オーストリアGP

/ News

  • オーストリアGP

2015年第8戦ドライバーコメント決勝

Jim / Me / M.S.
2015年6月22日 « 来季のセカンドチームはないとHonda | 事故を振り返り、肩をすくめるライコネン »
© Sutton Images
拡大

21日(日)にオーストリアのレッドブル・リンクで行われたシーズン第8戦オーストリアGP決勝レースはメルセデスのニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンが1-2を飾った。

共に最終アタックでコースオフを喫したメルセデス勢はそれでもフロントローを確保して決戦に挑み、ポールスタートのハミルトンをスタートでかわしたロズベルグがその後も終始リードを保ってトップチェッカー。セバスチャン・ベッテルはピットストップでタイヤ交換に手間取り、その間に3番手に浮上していたフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)が3位表彰台に上っている。

オープニングラップではフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)がキミ・ライコネン(フェラーリ)に追突するクラッシュが発生したが、両者ともケガはなかった。

シュピールベルクの一戦を終えたドライバーやチーム関係者のコメントは以下の通り。

メルセデス

ルイス・ハミルトン(2位)

「かなり淡々としたレースだった。スタートはあまり良くなかったな。レブに問題があってスロットルを離しても高いままだったんだ。それでクラッチを離したときにホイールスピンを起こして出遅れてしまった。それはレースが終わってから検証する。最初のスティントではニコについていけたんだけど、次のフェーズは彼の方がペースが良かった。最後はクルマを持ち帰るだけだった――でも、ニコは勝利に値したから、彼におめでとうと言いたい」

ニコ・ロズベルグ(1位)

「ワオ、なんて日だ! またオーストリアで勝てて素晴らしい気分だよ。本当に特別なコースだ――すごくトリッキーで、観衆はファンタスティック。昨日の予選のミスがあったから、このレースで勝つために本気でプッシュすると決めていた。スタートはうまくいって、リードしてターン1に入ることができた。今年これまでのレースから、同じマシンでコース上で抜くのは困難だと分かっていたから、それが大事だったんだ。ルイスをパスした後はかなり楽にリードをコントロールすることができた。終盤に右フロントタイヤにバイブレーションを感じていたんだけど、チェッカーまで管理することができた。素晴らしいクルマを用意し、パーフェクトなレースをさせてくれたチームに心から感謝したい。シルバーストーンがすごく楽しみだ。去年はポールを取ったし、2013年には勝っているから、いい思い出がある」

クリスチャン・トト・ウォルフ(メルセデス・ベンツ・モータースポーツ責任者)

「私とニキのホームサーキットであるこのシュピールベルクで成し遂げた今日の結果にはとても満足している。とりわけスペシャルに感じるのは2年連続でメルセデスエンジンを積む3台がトップ3に入ったこと。これ以上はない。ニコ(ロズベルグ)は最高かつ圧倒的なレースを戦った。素晴らしいスタートを決め、ペースでも優位に立つと、まったくミスのない走りを披露した。両者ともに限界まで攻めている。ニコがピットストップに向かうためにピットレーンに入ってきた時の様子を見れば特に分かっていただけるだろう! ルイスの場合はスタートとピットストップに要約される。スタートでポジションを失い、これについては分析する必要があると思っている。そして、ピットレーンを通過する際にオーバーステア気味だったことで2輪が白線を超えてしまった。そこからはとにかく完走することを目指しつつ、後方のフェリペとのギャップを管理することがすべてだった。2014年と同じように、レースによってドライバーのアドバンテージがスイングしている。きっと彼らはシーズン末までバトルを繰り広げ続けるだろう」

パディ・ロウ(テクニカル部門エグゼクティブディレクター)

「またも1-2フィニッシュを達成できたことはファンタスティックな結果であり、とりわけ、トトとニキのホームグランプリであることを思うと最高だ。ルイスのスタートは理想的ではなく、ポールポジションのメリットを失ってしまった。特に目立った問題はない。ニコがわずかにうまく発進しただけのこと。それ以外に特に大きなものはなかった。直後のセーフティカー導入の後、ニコがルイスに対してわずかにペース的にもアドバンテージを有していることが明確になったが、それ以上に大事なのはわれわれが予想していた以上にフェラーリに対するアドバンテージが大きかったということ。そのおかげで、ピットストップピリオドまでうちの2人の戦いになることが濃厚になった。ただもちろん、ルイスはほんの些細なミスでタイムペナルティを受けている。彼もニコもミスを犯す回数は圧倒的に少ないので、今回のことは何ら心配するようなことではなく、単に珍しくも起きてしまっただけのことだと思っている。それ以降はドラマでもない限り、ルイスが勝利に手がとどくことがないのは明らかだったので、落ち着いてマシンをコントロールしながら最高の1-2フィニッシュを決めることができた」

