アブダビGP

/ News

  • アブダビGP - チーム総括

さまざまな条件が重なり、ベッテル大逆転

Kay Tanaka
2010年11月15日 « アブダビGP決勝後の記者会見パート2 | エアアジアの制服を支給されたブランソン »

劇的な展開になった2010年F1世界選手権最終戦アブダビGPを制し、ワールドチャンピオンシップを獲得したのはセバスチャン・ベッテル(レッドブル)だった。

最速マシンを手にしているのはレッドブルだったが、アブダビGPの週末はマクラーレン勢が強さを発揮していたこともあり、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が有利との見方が強かった。それでも、今シーズン10回目のポールポジションから5勝目をマークしたベッテルが、アロンソの後退にも助けられて2010年のワールドチャンピオンに輝いた。

オープニングラップに発生したクラッシュによりセーフティカーが導入されたアブダビGP。その状況を確認してマシンをピットに呼び寄せた3つの中団チームが、いずれもポイント獲得を果たした。一方、新規参入3チームもデビューイヤーの戦いを終え、激しいバトルとなった"コンストラクターズ選手権10位争い"も決着している。

【マクラーレン】
ジェンソン・バトン(予選:4番手/決勝:3位)
ルイス・ハミルトン(予選:2番手/決勝:2位)

予選で上位につけたマクラーレン勢は、スタートでバトンがアロンソをかわして3位に浮上すると、その後もアロンソやウェバーの追随を許さない好ペースを維持。ベッテルにチャレンジする速さはなかったものの、シーズン最終戦でダブル表彰台を達成した。シーズン序盤から中盤にかけては力強さを誇っていたマクラーレンは、後半戦でポイントを拾いきれなかったことでタイトル争いから離れてしまった。

【メルセデスGP】
ミハエル・シューマッハ(予選:8番手/決勝:リタイア)
ニコ・ロズベルグ(予選:9番手/決勝:4位)

シューマッハはオープニングラップの混乱の中、シケインで単独スピンを喫し、後方からやってきたリウッツィと激しくクラッシュした。リウッツィのマシンがシューマッハの顔面まで接近したものの、ギリギリのところで大惨事は免れている。その事故で導入されたセーフティカーを利用し、ピットストップを行ったロズベルグ。プライムタイヤで54周を走るという作戦は、今週末のチームがプライムに絶対の自信を持っていたからこそできた戦略だ。昨年のチャンピオンチームはランキング4位で2010年を終えている。

【レッドブル】
セバスチャン・ベッテル(予選:ポールポジション/決勝:優勝)
マーク・ウェバー(予選:5番手/決勝:8位)

シーズン最多となる10度のポールポジションやアロンソと並ぶ最多勝(5勝)を記録したベッテルが2010年のワールドチャンピオンシップを制した。レースではスタートでしっかりトップを維持し、その後もペースを崩すことなくほぼ独走。タイトル獲得の可能性はアロンソの位置にかかっていたが、5位以下でフィニッシュしたことでベッテルの戴冠が決定した。ウェバーはスタートでアロンソをかわせず、その後も常にアロンソのリアウイングを見て走る55周となった。

【フェラーリ】
フェリペ・マッサ(予選:6番手/決勝:10位)
フェルナンド・アロンソ(予選:3番手/決勝:7位)

アロンソにとっては、さまざまなことがうまくいかないレースになった。ヤス・マリーナ・サーキットは最終コーナーが右曲がり、第1コーナーが左曲がりということで奇数&偶数グリッドの優劣がつきにくい。3番グリッドからスタートしたアロンソは隣のバトンにかわされてしまい、その直後にセーフティカーが導入された。このセーフティカーのタイミングで中団以下の数台がピットインを選択したのだが、結局アロンソを苦しめた要因の1つは、ペトロフやその前方でゴールしたロズベルグということになる。さらにフェラーリは、"ウェバーの前でゴールする"ということに固執した戦略を展開。ウェバーのピットストップに続いてタイヤ交換を実施したためにウェバーの前でコースに戻ることは可能となったが、ペトロフやロズベルグらに先を行かれてしまう。細かな判断のズレが重なり、ベッテルにタイトルをさらわれてしまったと言えるだろう。マッサはコース上でウェバーを抜いてレッドブル勢にプレッシャーをかけたいところだったが、うまくいかなかった。

