オーストラリアGP

/ News

  • オーストラリアGP - 決勝

ハミルトンが乱戦とは無縁の勝利!

M.S.
2015年3月15日
ロズベルグとともに1-2フィニッシュを遂げたハミルトン © Sutton Images
拡大
関連リンク

20戦が組み込まれた2015年FIA F1世界選手権がメルボルンのアルバート・パーク・サーキットで戦いの火蓋を切り、15日(日)日本時間14時から開幕戦オーストラリアGP決勝が開催された。

前日の予選でポールポジションを獲得したのは現チャンピオンのルイス・ハミルトン(メルセデス)だった。チームメイトのニコ・ロズベルグが2番グリッドにつき、予選3番手のフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)がそれに続く。

マッサの僚友バルテリ・ボッタスは予選セッション中に背痛を訴え、決勝レース前夜を病院で過ごした。参戦可否の判断は直前まで待ったものの、腰の椎間板の輪状組織に微小の分裂が確認され、レース参加は不可能との判断を受けた。

また、バルセロナテストでクラッシュした影響で、医師の助言により念のために欠場したフェルナンド・アロンソに代わって開幕戦に参加していたマクラーレンのケビン・マグヌッセンはレース直前にコース上でストップ。さらに、レッドブルのグリッドダニール・クビアトもグリッドへの途上でマシンを止めてしまった。

困難の中でチーム態勢を立て直して何とかメルボルンにたどり着いたマノー・マルシャもマシンの準備が整わずにすべてのセッションを不参加で終え、結果としてグリッドについたのは15台。ホンダエンジンを搭載するジェンソン・バトンのマクラーレンマシンは16番グリッドから決勝に挑戦する。

サーキットは1周5.303km、決勝レースは58周で争われる。スタート時の天候は気温18度、路面温度37度、湿度58%のドライコンディションだった。今週末のタイヤとしてはピレリのソフトコンパウンドとミディアムコンパウンドが持ち込まれている。スタート時のタイヤにミディアムを選んでいたのは11番グリッドのマックス・フェルスタッペン(トロ・ロッソ)14番グリッドのセルジオ・ペレス(フォース・インディア)、15番グリッドのマーカス・エリクソン(ザウバー)だった。

レースがスタートするとハミルトンとロズベルグの後方でバトルが発生し、フェラーリのキミ・ライコネンがポジションを落とす。ロータスのパストール・マルドナドが混戦に押し出されてスピンを喫し、タイヤバリアに接触してマシンを止めてしまった。

オープニングラップでセーフティカー出動が発令され、これを機にエリクソンがソフトタイヤに交換する。一方、ロマン・グロージャンがガレージにマシンを収めており、ロータスはダブルリタイヤという結果で早くも開幕戦を終えた。

この時点でハミルトン、ロズベルグ、マッサ、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、フェリペ・ナッサー(ザウバー)、ダニエル・リカルド(レッドブル)、カルロス・サインツ(トロ・ロッソ)、ライコネン、フェルスタッペン、ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)がポイント圏内を走っている。バトンは12番手だった。

3周目の最後にセーフティカーが戻り、レースが再開された。エリクソンとバトルしたセルジオ・ペレス(フォース・インディア)にはイエローフラッグ中にオーバーテイクしたとしてポジションを戻すようチームから指示が飛んだ。これで11番手から最後尾までのオーダーはエリクソン、バトン、ペレスという形になる。

20歳の新人サインツを追い詰めたライコネンは8周目に追い抜きを成功させ、次は地元オーストラリア出身のリカルドに狙いを定めた。後方ではペレスとバトンが12番手をかけて軽く接触しつつの激しい攻防を繰り広げている。

17周目、ライコネンは初回のピット作業に向かうも、左リアタイヤの装着に手間取って大きくタイムロスしてしまう。ライコネンはポイント圏外の11番手で隊列に復帰した。隊列の先頭ではハミルトンがロズベルグに2.7秒の差をつけて快走している。

22周目に3番手マッサがピットストップ。6番手に復帰して5番手リカルドに迫るが、リカルドは24周目にタイヤ交換へ向かった。25周目にベッテルとサインツがピットインするも、トロ・ロッソはサインツの左リアタイヤを外すのにかなり手間取り、20歳のサインにとって初レースでの健闘もむなしく、大幅なタイムロスを喫してコースへ戻ることを強いられた。

28周目時点でトップ10のオーダーはハミルトン、ロズベルグ、ベッテル、マッサ、ライコネン、フェルスタッペン、ナッサー、リカルド、ヒュルケンベルグ、ペレス。ソフトからミディアムにつなぐドライバーが多いのとは対照的に、2セット目のソフトタイヤを投入したライコネンはもう1度ピットストップする必要性を残している。フェルスタッペンは一度もピットに入っていない状態だった。

そのフェルスタッペンは33周目に初回のタイヤ交換をこなしたが、直後にマシンから白煙が上がり、34周目の半ばにしてコース脇にマシンを寄せる。17歳のフェルスタッペンの史上最年少F1デビュー戦は苦い結果に終わった。

レースが終盤に差し掛かったところで生き残っていたのはハミルトン、ロズベルグ、ベッテル、マッサ、ライコネン、ナッサー、リカルド、ヒュルケンベルグ、エリクソン、ペレス、サインツ、バトンの12台。ペレスはスタート時のタイヤでここまでねばっている。ハミルトンとロズベルグの差は1.6秒ほどだった。

ペレスがソフトタイヤに交換したのに続き、41周目にライコネンが最後のピットストップを実施。作業がややもたつきつつも大きな遅れなくコースに戻ったライコネンだったが、左リアタイヤがしっかり装着できていなかった模様で走りはじめてすぐにマシンを止めてしまった。この件については危険なリリースの疑いで審議対象になっている。

ライコネンのリタイアで10番手に上がったバトンだが、程なくしてフレッシュなソフトタイヤを履くペレスにオーバーテイクされた。

11台がチェッカーを目指す終盤、ロズベルグが前方のチームメイトを追いかけて激しくプッシュする。レース終了目前の56周目、急速にサインツとの差を詰めたエリクソンが8番手に上がった。

迫り来るロズベルグの前でリードを守り切ったハミルトンがトップチェッカーを受け、ロズベルグが2位フィニッシュ。ベッテルがフェラーリ移籍初戦を3位表彰台という結果で飾っている。

4位以降はマッサ、ナッサー、リカルド、ヒュルケンベルグ、エリクソン、サインツ、ペレスまでがポイントを獲得し、11位のバトンがサバイバルレースを生き抜いてマクラーレン・ホンダのマシンをパルクフェルメまで運んだ。

次戦は第2戦マレーシアGP。最初のセッションである金曜フリー走行1回目は27日(金)日本時間11時スタート予定。お楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.