アブダビGP 2018

/ Commentary

フリー走行1

2018年F1世界選手権第21戦アブダビGP金曜フリー走行1回目のセッションはこの後、日本時間18時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2018年F1世界選手権第21戦アブダビGP金曜フリー走行1回目の模様をお届けいたします。史上最多タイの全21レースが組まれた今シーズンもついに最終戦を迎えました。舞台となるのは中東アブダビのヤス・マリーナ・サーキット。

メキシコでルイス・ハミルトンがドライバーズ選手権タイトルを勝ち取り、ブラジルでメルセデスがコンストラクターズ選手権制覇を決めた今年、すでにチャンピオンシップの王者は決まっているものの、まだランキングの順位を争うドライバーもチームもいるため、どの陣営もひとつでも上位でシーズンを締めくくろうと集中してアブダビへとやって来ました。

5連覇を成し遂げたメルセデスとキャリア5度目の戴冠を果たしたハミルトンがその勢いのままに最終戦を制すのか、ライバルのフェラーリやレッドブルがそれを阻むのか、接近戦が予想される今週末の戦いからも目が離せません。

また、今のチームでラストグランプリを迎えているドライバーや、すでに来季にはF1以外の道を歩むことが決まっているドライバーも多く、それぞれが思い思いの気持ちを抱えて今年の最終戦を迎えています。

