アブダビGP 2013

/ Commentary

フリー走行3

2013年F1世界選手権第17戦アブダビGP土曜フリー走行のセッションはこの後日本時間19時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2013年F1世界選手権第17戦アブダビGP土曜フリー走行の模様をお届けいたします。初日は前半のセッションでロータスのロマン・グロージャンがトップに立ち、ソフトコンパウンドが登場したフリー走行2回目はセバスチャン・ベッテルが1分41秒335の最速タイムを記録しました。同じレッドブルマシンを駆るマーク・ウェバーが2番手に続き、メルセデスのルイス・ハミルトンが3番手に入っています。

4番手はロータスのキミ・ライコネン、チームメイトのロマン・グロージャンはセッション中にトラブルに見舞われ、コース上での時間を失ってしまいました。その後、作業を再開したもののソフトタイヤでのクイックラップを走ることなくロングランに専念。さらにライバルよりも数分早くマシンを降りています。最終的にグロージャンのベストタイムは12番手でした。

ハミルトンの相棒ニコ・ロズベルグは5番手に入り、マクラーレンのセルジオ・ペレスとジェンソン・バトンが6番手と7番手に続いています。フェラーリはフェルナンド・アロンソが8番手、フェリペ・マッサが10番手。

土曜日のヤス・マリーナも晴れ間が広がり、気温36度、路面温度47度、湿度19%のコンディションです。予選前最後のフリー走行が間もなく始まります。

セッションがスタートしました。ロータスのキミ・ライコネンとロマン・グロージャンが早速コースイン。マルシャのマックス・チルトン、ザウバーのエステバン・グティエレスが続きました。

さらに次々とマシンがコースになだれ込んでいきます。

レッドブルのベッテルも始動。フェラーリはフェリペ・マッサが先にガレージを離れ、すぐにフェルナンド・アロンソもコースに向かいます。

インストレーションラップを終えたドライバーたちがピットに戻ってきました。

グロージャンはピットレーンに入る手前でマシン右側のバイブレーションを感じると報告。

今のところ2周目に突入したのはレッドブルのベッテルのみ。

相棒のウェバーはすでにピットに帰還しています。

ベッテルは4連覇を記念して特別仕様のヘルメットを投入。ゴールドに彩られたヘルメット頭部には4回のタイトル獲得を意味する"IV"が刻まれています。

ベッテルは2周を走ってピットに戻ります。メルセデスのロズベルグとハミルトンも2周目に入りました。

現在コースに出ているのはメルセデス勢に加えて、ケータハムのシャルル・ピック、フォース・インディアの2台です。

まだケータハムのギド・ヴァン・デル・ガルデだけが一度もコースに姿を見せていません。

メルセデス勢も2周のインストレーションラップを完了してピットへ。ヴァン・デル・ガルデがコースインしています。

ケータハムはそのままプログラムを開始したようで、ピックが1分52秒337を刻んできました。

フォース・インディアはディ・レスタとスーティル共に2周を走ってピットに帰還。

マルシャの2台とトロ・ロッソのダニエル・リカルドが再びコースに向かいます。一度ピットに戻ったディ・レスタがすぐにまたコースに出て行きました。

ピックは1分50秒台にペースアップするも、ヴァン・デル・ガルデが1分47秒898をマークしてチームメイトを上回ります。

ロータス勢が揃ってガレージを出発。

マルシャのビアンキが最初のタイム計測を完了。1不運57秒107で周回しました。

ライコネンが1分45秒フラットを刻み、タイムシート最上位につけました。

セッションが始まって15分が経過。このセッションは予選とレースが行われる時間帯とは異なるためコンディションは変化すると思われますが、ロータスは積極的に走り込んでいくようです。

レッドブルのベッテルもプログラムをスタートした模様。

レッドブルのウェバーはガレージの後方でエンジニアたちと談笑中。本格的な走行はまだ始まらないようです。

コントロールラインを通過したベッテルのタイムは1分44秒117。ライコネンのタイムを0.9秒以上更新しました。

グロージャンはロングランに励んでいるようで、1分50秒台から1分49秒台にペースアップ。

フォース・インディアのスーティルは無線で「ドライブできない」と訴えます。どうやらオーバーステアに見舞われているようで、どこを走っても状況は変わらない様子。

ライコネンが1分43秒台に入れてきました。ただ、ベッテルもセクター2を通過して全体のベストタイム。

ベッテルは1分43秒795でまとめてトップの座を奪い返しました。

メルセデスの2台とマクラーレンのバトンがガレージを後にしました。

フェラーリ勢とレッドブルのウェバー、マクラーレンのペレスはインストレーションラップを1周走っただけで、以降はガレージでの待機が続いています。

グロージャンが自己ベストを更新。ここまでのベストタイムは1分44秒302を記録しています。ポジションはベッテル、ライコネンに次ぐ3番手。

マクラーレンがペレスをコースに送り出しました。

レッドブルのガレージではウェバーがコックピットに座って出陣の合図を待っています。

ロズベルグが1分46秒台を記録した一方、ハミルトンは2分05秒437とスローペース。仕切り直しのラップに臨んでいます。

フェラーリのアロンソとマッサ、レッドブルのウェバーもコースに加わりました。

ハミルトンは1分43秒872を刻んで2番手に飛び込みます。

マクラーレンのペレスはターン8に向けてタイヤをロックアップさせてしまい、タイムを残さないままピットに戻ってしまいました。

1分43秒823を記録して2番手に飛び込んだのはウェバー。ベッテルに0.028秒差です。3番手のハミルトンもトップのベッテルとはわずか0.077秒差で、上位3台が0.1秒以内の接戦となっています。

