看板

        

関連画像リスト

このページのトップへ上へ