レッドブル

ダニエル・リカルド(10位)

「レース中のクルマには満足していた。最後はペレスをつかまえようとできる限りのプッシュをしたけど、表彰台争いをしている人たちが後ろにいたから、それを尊重しないといけなかった。スーパーソフトタイヤにはすごくハッピーで、クルマのバランスがとても良かった。スタート位置を思えば、10位フィニッシュはいい結果だ。今週はテストのためにもう数日ここにいる。天気予報は良くないけど、次のシルバーストーンの前に有益な仕事をしておきたい」

ダニール・クビアト(12位)

「タフなレースだった。1周目にフロントウイングを傷めてしまい、その後のレースは大きく妥協を強いられた。ボディワークのダメージがレース全体のグリップに影響していて、クルマのドライブを難しくした。ダメージがなければ今日はポイント獲得が可能だったと思うから、残念だ」

クリスチャン・ホーナー(チーム代表)

「今日、ダニエルが着いたグリッドポジションを考えると、1点を獲得した彼は強力な走りを披露したと思う。実質的に逆順でレースを戦ったようなものだ。レース序盤は遅めのタイヤ(ソフトタイヤ)を使い、ピットストップで柔らかい方のタイヤを装着する。ダニー(クビアト)は見事なスタートを決めたが、前方での出来事により、残念ながらペレスのリアにぶつかってしまった。その影響でマシンのアンダーサイドに重大なダメージを負っており、そこからはレースを走り切ることが目標となった」

ティエリー・サルビ(ルノー)

「結果自体は今週末に予想していた通りと言える。チームと相談して両ドライバーとも5基目のICEを投入することに決めたので、ペナルティを受けることは分かっていた。それがレースを難しくすることも分かっていたし、実際にそうなったが、両ドライバーとも決してあきらめることなく、少なくともダニエルがポイントをつかんでくれた。これでペナルティを消化すると共に、マシンには最新スペックのICEが搭載されているので、この先のレースではパワーユニットのエレメントに関しては一息つける。シルバーストーンはきっとチームに合っているはずだ」

ウィリアムズ

フェリペ・マッサ(3位)

「すごくうれしいリザルトだ。チームは素晴らしい仕事をしてくれたし、ファンタスティックなレースだった。フェラーリのピットミスを最大限に利用してチャンスをものにし、僕の今季初の表彰台を獲得した。レースの最終ステージではチームにかなりプッシュされていて、ベッテルを抑えるためにベストを尽くしたよ。絶対にミスをしてはいけないのは分かっていた。無事に走り切れて本当に最高だ」

バルテリ・ボッタス(5位)

「チームにとってはいいリザルトだった。個人的にはもう少しレースで期待していたけどね。オーバーテイクは楽しかったけど、これ以上行けなかったのが残念だ。レースの半ばでブレーキに問題があって、少し管理する必要があった。コンストラクター選手権では前のチームとの差を詰められたから良かったよ。表彰台を獲得し、素晴らしいリザルトを残したフェリペは見事だった」

ロブ・スメドレー(パフォーマンスエンジニアリング責任者)

「チームにとって3位と5位は良い結果だ。今日は表彰台を狙っていたので、めぐってきたチャンスを最大に生かせたと思うし、いったん手に入れてからは絶対に逃すつもりなどなかった。今シーズンはすでに3度に渡って自分たちよりも速いマシンを抑え続けることに成功しているので、ドライバーたちの持つ素晴らしいレース技能が示されていると思う。フェリペはあれだけのプレッシャーの中で最高の仕事を果たし、バルテリも何度も見応えのあるオーバーテイクを披露しながら強力なレースを戦った」

フェラーリ

セバスチャン・ベッテル(4位)

