オーストラリアGP

/ News

  • オーストラリアGP - 予選

ベッテルが今季初のポールをつかむ!

M.S.
2011年3月26日
圧倒的な速さでポールポジションを勝ちとったベッテル © Getty Images
拡大
関連リンク

26日(土)、メルボルンにあるアルバート・パーク・サーキットにて日本時間15時から2011年FIA F1世界選手権第1戦オーストラリアGP予選が行われた。

開幕戦は初日から昨年のチャンピオンチームであるレッドブルが速さを見せつけ、金曜午前のセッションでは母国グランプリに臨むマーク・ウェバーと最年少王者セバスチャン・ベッテルのコンビがタイムシートの上位を独占。土曜フリー走行でもこの週末初めての1分24秒台を記録したベッテルがトップに立ち、2番手にウェバーが続いている。

そのレッドブルを追うのが初日を1-2で締めくくったマクラーレンで、土曜日に実施された予選前最後のセッションでもルイス・ハミルトンとジェンソン・バトンが3番手と4番手タイムをマークした。5番手にルノーのヴィタリー・ペトロフ、6番手にフェラーリのフェルナンド・アロンソがつけ、フルタイムのレースドライバーとして迎えた2年目のシーズンに期待が高まるザウバーの小林可夢偉が7番手に入っている。

今季の予選から107%ルールが復活し、基本的に、Q1最速タイムの107%以内の記録を残せなかったドライバーは決勝に参加することができない。プレシーズンテストで一度も新車を走らせることができなかったHRTは、ナレイン・カーティケヤンが土曜フリー走行でトップから17秒遅れ、ビタントニオ・リウッツィはここまでタイムなしと厳しい状況だ。

金曜日から現地の空模様はすぐれず、予選開始時の天候も曇り。気温16度、路面温度18度でQ1が始まった。

ピットレーンがオープンになると、ルノーのヴィタリー・ペトロフとニック・ハイドフェルド、今年ヴァージンからデビューしたジェローム・ダンブロジオらが真っ先にコースへと飛び出していく。

ハイドフェルドとペトロフが暫定のトップと2番手タイムを出した頃に強豪チームの面々もタイムアタックを開始。ベッテル、ウェバー、バトン、ハミルトンがたちまち上位に名を連ねた。

メルセデスGP、トロ・ロッソ、ザウバーの各陣営はタイミングをずらしてコースへと向かう。シューマッハが5番手タイムを刻み、上位勢はベッテル、ハミルトン、バトン、ウェバー、シューマッハ、アロンソ、マッサというオーダーに変わった。

チームメイトのロズベルグも順調にトップ10圏内へ。可夢偉は鮮やかにラップをまとめあげて3番手に踊り出る。今年から可夢偉とコンビを組むルーキードライバーのセルジオ・ペレスも続く4番手タイムを記録した。

残り5分を切ってQ2進出を懸けた争いが激しくなる中、アロンソが暫定15番手、マッサが17番手と苦しい位置にいるフェラーリコンビはオプションタイヤで再びコースイン。アロンソが3番手にジャンプアップする一方で、マッサはなかなかタイムを縮めることができない。フェラーリ陣営にとってはまさかの開幕戦Q1落ちもあり得る、手に汗握る展開となったが、マッサは11番手タイムでなんとかQ2進出を果たした。

Q1のトップタイムはベッテルがマークした1分25秒296。

ノックアウトされたのは18番手のハイドフェルド以下、ヘイキ・コバライネン、ヤルノ・トゥルーリ(共にロータス)、ティモ・グロック(ヴァージン)、ダンブロジオ、ビタントニオ・リウッツィ、ナレイン・カーティケヤン(共にHRT)の6名。HRTの2人はそれぞれ1分32秒978と1分34秒293のタイムを残したものの、107%ルールにより決勝には参加することができない。

15分で行われるQ2ではトロ・ロッソとウィリアムズの各陣営が先陣を切ってコースに入るも、19年目のシーズンを迎えたベテランのバリチェロがスピンを喫してコースオフ。グラベルから抜け出せず、タイムアタックができないまま予選を終えた。

このアクシデントで一時振られたイエローフラッグが解除されると、マクラーレンのバトンとハミルトンが1-2態勢を築く。しかし、ベッテルがバトンのタイムに大きな差をつけてトップタイムを塗り替え、チームメイトのウェバーもマクラーレンの2台を上回って2番手にポジションを上げた。

その後、やや遅れてガレージを後にしたフェラーリのアロンソが4番手、マッサが6番手のタイムを記録。可夢偉がマッサに次ぐ7番手につけた。

Q2終盤には好ペースで周回していたスーティルがスピンし、コースには戻ったもののタイム更新ならず。また、ノックアウトゾーンへ転落していたシューマッハは最後までプッシュしたが、結局11番手でQ3行きの切符を逃している。

Q2でもトップに立ったのは1分24秒090を刻んだベッテルだった。

11番手のシューマッハ以下、アルグエルスアリ、ペレス、ディ・レスタ、マルドナド、スーティルとノータイムに終わったバリチェロの予選順位がここで確定している。

レッドブル、マクラーレン、フェラーリの3チームのメンバーに加え、ロズベルグ、ペトロフ、可夢偉、トロ・ロッソのセバスチャン・ブエミがポールポジションを争うQ3にコマを進めた。

10分間の戦いが始まり、最初にガレージを後にしたのはハミルトンとバトンのマクラーレンコンビ。ハミルトンの1分24秒501を暫定トップとしてバトン、ロズベルグらが1回目のタイムを計測したところで別次元の走りを見せたのがベッテルだ。1分23秒台をたたき出して今週末全体のベストタイムを塗り替えた。

ウェバーが2番手に飛び込み、ひとまずはベッテル、ウェバー、ハミルトン、バトン、ロズベルグというトップ5に。可夢偉はこの時点で6番手タイムを記録している。

終盤にはすべてのドライバーがコースに戻り、レッドブル勢のタイムに近づこうと必死のアタックを続けた。1回目のタイムアタックで8番手だったアロンソもペースを上げたが、5番手につけるのが精いっぱい。

ハミルトンが2番手に飛び込んだものの、ベッテルのスーパーラップには及ばず、結局1分23秒529を刻んだベッテルが2011年初のポールポジションを手にした。

2番手からはハミルトン、ウェバー、バトン、アロンソ、ペトロフ、ロズベルグ、マッサ、可夢偉、ブエミがトップ10に並んでいる。

オーストラリアGP決勝は17日(土)日本時間15時スタート予定。今季初の決勝レースもお楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.