オーストラリアGP

/ News

  • オーストラリアGP - 金曜フリー走行2回目

ハミルトンとボッタスが1-2、レッドブルが続く

Jim
2019年3月15日
© Charles Coates/Getty Images
拡大

シーズンの幕開けを祝うような好天に恵まれたアルバートパーク・サーキットで15日(金)、2019年FIA F1世界選手権第1戦オーストリアGP金曜フリー走行2回目が実施され、初回セッションと同じくメルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムを刻んだ。

ピレリは5種類あるコンパウンドのうち、C2からC4の組み合わせを持ち込んでおり、今週末はC2がハード、C3がミディアム、C4がソフトと呼ばれる。フリー走行2回目は気温22.2度、路面温度44.9度、湿度55%のドライコンディションで始まり、ハースF1のロマン・グロージャンが真っ先にコースに向かった。

セッションが始まって5分ほど経つと、他陣営も動き出してドライバーをコースに送り出している。各車が順調にペースを上げていく中、ルノーのダニエル・リカルドはしばらくコースに姿を見せていなかったが、ライバルたちに10分以上遅れて始動し、3周目には11番手タイムを刻んだ。

ミディアムとハードが用いられた序盤の走行を終えた時点でトップに立っていたのは1分23秒148を記録したハミルトン。0.291秒差でボッタスが続いてメルセデスが再び1-2態勢に持ち込んでいる。レッドブルのマックス・フェルスタッペンに次いで4番手にはハースF1のケビン・マグヌッセンが入り、ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)、ピエール・ガスリー(レッドブル)、アレキサンダー・アルボン(トロ・ロッソ)とホンダパワー勢がトップ7に顔を揃えた。

その後はソフトタイヤに切り替えたドライバーがクイックラップに臨み、タイムシートのオーダーが時間と共に入れ替わっていった。メルセデス勢の1-2は変わらず、3番手にはガスリーがつけ、ベッテルとライコネンがトップ5に名を連ねている。

残り30分をすぎる頃にはロングランに集中し始め、メルセデスやフェラーリはソフトタイヤで長めのスティントを走った。レッドブルはフェルスタッペンがミディアムを履き続け、ガスリーだけがソフトタイヤを試していたが、終盤にはフェルスタッペンも柔らかいコンパウンドに交換して予選シミュレーションに移行、3番手タイムを刻んでポジションを上げている。

ソフトを履いたメルセデス勢のロングランペースは1分28秒前半から半ば、フェラーリはベッテルが同じタイヤで1分28秒後半から1分29秒台を刻んでおり、レッドブルもガスリーがフェラーリと似たようなペースで周回していた。

最終的に初日2回目のフリー走行をトップで終えたのはハミルトン、ボッタスが0.048秒差で2番手に並び、ディフェンディングチャンピオンのメルセデスが好発進を決めている。レッドブルのフェルスタッペンとガスリーが3番手と4番手に並び、5番手にベッテル、6番手はライコネン、ほかにニコ・ヒュルケンベルグとリカルドのルノー勢、ルクレール、グロージャンがトップ10に名を連ねた。

トロ・ロッソ・ホンダのクビアトは11番手、アルボンは17番手で初日を締めくくった。

オーストラリアGP土曜フリー走行は16日(土)日本時間12時にスタートすることになっている。

© ESPN Sports Media Ltd.