オーストラリアGP

/ News

  • オーストラリアGP - 金曜フリー走行1回目

ハミルトンが最速もフェラーリ勢が100分の数秒差

Jim
2019年3月15日
© Clive Mason/Getty Images
拡大

15日(金)、2019年FIA F1世界選手権が開幕し、メルボルンにあるアルバートパーク・サーキットで第1戦オーストラリアGP金曜フリー走行1回目が実施された。今年最初のセッションでトップタイムを刻んだのはメルセデスのルイス・ハミルトンだ。

ピレリは最も硬いC1から最も柔らかいC5まで5種類を開発し、各グランプリにはそこから3種類のコンパウンドを持ち込むが、ファンにより分かりやすいようにと、コンパウンド名はすべてソフト、ミディアム、ハードに改められた。メルボルンにはC2からC4のタイヤが用意されており、C2が最も硬く、C4が柔らかいコンパウンドだ。

雲はあるものの青空が広がる中、気温20度、路面温度33度、湿度49%のコンディションでセッションがスタートすると、真っ先にガレージを出発してコースに向かったのはアルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネン。マクラーレンのカルロス・サインツとランド・ノリス、フェラーリのセバスチャン・ベッテル、ウィリアムズのロバート・クビサが後に続く。

ほとんどのドライバーはインストレーションラップだけでガレージに戻り、トロ・ロッソのダニール・クビアトは気流測定用のペイントを施して1周を走り終えた。レッドブルからルノーに移籍して初のグランプリに挑むダニエル・リカルドだけが2周している。

唯一、ハースF1のロマン・グロージャンがスロースタートとなり、ライバルたちがシステムチェックを完了してからもガレージでは作業が続いていた。

インストレーションラップを終えてからしばらくはどの陣営もセッティングの調整に励んでいたが、開始から16分ほど経過したタイミングでメルセデスのバルテリ・ボッタスが出陣し、ウィリアムズのジョージ・ラッセル、マクラーレン勢が始動している。ボッタスが1分26秒454を刻んだ頃、ようやくグロージャンもガレージを出発して1周を走り終えた。

ミディアムタイヤを評価するメルセデス勢が1-2態勢を築き、ソフトタイヤを試すフェラーリやレッドブルはまだペースアップを図っていないのか、トップに立っていたボッタスよりも1秒以上遅れている。4周を走ったフェルスタッペンがハミルトンを上回って2番手に飛び込み、ラップごとにスピードに乗ってタイムを縮めていたが、ハミルトンが自己ベストを更新して2番手のポジションを取り戻す。ボッタスとハミルトンは0.177秒差だ。

ピレリに1セットのタイヤ返却が義務付けられている序盤40分の走行を終えてトップはボッタスで変わらず、ハミルトンが0.059秒差に近づくも2番手のまま、3番手にフェルスタッペンが並び、トロ・ロッソのダニール・クビアトが4番手、レッドブルドライバーとしてのデビュー戦を迎えたピエール・ガスリーが5番手につけた。メルセデス勢以外はソフトタイヤで自己ベストを刻んでいる。

6番手に食い込んだのはメルセデスエンジンを積むレーシング・ポイントのランス・ストロール。ミディアムタイヤを履いて序盤のプログラムに取り組んでいる。フェラーリはシャルル・ルクレールが7番手、ベッテルはトップから1.388秒遅れの9番手だ。フェラーリ勢の間にはハースF1のケビン・マグヌッセンがつけている。

出だしが遅かったグロージャンも5周を走っていたが、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグはトラブルに見舞われたようでインストレーションラップを走って以降はガレージでの待機を強いられ、タイムを残せていない。

セッション後半に最初に動き出したのはノリス。ハードタイヤからソフトタイヤに履き替えてコースに向かった。それをきっかけに、クビアトとマグヌッセンもガレージを離れ、さらに他のドライバーもコース上での作業を再開している。

メルセデス勢などソフトタイヤに切り替える陣営が多い中、トロ・ロッソはソフトからミディアムに交換して両ドライバーをコースに送り出し、レーシング・ポイントとアルファロメオ・レーシングは引き続きミディアムを評価した。

ハミルトンが1分23秒599をマークしてタイムシート最上位に浮上し、フェルスタッペンが0.193秒差、ボッタスは0.267秒遅れの3番手に下がる。マグヌッセンを挟んで5番手には新しいミディアムタイヤを履くジョビナッツィ、6番手にもミディアムを継続しているクビアトがつけている。

フェラーリ勢がペースアップに成功してタイムシートのオーダーが入れ替わる一方で、トロ・ロッソのアレキサンダー・アルボンがマシンのコントロールを失ってウオールにぶつかってしまい、しばらく身動きが取れていなかったが、なんとか走行を再開してピットに帰還した。ただ、フロントウイングを失っており、セッションは黄旗が振られた後に赤旗に切り替わっている。

数分間の中断でセッションは再開され、アルファロメオ・レーシングのライコネンに続いてルノーを駆るヒュルケンベルグもコースに向かった。ソフトタイヤを履いて作業に取り掛かったヒュルケンベルグは早々に相棒リカルドのタイムを上回り、周回を重ねるたびにラップタイムを削っていった。

残り時間15分を切って、ボッタスがコースオフを喫してしまうシーンがあったが、大事にはいたらずコースに復帰し、走行を続けている。他にもコースを飛び出すドライバーがいたものの、セッションが中断するほどのインシデントではなかった。

90分のセッションを終えて、トップタイムはハミルトンがマークした1分23秒599。0.038秒差でベッテルが2番手に続き、ルクレールがチームメイトに0.036秒、ハミルトンにも0.1秒と離されずに3番手に食い込んでいる。レッドブルはフェルスタッペンが4番手だったものの、ガスリーは8番手。レッドブル勢の間にはボッタス、ライコネン、クビアトが入っている。

ハミルトンからボッタスまでが0.267秒差、6番手につけたライコネンのベストタイムはボッタスからも1秒近く遅れており、上位5台とそれ以降に大きなギャップがある。

もう1台のトロ・ロッソを駆るアルボンはトップから1.6秒遅れの13番手だった。

オーストラリアGP金曜フリー走行2回目は日本時間14時にスタートする予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.