オーストラリアGP

/ News

  • オーストラリアGP - 決勝

波乱の初戦を制すはロズベルグ!

M.S.
2014年3月16日
スタートで先頭に立ったロズベルグ © Sutton Images
拡大

V6新時代の幕開けとなる2014年FIA F1世界選手権開幕戦オーストラリアGP決勝が16日(日)日本時間15時から、メルボルンのアルバート・パーク・サーキットにて開催された。

雨に見舞われた前日の予選でポールポジションをつかみとったのはプレシーズンテストでライバルたちから頭一つ抜けた力を示したメルセデスのルイス・ハミルトン。開幕を前に危機に瀕していた王者レッドブルだが、今年チームに新加入した地元オーストラリア出身のダニエル・リカルドが予選2番手につけた。メルセデスのニコ・ロズベルグが3番手に入っている。

4年連続チャンピオンのセバスチャン・ベッテル(レッドブル)はソフトウェアの不具合で予選13番手に沈み、他車のペナルティの関係で12番グリッドからレースをスタートする。

予選10番手のバルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)と同19番手のエステバン・グティエレスはギアボックス交換で5グリッド降格し、それぞれ15番グリッド、21番グリッドについた。予選21番手のロマン・グロージャン(ロータス)はピットスタートを選択した。

普段は公道として使用されているサーキットは1周5.303、レースは58周で実施される。ピレリが今週末に用意したドライタイヤはミディアムとソフトの2種類。予選Q3はウエットコンディションで行われたため、トップ10のメンバーもスタート時のタイヤを自由に選ぶことができる。ベッテルとグティエレスがミディアムでのスタートを選び、

フォーメーションラップが始まって1台ずつダミーグリッドを出発するも、17番グリッドのマックス・チルトン(マルシャ)は動くことができず。また、ピットスタートのグロージャンはレース開始前15分のシグナルが出る前にガレージを出たとしてスタート後のドライブスルーペナルティが科された。

19台がメインストレートに戻り、チルトンがピットレーンでグロージャンの後ろに並ぶと、いよいよスタートを待つばかりに。しかし、イエローフラッグが掲示されてもう一度フォーメーションラップが行われた。

この際に今度はマルシャのジュール・ビアンキが動けず、ピットレーンで待機するチームメイトの後ろについている。

フォーメーションラップが追加されたため、レース周回数は57に変わった。2度目のスタートで今季初戦が始まると、1コーナーまでにロズベルグが先頭に抜け出す。それに続くのがリカルド、ハミルトン、そしてマクラーレンの新人ケビン・マグヌッセン。可夢偉は混雑の中でフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)と接触しつつ、コース外に大きく膨らんでしまった。

1周目が終わった時点でのオーダーはロズベルグ、リカルド、マグヌッセン、ハミルトン、ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、ジャン-エリック・ベルヌ(トロ・ロッソ)、キミ・ライコネン(フェラーリ)、ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)、ボッタス。可夢偉とマッサはコースサイドでストップしてレースを終え、ビアンキはガレージにとどまっている。

ハミルトンにはチームからエンジンを温存するべくリタイアするよう無線が入ったが、直後にレース続行の指示に変わり、結局は4周目にレースを終えている。5周目にはベッテルもスロー走行でピットへ帰還し、そのままマシンを降りた。

コース上ではライコネンがポジションを上げて僚友の後ろについている。しかし、後方からさらに良いペースでオーバーテイクを連発するのがボッタスで、8周目までにライコネンのすぐ後ろに迫った。

ライコネンをもかわしたボッタスは次なるターゲットをアロンソに定めて攻めの走りを続行するも、ウオールに接触して足回りにダメージを負い、右リアタイヤが外れてしまう。

ボッタスはゆっくりとコースを回って新しいタイヤでコースに復帰したが、このインシデントの影響でイエローフラッグが掲示され、13周目にはセーフティカーが出動。すかさずジェンソン・バトンがピットへ入り、大きくポジションを上げている。

