オーストラリアGP

/ News

  • オーストラリアGP

メルボルンでナイトレース希望の声

Me
2013年3月6日 « デ・ビロタ、スペインのF1番組の出演者に | ウィリアムズ、チャベス大統領へ哀悼の意 »
たびたび浮上しては消えるメルボルンのナイトレース構想 © Sutton Images
拡大

F1の主要関係者の間からオーストラリアGPのオーガナイザーに対し、シンガポールのようなナイトレース形式を求める声が上がっている。

多くの視聴者がいるヨーロッパでの放送を見やすい時間帯にしようと、F1最高責任者のバーニー・エクレストンはかねてこのアイデアを積極的に提案してきたが、州政府は却下し続けてきた。

それでなくてもアルバートパークでのイベントはビクトリア州内で議論を呼んでいる。反対派は納税者の負担を受け入れられないと強硬な姿勢で、政府側までもが既存の2015年を越えた新契約を拒否。

エクレストンは最近こう述べている。「われわれとしては永久にメルボルンへ行きたいと思っているのだが、批判されてしまう。なぜなのか分からない」

しかし突然、地元紙『Herald Sun(ヘラルド・サン)』が言うところのF1界の"大物"トリオが、同グランプリのナイトレース案に賛同し始めたという。

2008年のワールドチャンピオン、ルイス・ハミルトンは通常の昼間のレースと3年置きで交互に人工照明を使ったナイトレースを開催するアイデアを支持すると語った。

「変化があるとうれしいね。毎年同じだから」と彼は述べた。

オーストラリア出身のダニエル・リカルドも同意する。「それはいい折衷案だ」

さらにレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表もコメントしている。「視聴者のいる場所を考えれば、メルボルンでのナイトレースというのは非常に興味深い」

© ESPN Sports Media Ltd.