「ピットストップ中のトラブルは起こり得ることだ。今日は問題があったけど、いつもはピットレーンで最速のクルーだから、誰も責められないよ。僕らはチームだし、限界までプッシュしていると、こういうことが起きてしまうものだ。3位のトロフィーはもちろん欲しかったけど、また来年、同じ目標を持って戻ってくるよ。クルマはすごく良かった。また一歩僕らは前に進めたと思うし、素晴らしいペースがあった。ここは1周が短いから、あまり生かせないけど、次の数戦は高速コーナーがもっと多いから、僕らが近づいていることを証明できると思う。今日のリザルトではあまり分からないかもしれないけどね。レースの最後はフェリペに近づこうと頑張ったけど、彼はストレートですごく速かった。今日は表彰台を逃してしまってちょっと残念。でも、明日はもっと良くなると確信しているし、僕らは次のレースに集中する。マラネロのチームはすごくコミットしてみんな懸命に仕事をしている」

キミ・ライコネン(リタイア)

「クラッシュ前に何が起きたのか、正確なことは分からない。普通じゃない場所でホイールスピンが起きた。かなりスピードが出ていて突然左に進み、そこで終わってしまった。前触れは何もなかったし、すべてが一瞬の出来事だった。残念ながらそこで僕のレースは終わった。散々な週末だ。早く次のレースのことを考えよう」

マウリツィオ・アリバベーネ(チーム代表)

「今週末はどれを前向きに考えられるだろう? あまり多くはないが、確実になったのは今年のわれわれが手に入れられる中でセバスチャンが大きな財産になっていることに気づけたこと。チームと協力して全力投球してくれており、今やチャンピオンシップの2番手に名乗りを上げている。ただ、その前に自分たちに言い聞かせておきたいのは、可能性を超えてすべてを捧げる必要があるということ。自分たちに生かせるものはすべて使わなければならない。そして、一番のライバルにできるだけ近づけるようにしつつ、彼らのミスをアドバンテージにしていく必要がある。セブの不運なピットストップ中に失った時間を考えるにせよ、謙虚な態度で取り組まなければならない。なぜなら、たとえすべてがうまくいったとしても、コース上でメルセデスの2台を打ち負かすには足りなかっただろう。とはいえ、今回のことで決してあきらめないよう駆り立てられた」

マクラーレン

フェルナンド・アロンソ(リタイア)

「スタートは良くて、ターン1とターン2で大きくポジションを上げた。前にいたキミはソフトタイヤでスタートしていて、ターン2の出口でかなりホイールスピンを起こしていた。オーバーテイクしようとしたんだけど、彼はコントロールを失って左に向かってきた。そこにちょうど僕がいたんだ――それで2人ともウオールに当たってしまった。お互い無事でラッキーだったよ。不思議なインシデントではあった。5速でクルマを失ったということは相当グリップがなかったんだね。僕らが前に進むにはチームワークが必要だ。期待が現状より高かったのは明らかだけど、正しい方向に進んでいる。運命はもうすぐ変わると分かっているから、僕は前向きだよ」

ジェンソン・バトン(リタイア)

「クルマはどこも壊れていなかったんだけど、何かがおかしくて、スイッチを変えても機能しないんだ。それで、チームがリタイアを決めた。今週末は新しいエンジンを使っていたから、不必要なダメージを与えたくなくて止めることにしたんだ。シルバーストーンではもう一歩前進できる。できれば問題を解決して、母国のみんなの前ではもっといいレースを見せたいね。その次のハンガリーは僕らに合うサーキットのはずだから、いいリザルトが残せると思う。こういう時はポジティブでいるしかない。ファクトリーのみんなは僕らのレース後のインタビューを見ている。僕もフェルナンドもみんなにモチベーションを維持してもらいたいんだ。僕らはいい位置にいる。このパッケージの力は分かっているんだから、みんなには気持ちを強く持ってほしい」

エリック・ブーリエ(レーシングディレクター)

