アブダビGP 2013

/ Commentary

予選

2013年F1世界選手権第17戦アブダビGP予選のセッションはこの後、日本時間21時より開始予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2013年F1世界選手権第17戦アブダビGP予選の模様をお届けいたします。先ほど実施された土曜フリー走行はレッドブルのセバスチャン・ベッテルが1分41秒349の最速タイムを記録。0.222秒差の2番手にマーク・ウェバーが続き、レッドブルが1-2で最後のフリー走行を締めくくりました。

レッドブル勢に次ぐ速さを示したのはメルセデス。ルイス・ハミルトンが3番手、ニコ・ロズベルグが4番手でした。

レースペースに優れるロータスはロマン・グロージャンが5番手だったのに対し、キミ・ライコネンは9番手。抜きにくいコース特性を考えると予選でできるだけ上位に進出したいところでしょう。

今週末、不調気味なのがフェラーリ。土曜フリー走行ではフェルナンド・アロンソが11番手、フェリペ・マッサが14番手にとどまりました。

夕日がキレイなヤス・マリーナ・サーキットは気温32度、路面温度36度、湿度52%のコンディションです。間もなく予選Q1がスタートします。

Q1が始まりました。先頭でコースに入っていったのはフォース・インディアのポール・ディ・レスタ。ザウバーのニコ・ヒュルケンベルグとマルシャのジュール・ビアンキが続きます。

マクラーレンの2台やメルセデスのロズベルグも始動しています。

ロータスはライコネンとグロージャンの2人をコースに送り出しました。

ディ・レスタがアタックラップに入りました。

フェラーリのマッサがコースイン。まだレッドブルの2人とフェラーリのアロンソは動かず。

ミディアムタイヤを履くディ・レスタは1分52秒651。

19台が走行するコース上ではところどころ渋滞が起きているようです。

暫定トップはトロ・ロッソのベルヌ。1分43秒442をマークしています。

ロズベルグが1分42秒台に入れてトップタイム。ライコネンは1分43秒309で2番手につけています。さらにルイス・ハミルトンが1分42秒573を刻んで2番手に。メルセデスが1-2態勢を築きます。

アロンソがガレージを離れました。

今のところ1分42秒台に乗せているのはメルセデスの2台だけ。グロージャンは1分43秒888のタイムで14番手の位置です。

フェラーリのマッサは1分43秒851を記録して13番手。アロンソがアタックラップをスタートさせています。

1分43秒245を刻んだアロンソは3番手。ただ直後にトロ・ロッソのベルヌが1分42秒台をマークしてアロンソを上回っています。

マクラーレンのペレスも1分42秒台に入れて3番手。ライコネンが1分42秒958で4番手に飛び込みました。

1分42秒279のタイムを残すロズベルグをトップに0.3秒差で相棒のハミルトンが続き、3番手のペレスはトップのロズベルグから0.6秒遅れです。

Q1は残り10分。まだレッドブルの2台は動いていません。

レッドブルの2人がノータイムのままですが、ノックアウトゾーンにいるのは他にグロージャン、ピック、チルトン、ビアンキの4人です。

ベッテルがここでコースイン。

少し遅れてウェバーもガレージを離れました。レッドブル勢はソフトタイヤをチョイス。一発でタイムを残してQ1突破を狙うようです。

ベッテルからアタックラップを開始。

その前にハミルトンが1分42秒231にペースを上げてトップに立っています。2番手に下がったロズベルグもギャップはわずか0.04秒。

ベッテルが最終コーナーを立ち上がってきます。

ベッテルのタイムは1分41秒683! 続いてウェバーは1分41秒568を刻みました! これでレッドブルが1-2態勢。

全車のタイムが出揃い、ノックアウトゾーンの17番手以降にいるのはマルドナド、マッサ、グロージャン、ピック、チルトン、ビアンキです。

グロージャンは担当の小松エンジニアからターン3でのアップシフトが早すぎると指摘されています。

ロータスのライコネンがレッドブル勢のタイムを上回ってきました! チームメイトのグロージャンが2番手に飛び込む!

さらにザウバーのヒュルケンベルグがソフトタイヤで4番手タイムを残しています。

最速タイムを更新したライコネンはピットに戻ります。すでにレッドブルの2台はガレージにマシンを収めてライバルの走行を見守っています。

メルセデスの2台が15番手と16番手に後退中・・・。

ロズベルグは2番手にポジションアップ! アロンソがそれを上回って2番手につけました。

Q1が終了しました。

フェラーリのマッサが1分41秒254を刻んでタイムシート最上位に!

路面コンディションが改善の一途をたどる中、ハミルトンが1分40秒台に乗せてノックアウトゾーンを脱出! Q1最速タイムを刻んでQ2へとコマを進めました。

Q1で姿を消すのはグティエレス、スーティル、ヴァン・デル・ガルデ、ビアンキ、ピック、チルトンです。

なお、マルシャのビアンキはギアボックス交換によるグリッド降格ペナルティを受けるため、レースは最後尾スタートとなります。

Q2のスタートまでしばしの休息です。

Q2がスタートしました。

Q1の様子を見るに、特に中団グループは100分の数秒を争う大混戦。予選トップ10入りをかけた戦いはさらに激しさを増しそうです。

フォース・インディアのディ・レスタがガレージを出発。すでに相棒のスーティルはQ1で予選を終えています。続いてコースに向かったのはマクラーレンのバトン。ザウバーのヒュルケンベルグも動き出しました。

レッドブルのウェバーとロータスのライコネンも始動。どのドライバーも選んでいるのはソフトのコンパウンドです。

メルセデス勢やフェラーリの2台、ベッテルもコースに入っています。

予選Q2の路面温度は土曜フリー走行時から10度以上下がって現在35度。

ディ・レスタが1分41秒477を刻み、バトンは0.4秒遅れ、ヒュルケンベルグがディ・レスタより0.3秒速く走って暫定トップに立ちました。

ウェバーはヒュルケンベルグに0.2秒届かず2番手。ライコネンが1分40秒台に乗せてきました。

セクター1の通過タイムはベッテルよりもメルセデスの2台が上。ハミルトンはセクター2も好タイムを刻んでいます。

ロズベルグが1分40秒473をマークしてトップに躍り出ます。後に続くベッテルとハミルトンのタイムはどうでしょうか?

