オーストラリアGP

/ News

© Jerry Andre/Sutton Images
拡大

2019年のF1シーズンは少し早く始まる。オーストラリアGPが来年の開催日を3月17日(日)と発表したのだ。

過去2年、オーストラリアGPは3月下旬に行われてきたが、ムンバフェスティバルとオーストラリアのフットボールリーグ開幕の前後にイベントスペースを挟むべく前倒しされる。AFL(オーストラリアン・フットボール・リーグ)はオーストラリア最大のスポーツリーグであり、開幕週の衝突を回避することが日程を移動させる大きなモチベーションになった。

ただ、AFLとの重複は避けられたものの、新しい日程はセブリングで行われる世界耐久選手権とぶつかっており、フェルナンド・アロンソに新たな考慮点をもたらすことになりそうだ。アロンソがトヨタと共に来季WECでチャンピオンシップ制覇を成し遂げたければセブリングのラウンドに出走する必要がある。マクラーレンと共にF1残留の道を選べば、チームは少なくとも開幕戦にバックアップの容易を求められることになるだろう。

日程変更は11月に開かれる世界モータースポーツ評議会にて承認される必要があり、その時点で2019年の全F1カレンダーが発表される予定だ。3月15日が開幕戦当日だった2015年以降では最速のシーズンスタートとなる。

AFLとの日程衝突を回避することで、オーガナイザーはより多くのファンが会場に訪れてくれればと語っている。

CEOを務めるアンドリュー・ウエスタコットは「イベントの8カ月以上も前にF1オーストラリアGPの日程が発表されるのは素晴らしいニュースだ。これで国内外の皆さんに長期間、メルボルンとビクトリアを訪れる計画を立ててもらえる。世界最高峰の年に一度のチャンピオンシップの幕が上がることは名誉であり、メルボルンが誇るスペクタクルな4日間を心から誇りに思っている」と述べた。

「F1シーズンの開幕、オージーのスーパースターであるダニエル・リカルド、スーパーカー選手権の開催など、イベントがめじろ押しだ。2019年に見逃せないイベントになるに違いない」

オーストラリアGPは来年、4日間の来場者数を29万5,000人に増やすことを目標にしている。

© ESPN Sports Media Ltd.