「有名なマーフィーの法則がこう言っている。"失敗する可能性のあるものは、失敗する"と。マクラーレン・ホンダにとって、今日の午後はそれが100%正しいことが証明された。一連のペナルティによってグリッドの最後尾に下げられ、ドライバーたちは19番手と20番手から今日のグランプリをスタートした。レース前から周回遅れのようなものだ。しかし、フェルナンドはフェラーリのキミと接触してリタイアとなった。かなり大きなクラッシュだったので、誰も大きなけがをしなかったことが何よりも重要だ。その数周後にジェンソンのレースも終わってしまった。インテークシステムセンサーのトラブルだった。ウォーキングとさくらで働くマクラーレン・ホンダの人々にとっては苦しい時だが、われわれはへこたれない。いや、苦しいのは認めよう。しかしだ、状況が厳しいときというのは、タフな心が動き出す。われわれはタフだ。きっとやっていけるので見ていてほしい」

新井康久氏(株式会社本田技術研究所 専務執行役員 F1プロジェクト総責任者)

「オーストリアはタフな週末でした。厳しいペナルティが適用され、難しいレースになるのは分かっていました。何よりも、フェルナンドに何事もなかったことに安堵(あんど)しています。ジェンソンのマシンに関しては、インテークシステムセンサーの故障がパワーを制限してしまったので、マシンをリタイアさせることを選びました。まだ信頼性が問題なのは認識しています。すべてのレースで改善することがわれわれのプライオリティーです。出力のアップデートを含めて、シルバーストーンに備えます」

フォース・インディア

ニコ・ヒュルケンベルグ(6位)

「今日は6位にとても満足している。レースに挑むにあたってウィリアムズのボッタスを後ろに抑え続けることが難しいと分かっていたから、6位完走はたぶん今日の僕たちにできる精いっぱいだったと思う。彼とは何度かホイール・トゥ・ホイールの素晴らしいバトルを繰り広げつつ、何度かポジションが入れ替わったけど、彼らの実際のペースに匹敵するのはかなり難しかった。全体としては最高の週末だったよ。良いリズムをつかめたし、マシンのパフォーマンスにも本当に満足している。チェコ(ペレス)もポイント獲得だから、チームにとっても最高の週末になったね。この結果は誇りに思っていいはずだ。さらなる前進を遂げたいと願うシルバーストーンに向けて重要な後押しになるだろう」

セルジオ・ペレス(9位)

「大量点を獲得できて、チームにとっては最高の結果だね。チャンピオンシップでは5位に上がれた。これはチームの全員の努力のおかげだ。スタートもオープニングラップも最高だった。目標はマルドナドの前に出ること。プライムタイヤを履いた中では彼が最上位だったからね。なんとかやり遂げられた。第1スティントはロータスの両ドライバーからかなりプレッシャーを受けたけど、しっかりと抑えられたし、レースは本当にいい感じに進んでいった。ピットストップでちょっとタイムロスがあったのが残念。そこから巻き返すのは難しくって。エリクソンとナッサーの後ろになってしまったからね。第2スティントはフロントタイヤにかなり強いバイブレーションが起きて、ペースに影響をきたしていたからあまり楽じゃなかった。グリッドポジションを考えると全体としては良いレースだったと思う。もしすべてが予定通りに行っていればいくつか上に行けたかもしれないけど、でも今回は良い結果だよね」

ロバート・ファーンリー(副チーム代表)

「10点を追加し、チャンピオンシップ5位につけてオーストリアを出発できるというのはとてつもなく大きな結果だ。週末を通して優れたペースを発揮でき、それを貴重なポイントを獲得するためのスピードに反映できたことにとても満足している。ニコ(ヒュルケンベルグ)は本当にクリーンなドライブだったし、整然としたレースを戦った。現実的に、これより上のポジションでフィニッシュするのは難しかっただろう。ニコと逆の戦略だったセルジオは序盤にポジションアップに必要だったソフトタイヤを使った。ピットストップが若干長くかかってしまったにもかかわらず、9位でゴールして数点を勝ち取ってくれている。シルバーストーンで行われる地元レースを前に、しっかりとしたポジションを維持できている。シルバーストーンではVJM08のネクストステップを導入する予定だ」

トロ・ロッソ

マックス・フェルスタッペン(8位)

「今日のレースには満足している。できることはすべてやったと思うし、何度かいいバトルがあった。率直に言って、全ラップ楽しんだよ! マシンは本当に良く動いていたし、特にラスト数ラップはすごくエキサイティングだった。7位フィニッシュが間近だったんだけど、8位にもとても満足。チーム全体にとって素晴らしい結果さ。タイヤについて理解を深め、僕らが持ち込んだアップデートはポジティブだったと思う。だから、結果として今日のレースではすべてがものすごくいい感触だった。特にここレッドブル・リンクという舞台で、やっとポイントを重ねられたこともうれしいね」

