オーストラリアGP

/ News

  • オーストラリアGP

オーストラリアGPが2025年まで契約延長

M.S.
2019年7月19日 « ハミルトンの最速ラップにエンジニアも困惑 | リカルドの元マネジャーが約13億円の未払いを主張 »
© Charles Coates/Getty Images
拡大

オーストラリアGPがレース契約をさらに2年延長し、少なくとも2025年までメルボルンでグランプリが行われることになった。

オーストラリアは開幕の地として親しまれ、1996年以来、2006年と2010年を除いてすべてのチャンピオンシップ初戦が開催されてきた。

『Australian Grand Prix Corporation(オーストラリアGPコーポレーション)』はすでに2023年までレースを維持する契約を有していたが、今回、それが2025年まで延長された。近年は開催地がシドニーもしくはアデレードに移動する可能性がうわさされていたものの、レースはしばらくメルボルンにとどまることになる。

F1のCEOであるチェイス・ケアリーは「われわれはメルボルンとのパートナーシップを更新したことを喜ばしく思っている。これにより、少なくとも2025年までメルボルンがF1オーストラリアGPを開催する」とコメントした。

「現在のつながりをさらに2年延長する決断に至ったのは、このイベントがファンやF1で働く人々にとても人気が高いことを証明し、このビクトリア州の州都にとって、そしてオーストラリアと実に世界各国にとって際立った成功であることを示してきたことに端を発する」

「われわれのパートナーであるオーストラリアGPコーポレーションと共に、われわれはスポーツイベントとしてもエンターテイメントという形としても、オーストラリアGPをさらにエキサイティングで見ごたえのあるものにしていくことを計画している」

「今日の発表は先週のイギリスGPに関するものに続くものであり、より多くのプロモーターがF1と将来の長期的なビジョンを共有していることを証明している。われわれは来年の3月12日から15日に、このレースがかの地で開催されてから25周年の節目と、少なくとも2025年に同地で30周年も迎えることができるこの継続的な関係性を祝すことを楽しみにしている」

F1はすでに2020年オーストラリアGPの日程を3月15日(日)決勝と発表しているものの、来年の全スケジュールはまで出ていない。ベトナムGPが4月にカレンダーに加わる予定だが、チケットはすでに販売されているものの、正確な日程は明かされていない。

また、5月にはオランダGPがF1カレンダーに戻ってくる予定だが、今年末で契約が切れるスペインGP、ドイツGP、メキシコGPについては疑問符がついた状態だ。

シルバーストーンは先日、イギリスGPをカレンダー上にとどめておく5年契約を結んでおり、モンツァは今季以降もイタリアGPを開催するための商業面の条文に合意している。

© ESPN Sports Media Ltd.