アブダビGP

/ News

  • アブダビGP

アブダビGP金曜日の記者会見パート2

Me
2010年11月13日 « アブダビGP金曜日の記者会見パート1 | カンタス航空、冠スポンサー継続 »
フェラーリにとってアブダビGPは準ホームレースと言えるかもしれない © Press Association
拡大

アブダビGP初日後に行われたFIA主催の公式記者会見に、4チームの首脳が参加した。会見の後半では、4人に各メディアからさまざまな質問がぶつけられている。

Q: ステファノ、あなたはフェラーリでドライバーズタイトル獲得を経験していますが、クリスチャン(ホーナー)にはそれがありません。この瞬間、あなたにとって何らかのアドバンテージになると思いますか?

ステファノ・ドメニカリ: 私はそうは思わない。

Q: フェラーリにとってはいかがですか?

ドメニカリ: ご親切に訂正をどうも。でも、そうは思わないよ。この瞬間に大事なことは、自分たちの素質をすべて引き出し、問題や悪い部分を一定のレベルにコントロールすることだ。私がクリスチャンにアドバイスできることがあるとすれば、すでに今年のチャンピオンシップを1つ手に入れているのだから、不足分はカバーできている。その点では怖いものなどないよ。

Q: ステファノ、ディートリッヒ・マテシッツが言うには、フェラーリがホッケンハイムでしたのと同じことをするくらいなら、2位で構わないとのことです。反論があるのではありませんか。

ドメニカリ: 私にはないね。マテシッツ氏にはタイトル獲得の祝辞を述べたい。常に言っているが私はフェラーリを代表している。レッドブルのタイトルを祝福する以外に付け加えることは何もない。

Q: 私たちはシーズンを終えようとしています。そこで皆さんに質問です。結局のところ、ミハエル・シューマッハの復帰をどう評価されますか?

アダム・パー: どうしてノルベルト(ハウグ)は必要な時にいないんだ? 私はこれまでノルベルトと2回記者会見に出席しているが、いつもこの質問攻めだね・・・いつまで聞き続けるつもりだい? みんなそれぞれ意見があるだろうが、私がそれを言ったところで何の意味もない。彼のキャリアをどう考え、今年をどう評価するか、それはメルセデスGPとミハエル・シューマッハが判断することだ。彼が7度のワールドチャンピオンなのは明らかで、非常に才能ある優秀なドライバーなのは確か。今年がどうだったからといって、彼の偉大な業績は変わらない。

ドメニカリ: アダムの意見の最後の部分に同意する。マイケル(シューマッハ)は友人であり、昨年末彼がうちのチームにいた時に話し合ったことを尊重する。内部で話し合っていたんだよ。われわれの間の秘密だけどね。だが、私は彼に賛成だ。7度のワールドチャンピオンはほかの誰にもできない業績だ。少なくとも短期間ではね。

マーティン・ウィットマーシュ: 7度のワールドチャンピオンだからこそ、落胆しているんじゃないかな。はっきり言おう。彼は今シーズンにガッカリしているよ。彼はウイナーで、何度も何度もレースに勝ってきている。だ、ドライバーの力だけでなく、チーム、マシンの力も必要だ。成功も失敗も、皆の責任。マイケルを無価値とみなし、彼が来年活躍できないなどと信じているとしたら、それは大バカ者だよ。メルセデスには大きな伝統があり、今もわれわれの強力なパートナーだ。去年のこの時期、彼らはヒーローだった。タフな1年を過ごしたが、優秀な人がそろっているし、いいチームで、2人の優れたドライバーがいる。そのうち1人は残念なシーズンを過ごしたがね。だが、この中で彼らを過小評価し、来年成功する能力がないなどと考える者はいない。彼は確かに落胆している、それは確実だ。ステファノのような人ならもっとよく彼を知っているだろう。だが、次のシーズンに彼が強くなって戻って来ないという理由はどこにもないんだ。