カルロス・サインツ(リタイア)

「今日はすごく楽しんでいたし、何もかも完ぺきだった序盤数ラップの後はかなり楽しかった。ひたすら前に進むことに集中し、前のライバルたちに狙いを定めていた。すごくいいレースをしたけれど、残念ながらピットストップ後に急にすべてのパワーが落ちて、僕のレースはそこで終わった。本当にガッカリしているし、たった数周でトップ10に上がり、すごくモチベーションがあっただけになおさらね。これがなければ素晴らしい結果がつかめたと思うし、間違いなくそのペースはあったんだ!」

フランツ・トスト(チーム代表)

「今日のスタートはうまくいった。両ドライバーとも見事な出だしを決め、とりわけカルロスは素晴らしいオープニングラップを走って9番手に浮上している。マックスのペースは力強く、ボッタスを後ろに抑えこむことはかなわなかったが、スピードはレースを通して良かったと思う。残念なことに、クビアトの後ろで数秒を失い、それが終盤の7位争いに影響した。あれがなければマルドナドを抑えられたはずだ。結局、マックスは8位でゴールしており、チームにはいくらかのポイントが入ったものの、直接のライバルたちがわれわれ以上の得点を挙げているので完全には喜べない。カルロスのペースも良かったが、テクニカルトラブルに見舞われてしまったので残念に思う。目下、分析中だ。シルバーストーンで行われる次戦には防げるようになっていることを願う。また、ここに持ち込んだアップグレードのおかげでマシンが本当にうまく機能したことを話しておきたい。パフォーマンス面の改良を続けて、次は必ず2台揃ってポイントフィニッシュを成し遂げられるよう願っている」

セドリック・シュタウドハー(ルノー・スポールF1/トラックサポートリーダー)

「マックスはとても強いレースをし、チャレンジングなコースで優れた結果を出した。マシンから最大限を引き出すことができ、彼はポイントを稼ぐべくハードに戦った。カルロスのマシンには問題が発生したのが残念だった。電力が落ち始め、コースにとどまるにはラップタイムが下がりすぎた。シルバーストーンで強力なカムバックを果たすため、なぜこうなったか調べるつもりだ」

ロータス

ロマン・グロージャン(リタイア)

「もちろん、リタイアだなんて残念だ。ピットストップの後はいいポテンシャルがあり、サイド・バイ・サイドで何台かパスできて良かったよ。リタイアしたときは8番手で、クルマの感触は良かった。ギアを失ってしまって、リタイアするしかなかったんだ。不運はこれで終わりだと願おう。シルバーストーンではまたいいところを見せたいね」

パストール・マルドナド(7位)

「また7位フィニッシュできてポイントが取れてうれしいよ。マックス(フェルスタッペン)とのバトルはすごかった。スーパーソフトタイヤがすごく熱くなっていてグリップを失うし、前のクルマに近づくとダウンフォースを大きく失う。でも、すべてコントロールできていたよ! どうしてもポジションが欲しかったんだ。それに値する働きができたと思う。僕らはシーズンの好調期に入ってきたようだ。このままポイント獲得を続けられるようにみんなでハードワークを続けるよ」

フェデリコ・ガスタルディ(副チーム代表)

「2戦連続で7位となったパストールは見事なドライブだった。最初のスティントでは燃料をセーブし、タイヤを管理し、その他にもピットウオールから求められるあらゆることに対処しなければならず、難しい戦略的なレースだったが、終盤にもマシンコントロールのうまさを発揮してくれた。ロマンに関してはフィニッシュさせてやれずに申し訳なく思っている。彼も大きな結果を残せる展開だったので、問題を調査し、修正するために全力を尽くす。今回の週末でもペースは示されており、この先のレースに向けてわれわれが得点するポテンシャルを持っていることを証明できたと思う」

アラン・パーメイン(トラックサイドオペレーションディレクター)