他のドライバーたちもそれに続き、この機にタイヤ交換を実施した。2台並んでいたフェラーリコンビは同時ピットインで後ろのライコネンがやや待たされてしまう。トップ10はロズベルグ、リカルド、マグヌッセン。ヒュルケンベルグ、アロンソ、バトン、ベルヌ、ライコネン、スーティル、クビアトという序列に落ち着き、16周目にレースが再開された。

12番手に下がっていたボッタスは20周目までに得点圏内に再浮上する。だが、DRSにトラブルの兆候が出ている模様で、チームからは注意深く使用するべく指示が飛んだ。

中盤はトップ3のロズベルグ、リカルド、マグヌッセンが大きく間を空けて走行する一方、4番手ヒュルケンベルグからアロンソ、バトン、ベルヌ、ライコネンまではそれぞれが1秒以内の接戦に。ただし、ライコネンは26周目にタイヤをロックさせてベルヌから2秒以上後方に下がってしまった。

29周目にはケータハムのマーカス・エリクソンがターン4でストップしてリタイア。また、31周目にタイヤ交換を終えたばかりのマルドナドもコースサイドでマシンを止めてしまった。これでリタイアは6人を数えている。なお、スタート直後からガレージでマシンの調整作業を続けていたビアンキは途中からレースに復帰し、この時点でトップから4周遅れの場所を走っている。

33周目にバトンがピットインし、翌周には迫るアロンソを何とか抑え続けた4番手ヒュルケンベルグとベルヌもタイヤを交換。他のメンバーも続々と2回目のピットストップを実施し、1周前にタイヤを替えたヒュルケンベルグのすぐ前でコース復帰したアロンソはまだ熱の入っていないタイヤでヒュルケンベルグの攻撃をしのいでいる。

先頭のロズベルグが38周目の終わりにタイヤを履き替え、一連の動きでトップ10の序列はロズベルグ、リカルド、マグヌッセン、バトン、アロンソ、ヒュルケンベルグ、ベルヌ、ボッタス、ライコネン、クビアトに入れ替わった。ほとんどのメンバーがラストスティントのタイヤとしてオプションからミディアムに交換している。

サバイバルレースとなったオーストラリアGP決勝7人目の脱落者はグロージャンで、45周目にマシンをコース外に導いてリタイアを喫した。47周目にはベルヌがミスを犯し、そのチャンスを逃さずにボッタスが前に出ている。

後方でボッタスが躍進を見せるのと時を同じくして、前方では3番手マグヌッセンがリカルドの背後にぴったりとつけていた。2人のバトルは最後までもつれ込んだが、ラスト2周に入った時点でギャップは2秒に開いてしまい、リカルドが2番手をキープする。その間にボッタスが6番手、ライコネンが8番手にポジションアップした。

アルバート・パークをオレンジ色の夕日が染める中、スタート直後以外はバトルとは無縁で走り抜いたロズベルグが後続に24.5秒の差をつけてトップチェッカーを受けている。

リカルドがレッドブル移籍後初戦にしてキャリア初の2位表彰台を決め、マグヌッセンがデビュー戦3位という快挙を達成。4位以降にはバトン、アロンソ、ボッタス、ヒュルケンベルグ、ライコネン、ベルヌと続き、クビアトもデビュー初戦でポイントを手にした。

11位からはセルジオ・ペレス(フォース・インディア)、エイドリアン・スーティル(ザウバー)、グティエレス、チルトンと続き、ビアンキが規定周回には届かないながらもトップから6周遅れでラインを通過した。

ダブルリタイアに終わったロータスはMGU-Kに問題が発生したことを明かしている。ハミルトンのリタイア理由はエンジンシリンダーのミスファイアだったとのことだ。

なお、スチュワードはレース後の審議でリカルドの燃料流量が規定量を上回っていたとしてレース結果から除外するとの裁定を下した。これにより、3位以降のドライバーの順位が一つずつ繰り上がり、マグヌッセンとバトンがマクラーレンにW表彰台をもたらしている。長時間の審議の後に下されたこの裁定に対し、レッドブルは即時抗告する意向を示している。

次戦マレーシアGP最初のセッションである金曜フリー走行1回目は28日(金)日本時間11時スタート予定。次戦もお楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.