クリスチャン・ホーナー: 7度の王座を獲得し、90戦以上を戦って、40歳を超えてから"OK、復帰するよ"と言うのはとてつもなく勇気のいることだ。カムバックを決めた彼を尊敬するよ。今年のマシンは最強じゃなかった。今シーズンに満足しているとは思えないが、とても意欲的なドライバーだし、F1に彼が戻ってきたことは良かったと思う。もっと速いマシンに乗ってほしいね――われわれの後ろにいる限りは、の話だけど。来年も彼がいることをうれしく思っているよ。自分が若い気分になれるしね。

Q: 今年、ウィリアムズといくつか異なるエンジンを結びつけるうわさがいくつかありました。うわさに終止符を打っていただけませんか? フォルクスワーゲン、ポルシェといった名前が出ていますが・・・コスワースで決定と断言できますか?

パー: 今、マシンの後ろに載ってるのは間違いなくコスワースだよ。

Q: それで、今後は?

パー: 明日もコスワースだ。

Q: 来年は?

パー: 来年も、コスワースだ。

ドメニカリ: E vai(言ったね)! 聞いたかい!

Q: エンジンの話題を続けます。クリスチャン、ルノーが来年ロータスへの供給を発表しました。レッドブルが今年と同じクオリティのサービスとサポートを受けられるという保証はありますか?

ホーナー: 過去4シーズンにわたり、われわれはルノーと素晴らしい関係を築いてきた。彼らはあらゆる保証を与えてくれたよ。良いパートナーシップであり、成功を収めている。われわれのすべての勝利がルノー・エンジンでのものだ。彼らは今年のパフォーマンスのキーパーソンでもあった。もう少しパワーがあればうれしいが、それについてはマーティンと話している。いやとにかく、ルノーが長期的にスポーツにコミットしてくれるのは素晴らしいよ。彼らはF1で長い経験を持っており、契約を延長できてとてもポジティブな気分だ。

Q: クリスチャン、あなたは今までコンストラクターズ選手権で勝つとはどういうものかを思い描いてきたことでしょう。それを現実にして以降も、別の話題について話し続けなければならないというのは奇妙な感じではありませんか? そちらの話題で埋め尽くされているようですが。

ホーナー: 面白いよ。おそらく大部分のチームが内心一番大事だと考えてるのはコンストラクターズ選手権だと思う。各部門がお互いに評価し合い、マシンのパフォーマンス、チーム、製造部門、ドライバーのコンビネーションで決まる選手権だ。レッドブルがF1に来て、非常に短期間で結果を残したということは大いに評価されるべきで、貴重なゴールだ。ほんの6年前、ディートリッヒ・マテシッツがある展望を抱いた。中には嘲笑する人々もいただろうが、われわれはそれを支持し、素晴らしい人々、2人の優秀なドライバーを集めた。すべてのサプライヤー、裏方のスタッフの多くの熱意と支援によって、コンストラクターズ・ワールド・チャンピオンシップという究極のゴールを達成したんだ。もちろん名高いのはドライバーズタイトルだし、2人のドライバーはそれを射程内に収めている。だが、先週の日曜の後にミルトン・キーンズでわき起こった歓喜は言葉にできないほどすごかったよ。これほどの伝統を持つマクラーレンやフェラーリを相手に戦い、最終的に彼らを倒すことができたということに、チームの1人1人と世界中のレッドブル・グループのメンバーが誇りを感じた。われわれの受け取った反応はファンタスティックなものだったよ。ここでのリザルトに関係なく――もちろんケーキにさらなるトッピングが追加されることを願うが――月曜日にオーストリアを経由して火曜にイギリスに戻ったら、存分にこの成功を祝うつもりだ。

Q: クリスチャン、レッドブル・レーシングはマテシッツ氏の展望を実現し、あなたもゴールを達成しましたが、これからレッドブルはどこへ向かうのですか? 掲げた目標は達したわけです。あなた方は車を売っているわけではなく、親会社はドリンクメーカですね――これはマテシッツ氏にすべき質問でしょうから答えにくいでしょうが――次はどうされるのですか?