【ウィリアムズ】
ルーベンス・バリチェロ(予選:7番手/決勝:12位)
ニコ・ヒュルケンベルグ(予選:15番手/決勝:16位)

中団争いの核を担うチームとしてポイント争いが常であったウィリアムズだが、今回はノーポイント。7番手スタートのバリチェロはセーフティカー導入のタイミングもあり、ロズベルグやペトロフといったドライバーたちにポジションを奪われてしまった。前戦でF1初ポールポジションに輝いたヒュルケンベルグも、予選位置より1つ下の順位でルーキーイヤーを締めくくっている。

【ルノー】
ロバート・クビサ(予選:11番手/決勝:5位)
ヴィタリー・ペトロフ(予選:10番手/決勝:6位)

開幕戦からブラジルGPまで18戦連続で予選Q3に進出していたクビサが、最終戦ではQ2敗退を味わった。それでも、確実にポイント圏内に進出し、コース上では素晴らしいオーバーテイクも決めて5位入賞。ペトロフはセーフティカー導入時にピットストップを行う判断が功を奏し、アロンソを逆転することに成功。約40周にわたってアロンソを抑え込むことができたのは、今シーズン後半にルノーが力を入れたFダクトの効果も大きかった。来シーズンのシートが確定していないペトロフだが、"ロシアマネー"の持ち込み以外にもチームに貢献できることをコース上で証明した。

【フォース・インディア】
エイドリアン・スーティル(予選:13番手/決勝:13位)
ビタントニオ・リウッツィ(予選:16番手/決勝:リタイア)

オープニングラップでスピンしたシューマッハを避けきれず、メルセデスGPのマシンに乗り上げてしまったリウッツィ。スーティルはピットストップを引き延ばす作戦に出たが、上位進出を果たせずノーポイントに終わった。前戦ブラジルGPでウィリアムズにコンストラクターズ選手権6位の座を奪われたが、最終戦もノーポイントだったため、わずか1ポイント差で7位に甘んじている。

【トロ・ロッソ】
セバスチャン・ブエミ(予選:18番手/決勝:15位)
ハイメ・アルグエルスアリ(予選:17番手/決勝:9位)

セーフティカー導入時にピットストップを行ったのがアルグエルスアリ。17番手スタートながら、2ポイントをもぎ取って見せた。一方、ブエミもポジションアップを果たしたものの、入賞圏には届かず。シーズン終盤にかけてチームからの評価はブエミよりもアルグエルスアリのほうが高くなっているようだが、今週末もアルグエルスアリが先行してシーズンを終えている。

【ロータス】
ヤルノ・トゥルーリ(予選:19番手/決勝:21位完走扱い)
ヘイキ・コバライネン(予選:20番手/決勝:17位)

トゥルーリは終盤にリアウイングが脱落したことでレースをあきらめたが、完走扱いとなった。バックストレートの中ほどでリアウイングを失ったために早めのブレーキングでクラッシュを回避したが、ストレートエンドで同じ事態に陥れば大きな事故も予想された。コバライネンは新チームの最上位でゴールしている。

【HRT】
クリスチャン・クリエン(予選:24番手/決勝:20位)
ブルーノ・セナ(予選:23番手/決勝:19位)

初めて走るヤス・マリーナ・サーキットで完走を果たしたクリエンだったが、ルーキーのブルーノが1つ上の順位。チームは今シーズン9度目のダブル完走を果たしている。

【BMWザウバー】
ニック・ハイドフェルド(予選:14番手/決勝:11位)
小林可夢偉(予選:12番手/決勝:14位)

セーフティカー導入時に2台共にステイアウトさせたザウバー。両者ともにオプションタイヤからのスタートを選択し、可夢偉は一時4番手まで浮上したが、ピットストップで後退。決勝のオプションタイヤの持ちを考えれば、プライムスタートで終盤の追い上げを図るという戦い方もできたかもしれない。ハイドフェルドも後一歩で入賞できなかった。

【ヴァージン】
ティモ・グロック(予選:21番手/決勝:リタイア)
ルーカス・ディ・グラッシ(予選:22番手/決勝:18位)

ロータスとし烈なチームランキング10位バトルを繰り広げたヴァージンだったが、最終戦はエースドライバーのグロックがトラブルで戦線離脱。ディ・グラッシもコバライネンの後ろでゴールしている。

© ESPN Sports Media Ltd.