オーストリアGP

/ News

  • セバスチャン・ベッテル
  • ベッテルがFIAに謝罪、制裁は免れる
  • 2017年7月4日: ルイス・ハミルトンとの接触について責任を認め、FIAに謝罪したセバスチャン・ベッテルにさらなる処分が言い渡されることはなかった。

  • アゼルバイジャンGP
  • ベッテルにさらなる制裁の可能性
  • 2017年6月29日: FIAはさらなる措置を取るべきかを判断するため、アゼルバイジャンGP決勝で発生したセバスチャン・ベッテルとルイス・ハミルトンの接触について調査を行なう。

  • アゼルバイジャンGP - ペナルティポイント
  • ベッテルの罰点は次戦終了後に減少
  • 2017年6月28日: シーズン第8戦アゼルバイジャンGPでペナルティポイントを与えられたのはフェラーリのセバスチャン・ベッテルのみだった。

  • アゼルバイジャンGP - ペナルティ
  • レース中断時はファストレーンから動くべからず
  • 2017年6月28日: レースが中断された際にマシン修復を終えてコース復帰を果たしたキミ・ライコネンとセルジオ・ペレスだったが、そこには思わぬ落とし穴があった。

  • レッドブル
  • ベッテルの見方に賛同しないリカルド
  • 2017年6月27日: レッドブルのダニエル・リカルドはアゼルバイジャンGPでルイス・ハミルトンがブレーキテストをしたというセバスチャン・ベッテルの意見に賛成していない。

  • トロ・ロッソ
  • バクーのリスタートは見直すべきとサインツ
  • 2017年6月27日: トロ・ロッソのカルロス・サインツはアゼルバイジャンGPでのレースリスタートが"危険"だったと述べ、2018年のレースについては手順の改訂を求めている。

  • アゼルバイジャンGP - ザウバー - 決勝
  • ザウバー、チームで勝ち取った1点
  • 2017年6月26日: 25日(日)、シーズン第8戦アゼルバイジャンGP決勝レースに挑んだザウバーはパスカル・ウェーレインが10位入賞を果たし、マーカス・エリクソンは11位で惜しくもポイント獲得はならなかった。

  • アゼルバイジャンGP
  • ベッテルのペナルティポイントが9点に
  • 2017年6月26日: アゼルバイジャンGPでメルセデスのルイス・ハミルトンと物議を醸す接触を引き起こしたフェラーリのセバスチャン・ベッテルが出走停止処分まであと3ポイントの猶予しかなくなっている。

  • アゼルバイジャンGP - フェラーリ - 決勝
  • フェラーリ、ペースは良くも運が味方せず
  • 2017年6月26日: 25日(日)、シーズン第8戦アゼルバイジャンGP決勝レースでフェラーリのセバスチャン・ベッテルは4位、キミ・ライコネンは14位完走扱いだった。

  • アゼルバイジャンGP - ピレリ - 決勝
  • ピレリ、状況判断がカギ
  • 2017年6月26日: 25日(日)、シーズン第8戦アゼルバイジャンGP決勝レースが開催され、複数回のセーフティカーと赤旗中断が発生する波乱のレースをレッドブルのダニエル・リカルドが制した。

  • アゼルバイジャンGP - ウィリアムズ - 決勝
  • 目標のひとつをかなえたストロール
  • 2017年6月26日: アゼルバイジャンGP決勝レースでウィリアムズのランス・ストロールが3位フィニッシュを果たして自身初の表彰台を達成した。チームメイトのフェリペ・マッサはリタイアに終わっている。

  • アゼルバイジャンGP - トロ・ロッソ - 決勝
  • 苦手コースでサインツが入賞
  • 2017年6月26日: 25日(日)に開催されたシーズン第8戦アゼルバイジャンGP決勝レースでトロ・ロッソのカルロス・サインツが8位入賞を果たした一方、ダニール・クビアトはトラブルでリタイアを喫した。

Top of the Page上へ