「パストールのファンタスティックな走りを強調する、とても見応えのあるレース終盤だった。スタートでポジションを失ったので、セルジオ・ペレスを追い抜くためにかなりアグレッシブな戦略を採ったところ、パストールがスーパーソフトタイヤを本当にうまく扱ってくれ、ほぼレースの半分を走り切っている。終盤にはマックス・フェルスタッペンとの大接戦を繰り広げ、勝ち抜いたマルドナドが7位を確保した。ロマンも入賞圏内にいたが、ギアボックストラブルと思われる問題に苦しんだので、喜びは半分だ。その問題が何であれ、調査して修正しなければならない」

マノー・マルシャ

ウィル・スティーブンス(リタイア)

「有望な週末だったのに、心から落胆する終わりだった。だけど、デブリがマシンにダメージを与えた結果としての問題だから、ただツイていなかっただけさ。とにかくここのポジティブな要素をすべて拾い集め、次の1戦につなげたい。次はもちろん僕らのホームレース、シルバーストーンだ。今週末はいいペースが見せられたから、2週間後にそれを繰り返せるよう願っている」

ロベルト・メルヒ(14位)

「今日の14位という結果はとてもうれしい。僕にとって、そして今季のチームにとってベストリザルトだ。全体的に強い週末だったから、レースでも引き続きペースが上がっているのを見られて良かった。おかげで最初のスティントのかなりの間、前を行くマシンたちに着いて行けた。だから、僕にとっていいレースだったし、今の僕には真の勢いがあり、マシンにもパフォーマンスがあるように感じられる。両マシンでフィニッシュできなかったのはとても残念だけど、好結果を出してホームレースを迎えるのはいいことだね。シルバーストーンが楽しみだ」

ジョン・ブース(チーム代表)

「ロベルトの14位完走にはとても満足している。2015年シーズンのこれまででベストなパフォーマンスだ。そして、必死にハードワークに務めてきたチームにとっても、過去数戦を通して成長を遂げてきたロベルト自身にとっても最高のご褒美だろう。悲しくも、ウィルの方は運がなく、オープニングラップのインシデントで散らばったデブリを拾ってしまい、ラジエーターがダメージを負ったことでそこから数コーナー後にリタイアせざるを得なかった。信頼性に関しては週末を通して今回も力強かっただけに残念でならない。とはいえ、ポジティブな部分に集中する。とりわけ、次は楽しみなホームグランプリだからね。この数週間と過去のレースで小さいながらも重要なステップを遂げてきたことは良かったと思う。シルバーストーンに向けても進歩を続けられるようにがんばる」

ザウバー

マーカス・エリクソン(13位)

「スタートで待ちきれなくて、ジャンプスタートしてしまった。1周目にデブリの上を走ったせいで、フロントウイングとリアウイングの両方を壊してしまったんだ。早い段階でピットストップして新しいフロントウイングにしたけれど、データで僕のペースが落ちているのが分かった。その上、電気系にも問題が起こって、2度もマシンの電源が落ちた。そのせいでまた再起動しなければならなかったよ」

フェリペ・ナッサー(11位)

「この結果にはガッカリ。ブレーキの過熱にかなり手を焼いた。きちんとブレーキを効かせることができなくて、ポジションを守るのは厳しかったよ。スタートした場所からすれば、ポイントが取れるんじゃないかと思っていた。それが実現するよう、すべてをやったのにね。こういう機会を失うわけにはいかないから、ソリューションを見つけなければならない」

モニーシャ・カルテンボーン(チーム代表)

「グリッドポジションを考えれば、ポイントを獲得するチャンスはあったと思うので非常にがっかりのレースでした。マーカスのレースはジャンプスタートとマシンのダメージによって早々に影響を受けました。フェリペはブレーキにかなり苦しんでおり、レースペースに妥協を強いられてしまったので、ポジションを守り切れなかったのです。これらの問題に対するソリューションを見つけなければなりません」

ジャンパオロ・ダラーラ(トラックエンジニアリング責任者)

「チャンスを逃した1日。マーカスのレースはジャンプスタートによって非常に早い段階で妥協を強いられた。これで彼はドライブスルーペナルティを食らっている。リアウイングにダメージを負った影響で、ダウンフォースを失っていたためマシンパフォーマンスにひびいた。フェリペはブレーキにトラブルを抱えており、レース後半にはかなり深刻な状態だった。それもあってペースを維持できなかったので、ポイント圏内でゴールできなかった。われわれ全員にとって失望の日曜日だ」

© ESPN Sports Media Ltd.