ホーナー: エナジードリンクメーカーがF1に加わるというのはとても素晴らしいと思う・・・現行レギュレーションのおかげだよ、独立チームが勝てるなんてね。レッドブルは意欲を持ってF1に来て、正しさを証明し、地位を確立した。われわれは楽しみを提供したと思うし、スポーツにやや異なる情熱をもたらしたのではないだろうか。多少の変化はあるだろうが、1つの目標を達成した今、より困難な次のターゲットはこの位置にとどまること。この人たちはじっとしていてはくれないからね。彼らは恐るべきチームで、恐るべきリソースを持っていて、反撃してくる。次の挑戦は維持すること。レッドブルはF1に専念しているし、会長の心の中にF1は重要な位置を占めている。彼の展望、献身なくしてわれわれはここにいない。彼に情熱があり、F1こそが参加するべきスポーツだと考える限り、われわれは参戦し続ける。これを多くの成功の第一歩として、積み重ねていければうれしいね。

Q: ステファノ、いよいよシーズンのクライマックスです。チームはアブダビと強いつながりがあり、多くのゲストを迎え、多数の目が期待を持って見つめています。それによって普段の週末と同じように――あるべき心構えで――仕事をこなすことが難しくなりはしませんか?

ドメニカリ: お分かりだろうが、われわれはここでF1以外のビジネスも手がけている。だが、これらはすべて良いレースウイークエンドを過ごすためのものだ。決して軽んじているわけではないが、平行したビジネスが進んでおり、協力してくれているアブダビ政府には大変感謝している。とてもユニークなもので、壮大な事業だ。われわれの伝統にも関係し、アブダビがパートナーとして共に展望を持って動いてくれていることは非常に重要で素晴らしい。もちろん、われわれ自身は主な目的に集中している。ある種のプレッシャーはあるが、それもゲームの一環。過去にも何度か経験している。もちろん成功すれば付加価値がつくことになる。物事が正しい方向に行かなかった場合は、現実的になるしかない。ここまで状況を挽回したことをチームは喜ぶべきだよ。夏頃にわれわれがこうしてタイトル争いできると考えた者はそう多くなかったはずだ。われわれのことを、世界をかけずり回る愚か者だと言う人々の戯れ言に耳を貸さず、最善を尽くそうとしたチームにとっての大きな報酬だ。チームと、ドライバーたちにとってのね。このシーズンの終わりを見届けよう。

ホーナー: ところで、あなたたちのジェットコースターにはもう乗った?

ドメニカリ: 後で君とご一緒しよう。

ホーナー: 私は昨夜乗ったんだが、あれほど怖かったのは生まれて初めてだよ! フェルナンドがあの調子で日曜日にスタートしたら、大変だ。

Q: マーティン、ジェンソンはマクラーレンに来てすぐになじむことができたと言っています。思ったよりも早かったと。それはチーム内にどのような好影響を与え、それが今シーズンどんな利益を生みましたか?

ウィットマーシュ: ジェンソンは素晴らしいチームプレーヤーだった。さすがに昨年チャンピオンになっただけある。とても大人で成熟した、知的なドライバーだよ。彼が今年前半いくつかレースに勝ったことは良かったし、それはレース中に彼自身が賢く頭を使った功績だ。ルイスとも信頼し合える良い関係を築き、チーム内にハーモニーが生まれた。何度か勝利も味わったが、すべてのレースを思うように楽しめたわけではない。だがチーム内の精神と勝利への欲求は高く、今も勝とうとしている。ただ、どうなったとしても来年は他のチームに勝ち、今年以上にいい仕事をするつもりだ。ジェンソンは本当に早くわれわれの仕事のやり方を覚え、尊重してくれた。彼の貢献度は高く、われわれを向上させてくれた。われわれも彼の向上に貢献したい。

© ESPN Sports Media Ltd.