オーストリアGP

/ News

  • オーストリアGP - 決勝

ロズベルグが今季3勝目をマーク!

M.S.
2014年6月22日
3番手スタートから優勝をつかんだロズベルグ © Getty Images
拡大
関連リンク

緑が美しい木々に囲まれたレッドブル・リンクにて、22日(日)日本時間21時から2014年FIA F1世界選手権第8戦オーストリアGP決勝が実施された。

前日に行われた予選ではウィリアムズコンビがランキングトップをひた走るメルセデス勢を打ち倒し、フェリペ・マッサがポールポジションを獲得、チームメイトのバルテリ・ボッタスが2番手につけた。選手権リーダーのニコ・ロズベルグ(メルセデス)は3番グリッドから、その相棒のルイス・ハミルトンは予選Q3でタイムを残せず9番グリッドからレースをスタートする。

また、予選11番手のセルジオ・ペレス(フォース・インディア)は前戦のインシデントにより5グリッド降格ペナルティを科されるも、予選16番手のロマン・グロージャン(ロータス)がピットスタートとなったために15番グリッドへ。予選21番手のマックス・チルトン(マルシャ)も同じ理由で3グリッド降格されている。

11年ぶりにF1カレンダーへ組み込まれたこのサーキットは1周4.326km、決勝レースは71周で行われる。ドライタイヤは最も柔らかい組み合わせであるソフトコンパウンド(プライム)とスーパーソフトコンパウンド(オプション)の2種類が持ち込まれた。

スタート時のタイヤとしてプライムを選んでいたのは11番グリッドのジェンソン・バトン(マクラーレン)、13番グリッドのパストール・マルドナド(ロータス)、15番グリッドのペレス、18番グリッドのジュール・ビアンキ(マルシャ)、20番グリッドのマーカス・エリクソン(ケータハム)、21番グリッドのチルトンだった

決勝日の天候は晴れ、気温23度、路面温度48度のドライコンディションでレースがスタートすると、マッサが頭一つ抜ける一方でボッタスはターン1でロズベルグの先行を許してしまう。しかし、ボッタスは続くコーナーでポジションを奪い返し、後方ではハミルトンが大きくポジションを上げた。

オープニングラップを終えた時点でトップ10を走っていたのはマッサ、ボッタス、ロズベルグ、アロンソ、ハミルトン、ケビン・マグヌッセン(マクラーレン)、キミ・ライコネン(フェラーリ)、ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)、ダニエル・リカルド(レッドブル)、ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)だった。

予選結果は実力以上だったとして後方からの攻撃を懸念していたアロンソの予想は早くも2周目にして的中し、ハミルトンによってパスされる。同じ頃、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)のマシンには駆動系のトラブルが発生した模様で、スローダウンの末にいったんマシンを止めたものの、ほどなくして最後方からレースを再開している。

最初のタイヤ交換の動きが始まったのは10周目のヒュルケンベルグからで、12周目にはロズベルグがピットイン。その間に前の開けたハミルトンが猛プッシュをかける。13周目にザウバーのエステバン・グティエレスがピットレーンでストップし、クルーの手によってピットボックスに戻された。

そのすぐ後、14周目にハミルトンがタイヤ交換を実施する。ハミルトンはロズベルグの後ろでコースに復帰し、2人のポジションが入れ替わることはなかった。ラップリーダーのマッサがピットストップを行ったのは続く15周目だが、隊列に戻った際にロズベルグに先行された上、ハミルトンにもコース上でオーバーテイクされてしまう。

ボッタスが16周目にタイヤを交換し、ロズベルグの後ろで復帰した。ひと通りのピット作業が落ち着いたところで先頭を走っていたのはスタート時のタイヤで粘るペレスで、ロズベルグ、ボッタス、ハミルトン、マッサと続く。ペレスと同様に周囲とは異なるタイヤ戦略をとっていたバトンが6番手につけ、アロンソ、マグヌッセン、ヒュルケンベルグが得点圏内に続いていた。オプションでスタートした面々は全員がプライムに履き替えている。

26周目、ポイント圏付近を走っていたクビアトがコースオフし、このレース初のリタイアとなった。

隊列を率いていたペレスはメルセデス勢に立て続けにオーバーテイクされつつ、30周目に初回のピットストップをこなす。後方で苦戦を強いられていたベッテルはグティエレスと接触してノーズ交換を行ったが、数周を走った末にピットでリタイアを選択した。ベッテルとグティエレスのインシデントはスチュワードによる審議対象となっている。

40周目、上位勢から先陣を切ってハミルトンが2回目のピットストップを実施する。翌周にロズベルグ、さらにその翌周にボッタスがタイヤ交換を終え、ボッタスはピット作業でハミルトンの後方に下がってしまった。

ほどなくしてマッサもタイヤを履き替えると、ラップリーダーはアロンソに変わった。48周目に入ったところでアロンソがピットへ向かい、まだスーパーソフトのスティントを残したペレスとバトンを含めてトップ10はロズベルグ、ハミルトン、ボッタス、ペレス、マッサ、アロンソ、バトン、マグヌッセン、ヒュルケンベルグ、リカルドという並びになっている。

ペレスとバトンは60周目までに最後のピットストップを終え、ロズベルグ、ハミルトン、ボッタス、マッサ、アロンソ、マグヌッセン、ペレス、ヒュルケンベルグ、リカルド、ライコネンがトップ10に名を連ねた状態でレースは終盤を迎えた。

61周目、13番手を走っていたベルヌがブレーキに問題を抱えて一足先にレースを終える。2番手ハミルトンは残り5周頃から僚友に迫り、ファイナルラップでついにDRS圏内に入るも、最後までチームメイトをかわすことはできなかった。

トップチェッカーを受けたのは終始ミスのない走りを貫いたロズベルグ。2位ハミルトンに続き、ボッタスがキャリア初表彰台を決めている。

4位マッサ以下、アロンソ、ペレス、マグヌッセン、リカルド、ヒュルケンベルグ、ライコネンが入賞。

11位バトンからマルドナド、エイドリアン・スーティル(ザウバー)、グロージャン、ビアンキ、可夢偉、チルトン、エリクソン、グティエレスまでが完走している。

次戦は伝統のシルバーストーンが舞台の第9戦イギリスGP。最初のセッションである金曜フリー走行1回目は7月4日(金)日本時間18時スタート予定だ。次戦もお楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.