アブダビGP

/ News

  • アブダビGP

アブダビでマルシャの目撃情報も・・・

Me
2014年11月20日 « ビアンキ、ニースの病院に到着 | マルシャのアブダビ参戦成功ならず »
エクレストンの計らいでアブダビに到着したケータハムの資材 © Getty Images
拡大
関連リンク

マルシャのチームシャツを着たスタッフが19日(水)、アブダビのパドックで目撃されていた。

今週末のレース出走を願うチームがやってくるかもしれないとのうわさがあり、そのための準備をしていたフェラーリの関係者だったようだ。

また、資金が用意でき、マルシャが時間内に現れた場合に備えてヤス・マリーナ・サーキットのガレージも彼らの分が割り当てられていた。

同様に破産を申請し、オースティンとブラジルのレースを欠席したケータハムはすでにアブダビに来ている。

彼らが最終戦のために用意した資金はクラウドファンディングという方法で集めたもの。

バーニー・エクレストンはその方法を非難していたが、実はケータハムの生き残りのために手を貸したことを『BBC』に打ち明けている。

「彼らが(アブダビに)行きたがったので、われわれはただで運搬を行った」とF1最高責任者は述べた。

「少なくともある程度は手を貸したよ。本来ならする必要のなかったことだ。彼らのために追加で飛行機をチャーターまでした。少々限度を超えているが、とにかくやったことに違いはない」とエクレストンは付け加えた。

© ESPN Sports Media Ltd.