ハミルトンは・・・ロズベルグに0.004秒及ばず2番手! ベッテルはメルセデスの2台から0.3秒遅れの3番手です。

まだタイムを残していないのはペレスだけ。セクター2を通過して現在最終セクターを走っています。

ペレスは1分41秒310を記録、8番手につけました。ウェバーが1分41秒116に自己ベストを更新しています。

16台のタイムが出揃い、トップ10につけているのはロズベルグ、ハミルトン、ベッテル、ライコネン、ウェバー、ヒュルケンベルグ、マッサ、グロージャン、ペレス、ベルヌ。

11番手以降のノックアウトゾーンにいるのはディ・レスタ、アロンソ、リカルド、マルドナド、ボッタス、バトンです。

一度ピットに引き上げていたディ・レスタが再度コースイン。他にはグロージャンが走っているだけで、それ以外のドライバーはピットに戻っています。

現時点で1分40秒台のタイムを残しているのはメルセデス勢とベッテル、ライコネンの4人だけ。他のドライバーはいずれも1分41秒台です。

予選Q3に進めるかどうかのボーダーライン、10番手のベルヌと11番手のディ・レスタはわずか0.011秒差。16番手のバトンも10番手とのギャップは0.4秒弱しかありません。

ディ・レスタが6番手にポジションアップ!

ハミルトンは再度のアタックを選んだようですが、ロズベルグはガレージで待機。ベッテルもコースには向かわず他車の走行を見守っています。

アロンソはセクター2でペースをゆるめてしまいました。仕切り直して最後のアタックに臨みます。

Q2はここでタイムアップ!

ウェバーがセクター1とセクター2で全体のベストタイムを刻んでいます。

ヒュルケンベルグが4番手に浮上! ハミルトンはコースに出たものの、アタックは行わずに引き上げました。

自己ベストを更新して順位を上げていたバトンですが12番手に後退! Q2敗退が決まってしまいました。

まだ数台がアタック中・・・。

なんと・・・アロンソがトップ10に入れず! 1分41秒台のタイムにとどまり11番手・・・。

最終的にここで予選を終えたのは11番手から順にアロンソ、ディ・レスタ、バトン、ベルヌ、マルドナド、ボッタスの6人でした。

Q3に進出したのはQ2のトップから順にロズベルグ、ハミルトン、ウェバー、ベッテル、ペレス、リカルド、ヒュルケンベルグ、グロージャン、ライコネン、マッサです。

ポールポジションを争うQ3のスタートまで再びしばしの休息です。

ポールシッターが決するQ3のスタートです。

すでにザウバーのヒュルケンベルグ、メルセデスの2台、トロ・ロッソのリカルドがコース上。ベッテルもガレージを出発しています。

マッサとペレスを除く8台が動き出しています。

ライバルよりやや遅れてペレスもコースに向かいました。マッサに動きはありません。

9台はいずれもオプションのソフトコンパウンドを履いています。

ペレスはタイムを計測しないままピットに戻っていきました。トロ・ロッソのリカルドも同様。

他の7人はアタックラップを開始しており、最初にコントロールラインを通過したヒュルケンベルグは1分41秒379。

7台のアタックラップが完了し、暫定トップは1分40秒091をマークしたベッテル。0.4秒差の2番手にロズベルグ、ハミルトン、ライコネン、ウェバー、グロージャン、ヒュルケンベルグが7番手です。

ヒュルケンベルグ、ハミルトン、ロズベルグの順でインラップを終えてピットに帰還。

その他のドライバーもピットレーンに入ってきています。最後にグロージャンがやって来てコース上は無人に。

ラストランに向けて今回もヒュルケンベルグが先頭でコースイン。ウェバーが続き、マッサもガレージを離れました。

ペレスとグロージャンがコースに向かい、10台がアウトラップを開始しています。

2番手以下に0.4秒のリードを築くベッテル。彼を打ち破るドライバーは現れるでしょうか!?

ウェバーのセクター1の通過タイムはベッテルを上回っています! セクター2は・・・こちらもマイナス表示!

チェッカーが振られて予選終了です。

まだ全車がアタック中・・・。

ベッテルはペースを落としたようです。

さて、ウェバーのタイムは・・・おお! 1分39秒957!! ベッテルのタイムを塗り替えています!

なんと・・・ハミルトンが最終セクターでスピン!

イエローフラッグが振られています。

ベッテルはタイムを伸ばせず2番手のまま!

ハミルトンに何があったのかまだ分かりませんが、ハミルトンはスピンした場所でマシンを停め、コックピットを離れています。

アブダビのポールポジションを獲得したのはウェバー。2番手にベッテルが続いてレッドブルがフロントローを独占しました。

3番手と4番手はメルセデスのロズベルグとハミルトン。5番手にライコネンが並び、ヒュルケンベルグ、グロージャン、マッサ、ペレス、リカルドが10番手でした。

アブダビGP決勝レースは3日(日)日本時間22時スタート予定です。それではまた明日お会いしましょう!