オーストラリアGP

/ News

  • オーストラリアGP

メルボルン、2020年までの新契約を締結

Jim
2014年8月3日 « エクレストンが贈収賄容疑に関して和解を交渉 | Honda復帰に向け、インディカードライバーがテストか »
© Sutton Images
拡大

オーガナイザーの新契約合意により、メルボルンがオーストラリアGPを少なくとも2020年まで開催することになった。

フォーミュラ・ワン・マネジメント(FOM)と一年の契約交渉を経て、先週ロンドンで2016年から2020年までカレンダーの居場所を確保することになったメルボルン。新たな契約の締結を発表したビクトリア州のデニス・ナプシン首相はシーズン開幕戦として主催する権利を手にしたことも明かしている。

ナプシン州首相はラジオ局『3AW』に「メルボルンとビクトリアを世界のスポーツおよびイベントの中心として再確認する素晴らしい発表だ」とコメント。

「われわれは新たに5年のグランプリ開催契約を確保した。現行契約よりもビクトリアの人々にとって素晴らしい契約になっている」

「新契約は現行契約と同じ期間であり、シーズン開幕戦として開催すること、毎年3月に開催することが含まれている」

ここ数年、エクレストンはレース打ち切りの脅威を示してきたが、報道声明ではオーストラリアGPを支持するコメントを発表した。

「F1を世界に伝える最高の方法としてメルボルンを祝したい」

F1グランプリがメルボルンで開催されるようになったのはオーストラリアGPの会場がアデレードから移動した1996年からである。

© ESPN Sports Media Ltd.