ロズベルグが1分43秒892をマーク。4番手にポジションを上げました。

ロズベルグもトップから0.1秒差のタイムを残しており、5番手のライコネンもベストタイムはベッテルと0.154秒のギャップしかありません。

セッションはすでに半分以上が終了していますが、先ほどフラットスポットを作ってしまったペレスはノータイムのまま3周しか走っておらず、現在もガレージにとどまっています。

先ほどオーバーステアを訴えていたフォース・インディアのスーティル、まだマシンの状態が決まっていないようで「最悪」だと無線で訴えています。スーティルによれば、アンダーステアになることもあればオーバーステアもあるとのこと。

ロズベルグが1分43秒784を刻んでトップに浮上! メルセデスとレッドブルの上位4台がすべて0.1秒差以内のタイムを残しています。

フェラーリのアロンソとマクラーレンのバトンがピットに戻ってしまいましたが、それ以外のドライバーは全員がコース上でそれぞれの作業に集中しています。

アロンソとバトンもすぐにまたコースに出てきました。

おお、ハミルトンが自己ベストを更新。チームメイトには0.001秒届きませんでしたが2番手につけています。

メルセデス勢のタイムを上回ったのがベッテル。1分43秒541をマークしました。

ロズベルグが再び最速タイムを塗り替えました。記録は1分43秒465。ベッテルのタイムを0.076秒上回っています。

タイムを見る限り、メルセデスはセクター1に強く、レッドブルはセクター2のタイムが良いようです。

メルセデスやロータスのライコネンなど、ピットに戻るドライバーが増えてきています。

セクター1で全体のベストタイムを刻んだベッテルですが、途中から前のマシンが増え、トラフィックにはまってしまいました。そのままピットに帰還。

お・・・マルシャのビアンキがストップしています。ターン1でスライド、スピンを喫してわずかにウオールにマシンをぶつけてしまったようです。ビアンキ本人にケガはないようで自力でマシンを降りました。

ビアンキはコース外の芝生上にマシンを停めています。

アクシデントから遅れてイエローフラッグが掲示されました。

その間、ほとんどのマシンがピットに引き上げてきています。

ペレスは周回数を8に伸ばしたものの、いまだノータイム。

今はトロ・ロッソのベルヌが走行しているだけでそれ以外のドライバーは全員がピットに戻ってきています。

マルシャマシンがクレーンに吊られて撤去されていきます。ビアンキはバイクでガレージに戻り、エンジニアたちに状況を報告。

ベルヌがピットに戻ってきました。入れ替わるようにバトンがコースイン。ヒュルケンベルグが続きます。

イエローフラッグが解除されました。

ザウバーのグティエレス、フェラーリのアロンソが合流。

各車、ソフトタイヤに履き替えてのコースインです。

コンパウンドをオプションタイヤに交換したドライバーたちが続々とガレージを離れます。

バトンが1分41秒956をマーク。タイムシート最上位に立ちました。ヒュルケンベルグは1分42秒フラット。0.099秒差で2番手です。

アクシデントに見舞われたビアンキを除く21台がコース上。

ハミルトンは1分41秒580を刻んできました。2番手のバトンに0.3秒以上のギャップをつけています。

ロズベルグは1分42秒フラットで3番手。

ライコネンは分42秒387でまとめて5番手です。

グロージャンが1分41秒台に入れて2番手に飛び込むも、ベッテルが1分41秒351をたたき出してトップタイム。

上位のオーダーはベッテル、ハミルトン、グロージャン、バトン、ロズベルグに変わりました。

さらにウェバーが4番手タイムを刻む!

ベッテルは2番手のハミルトンに0.229秒差をつけ、3番手に浮上したロズベルグはベッテルから0.370秒遅れています。

ハミルトンは最終コーナーでタイヤが4本ともコース外に出てしまいました。予選でこれをやってしまうとタイムが認められないとのお達しが出ています。

チェッカーが振られてセッション終了です。

ウェバーがセクター2を通過してトップを上回るタイム! 最終的に1分41秒571を刻んだウェバーは2番手でした。

このセッションの最速は1分41秒349をマークしたベッテル。ウェバーが2番手でレッドブルがまたまた1-2を達成しています。

3番手と4番手はメルセデスのハミルトンとロズベルグ。5番手にグロージャンが続き、バトン、ヒュルケンベルグ、グティエレス、ライコネンが9番手、トップ10最後はベルヌでした。

予選はこの後日本時間22時より開始されます。それではまた後ほどお会いしましょう!