アブダビGP

/ News

  • アブダビGP - 予選

好調ハミルトンがポール獲得、ロズベルグは2番手

Jim
2016年11月26日
© Gasperotti/Sutton
拡大

26日(土)、ヤス・マリーナ・サーキットで2016年FIA F1世界選手権第21戦アブダビGP予選が実施され、メルセデスのルイス・ハミルトンが今季最後のポールシッターの栄光をつかんだ。

ピレリがソフト、スーパーソフト、ウルトラソフトのドライタイヤ3種類を持ち込んだ今週末、予選Q3のタイヤにはウルトラソフトが指定され、レースではソフトとスーパーソフトを1セットずつ使用するが、それ以外の10セットはチームとドライバーがそれぞれ自由に選択してグランプリに臨んでいる。

初日のフリー走行を制したメルセデスコンビが最後のフリー走行で鳴りを潜める中、最速タイムを刻んだフェラーリのセバスチャン・ベッテルらライバルの追い上げにも注目が集まった予選は美しい夕日を背景に、気温26度、路面温度29度、湿度62%のドライコンディションでスタート時刻を迎えた。

ハースF1を先頭にトロ・ロッソやルノーが動き出し、ウルトラソフトで順次システムチェックを経てアタックラップへと移行する。メルセデス勢は開始から3分が経過した頃に出陣し、フェラーリはやや遅れて始動。レッドブルが最後にガレージを離れた。

Q1最初のアタックラップはハミルトンが1分39秒487をたたき出してトップに立ち、ロズベルグは1秒遅れの差をつけられる。レッドブルコンビのタイムが出揃った時点で、トップ5にはハミルトン、フェラーリのキミ・ライコネン、ベッテル、レッドブルのマックス・フェルスタッペン、ロズベルグが並んだ。

ウィリアムズ勢は2台ともスーパーソフトで最初のアタックを行ったが、バルテリ・ボッタスが9番手につけた一方、13番手に終わったフェリペ・マッサはウルトラソフトに履き替えて再度のアタックに臨んでいる。マッサは大きくタイムを改善し、9番手でQ2進出を決めた。

17番手以下で予選Q1敗退となったのはダニール・クビアト(トロ・ロッソ)、ケビン・マグヌッセン(ルノー)、フェリペ・ナッサー(ザウバー)、エステバン・オコン(マノー)、カルロス・サインツ(トロ・ロッソ)、マーカス・エリクソン(ザウバー)だ。

Q2はハミルトンが先頭でコースに向かい、僚友ロズベルグやフェラーリ勢が後を追う。レッドブル勢はスーパーソフトの新セットで出陣し、Q1で2回のアタックラップを走った面々の多くはユーズドのウルトラソフトを履いた。

ここでもハミルトンが好ペースを維持して1分39秒382を刻み、ロズベルグが0.1秒差の2番手に並ぶ。ライコネンとフェルスタッペンも1分40秒の壁を突破してトップ4に名を連ねたが、ベッテルとリカルドは1分40秒台にとどまっている。

Q2後半はトップ3に加えて5番手のベッテル、7番手と8番手に並んだフォース・インディア勢はガレージで戦況を見守ることに決め、残るドライバーがQ3進出を狙って再度のアタックに挑んだ。

11番手以下、Q2でノックアウトされたのはボッタス、バトン、エステバン・グティエレス、ロマン・グロージャン(共にハースF1)、ジョリオン・パーマー(ルノー)、パスカル・ウェーレイン(マノー)。バトンはF1ドライバーとして最後になる可能性が高い予選セッションだったが、トップ10入りはかなわなかった。

ポールシッターが決するQ3もハミルトンが真っ先にガレージを離れ、ライバルたちが背中を追いかけて出発。マッサは序盤のアタックを見送り、最後の一発に懸けた。1回目のアタックが終わり、トップは1分39秒013を刻んだハミルトン。ロズベルグは0.346秒遅れの2番手だ。そこにライコネンが続き、レッドブルコンビを挟んでベッテルは6番手につけていた。

マッサも加わった2016年シーズン最後の予選アタックは混戦を極め、最後までパーフェクトなラップを決めたハミルトンが1分38秒755をたたき出してポール獲得。ロズベルグも自己ベストを更新したが、0.3秒及ばず2番手に終わった。3番手も激しい争いが繰り広げられ、ライコネンとリカルドのバトルは0.015秒上回ったリカルドに軍配が上がっている。ライコネンに次いでベッテルがトップ5入り。フェルスタッペン、ニコ・ヒュルケンベルグ、セルジオ・ペレス(共にフォース・インディア)、アロンソが9番手、ラストレースに挑むマッサが10番手に入った。

ドライバーズ選手権王者が決するアブダビGP決勝レースは日本時間27日(日)22時にスタートする予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.