アブダビGP

/ News

  • アブダビGP - ペナルティポイント

アブダビで2名に罰点、出走停止はなくシーズンに幕

M.S.
2018年11月28日 « 最終戦では新規PUの投入はなし | ハースF1は上訴しないことを選択 »
© ESPNF1
拡大

2018年シーズンはペナルティポイントの累積によって出走停止処分を受けるドライバーが出ずに幕を閉じた。

ドライバーのスーパーライセンスに対して科されるペナルティポイントは12カ月有効。累積で12点に達すると当該ドライバーのスーパーライセンスが次戦まで停止されるため、実質的に次のレースに出場できない。

今季最終戦だったシーズン第21戦アブダビGPではフォース・インディアのエステバン・オコンが1ポイント、マクラーレンのフェルナンド・アロンソが3件の違反で計3ポイントのペナルティポイントをスーパーライセンスに加算された。

ブラジルGP:ブラジルでは罰点と戒告が3名ずつ
メキシコGP:ハートレーに2点加算、グロージャンの罰点は9に
US GP:グロージャンがさらに危機的な状況に
日本GP:レース中のバトルと減速不十分で計4名に罰点
ロシアGP:フェルスタッペンが累計7点に、最多はなおもグロージャン
シンガポールGP:グロージャンのペナルティポイントは10月末まで減少せず
イタリアGP:ペナルティポイントはフェルスタッペンのみ
ベルギーGP:接触の責任を問われたヒュルケンベルグとボッタス
ハンガリーGP:ペナルティポイント加算はボッタスのみ
イギリスGP:ライコネンとガスリーに2点ずつ加算
オーストリアGP:ベッテルとストロールにペナルティポイント
フランスGP:3名にペナルティポイント、グロージャンが最多タイ
モナコGP:モナコでのペナルティポイント加算はなし
スペインGP:バンドールンとグロージャンにペナルティポイント
アゼルバイジャンGP:4名に2点のペナルティポイント
中国GP:エリクソン、フェルスタッペン、ガスリーに罰点
バーレーンGP:一気に4ポイントを科されたハートレー
オーストラリアGP:母国で科された2点に不服のリカルド

© ESPN Sports Media Ltd.