オーストラリアGP

/ News

  • オーストラリアGP

ピレリ、金曜午前のタイヤを1セット追加

Kay Tanaka
2011年3月22日 « チャンドック、ロータスに加入! | 「レッドブルは飲料企業」とハミルトン »
プライムを1セット余分に与えられることに © Sutton Images
拡大
関連リンク

オーストラリアGPの金曜フリー走行で各チームの与えられるタイヤセット数は、規定よりも1セット多くなるようだ。ピレリが正式に発表した。

冬季テストではピレリタイヤの過度なデグラデーションが注目されていたが、国際自動車連盟(FIA)も最近になって、必要であれば今シーズンのいくつかのグランプリで供給されるタイヤセット数を増やすことができるという新ルールを導入することに同意している。

今週末のメルボルンの天候が、冬季テストが行われたスペインの天候とは「異なる様相」となっていることもあり、金曜午前のセッションで「チームがプライムタイヤを1セット余分に受け取ることができる」とピレリは明かしたのだ。

ピレリは、この動きにより各チームは「フリー走行でセットアップ作業を完了するために、より多くの周回を走破できる」と説明している。

チームとバーニー・エクレストンからの要望を受け、2011年シーズンに投入するタイヤは摩耗が早く進むように特別にデザインされたものであるというのがピレリが再三強調している言い分だ。

「オーストラリアでは2回から3回のピットストップになると推測していますが、可能な限りの耐久性を盛り込んだわれわれの市販車向けタイヤとはDNAが異なるものになる」と説明するのは、ポール・ヘンベリーだ。

これまでにメルボルンで行われたレースで最も多くのピットストップが実施されたのは2004年。ドライバー1人あたり、2.45回のピット作業が行われている。

© ESPN Sports Media Ltd.