現地の天候は晴れ、気温29度、路面温度43度、湿度36%のコンディション。間もなく金曜フリー走行1回目がスタートします。

ピットレーン出口のシグナルが緑に変わり、セッションが始まりました。

まずはフェラーリのキミ・ライコネンがコースへと出ていきます。ザウバーのマーカス・エリクソンも続きます。

マクラーレンのストフェル・バンドールンもコースへ、ウィリアムズはロバート・クビサがセルゲイ・シロトキンの代わりにこのセッションを走ります。

ザウバーのシャルル・ルクレールはこのセッションを走らず、アントニオ・ジョビナッツィが担当します。

まだタイムを出したマシンはありません。

1周から2周のインストレーションラップを終えて各車ピットへ戻ります。

コース上はライコネンのみが走行中ですがゆったりと走っているのでタイム計測にはまだ入らない模様です。

ライコネンもピットへ戻ります。

現在全車が一旦ピットへ戻ってガレージ内で微調整中です。

レースの時間帯とは違うのでゆったりとした出だしのセッションとなっています。

バンドールンがコースへ入りました。

バンドールンはハイパーソフトを履いての走行です。

コースに出ているバンドールン以外はまだ動きがありません。

バンドールンが今日最初のタイムアタックに入っています。

バンドールンはタイムを出すことなくピットへと戻りました。

バンドールンと入れ替わりで今度はフェルナンド・アロンソがコースに出ています。

このグランプリを終えるとF1を離れるアロンソのマシンは特別仕様のカラーリングとなっています。

アロンソがピットへ戻り、走行しているマシンはいなくなりました。

メルセデスのバルテリ・ボッタスがコースへ出ていきます。

ルノーのカルロス・サインツもコースへ向かいます。

ルイス・ハミルトンもコースへ出て現在は3台が走行をしています。

徐々に各チームが動き出しコースへ出るマシンが増えてきました。

ハースF1のロマン・グロージャン、トロ・ロッソのブレンドン・ハートレー、フェラーリのセバスチャン・ベッテルもコースへ出ています。

本日最初のタイム計測はメルセデスのボッタスで1分55秒540でした。

サインツが1分42秒586をマーク。ベッテルもタイムを出して1分41秒135。

ハートレーは1分42秒台、クビサは1分43秒台を出していきます。

ピエール・ガスリー、ケビン・マグヌッセンも1分42秒台を最初のアタックで出します。

メルセデスのハミルトン、ボッタスが一気にタイムを縮めて1分39秒台に入れてきました。

フォース・インディアのエステバン・オコンは1分40秒台から入っています。

レッドブルのダニエル・リカルドがここでタイムを出して1分39秒757でハミルトンに次ぐ2番手へ。

セッション開始から30分が経過しました。

ここまでメルセデス、レッドブル勢が4台が1分39秒台を記録しています。フェラーリの2台は1分40秒台のタイム。

ここまで18台がタイム計測をしており、マクラーレンの2台のみがまだタイムはありません。

ザウバーのアントニオ・ジョビナッツィが1分41秒662で8番手に食い込みます。

マックス・フェルスタッペンがトップタイムを更新、1分39秒287を出してきました。

ルノーのニコ・ヒュルケンベルグがタイムを上げて1分41秒915で11番手。

ザウバーのエリクソンがコーナー立ち上がりでスピンしたようでイエローフラッグが出ました。

エリクソンは自走できるようでイエローは解除になりましたが、フロントウイングをバリアにぶつけて破損したようでピットへ戻ります。

アロンソは1分42秒台を出してきましたのであとはバンドールンのタイムのみ出ていません。

現在コース上はライコネン、オコンの2台が走行中。

セッション開始から40分、ここで全車がピットへと戻ります。

ここまでエリクソンのスピンはありましたが、その他は大きなトラブルなく全チームがプログラムを進めている模様です。

この時間帯マシンが走行していないので静かな時間帯となっています。

一旦マシンから降りているドライバーも多く見られます。

ここまでのトップタイムはフェルスタッペンの1分39秒287、以下ハミルトン、リカルド、ボッタスの順となっています。

セッション開始から45分が経過しました。

セッションの前半を終えて、後半の最初に動きを見せるのはどのチームでしょうか。

サーキット周辺は雲一つない青空が広がっています。

メルセデスのガレージに動きがあり、ボッタスがコースへと出ていきました。

ウィリアムズのクビサとマクラーレンのバンドールンもコースに入りました。

ボッタスのタイヤはスーパーソフトタイヤとなっています。

ボッタスはタイム計測に入りましたが、5コーナーで曲がり切れずコースを飛び出してしまいました。

ハミルトンは新品のウルトラソフトタイヤで出ています。サインツ、ジョビナッツィも同様にウルトラソフトタイヤです。

タイムを出していなかったバンドールンですが、ようやくここで1分42秒114を出してきました。

ハミルトンはセクター1で自己ベストも後が伸びずに2番手のままです。

フェラーリの2台は現在はまだガレージにて作業をしている模様です。

ランス・ストロールは現在1分42秒259で17番手タイム。

グロージャン、マグヌッセンのハースF1勢は1分41秒台まで上げてきています。

レッドブルのフェルスタッペンが自己ベストを更新、唯一の1分38秒台に入れてきました。

フォース・インディアのオコンが自己ベストを更新、1分40秒102で5番手に上がります。

セッション残り時間が30分を切りました。

トロ・ロッソ勢ですがハートレーが12番手、ピエール・ガスリーは13番手のタイムとなっています。

来季レースドライバーへの復帰が決まったクビサは現在1分42秒992で20番手。

トップタイムのフェルスタッペンは現在ピットへと戻っています。

セルジオ・ペレスはセクター2のみ自己ベストを更新できず、1分41秒118で12番手タイム。

ザウバーのジョビナッツィは16番手、エリクソンは17番手タイムを出しています。

5番手のオコンから10番手のグロージャンまでが現在1分40秒台のタイムとなっています。

セッション開始時は43度だった路面温度も38度まで落ちてきました。

ようやくフェラーリのベッテルとライコネンもコースへ出てきました。

フェラーリ勢は2台とも新品のスーパーソフトタイヤを装着しています。

セッション残り時間が20分を切りました。

メルセデスのハミルトンとボッタスは現在ピットに戻っており、コースには出ていません。

現在5台がコースを走行中。

レッドブル、フェラーリ、マクラーレンの6台が走行を続けています。

リカルドもここで1分38秒台へ、2番手に上がります。

ここまで最多周回がクビサの21周、次いでボッタスの19周となっています。

ガレージに戻っていたメルセデスの2台もコースへ再度出ています。

ライコネンは6周オールドのスーパーソフトタイヤで1分40秒台。

大幅にタイムを更新するマシンはしばらくありません。

ここまではレッドブルが速さを見せています。

セッション残り時間が10分を切りました。

フェルスタッペンは10周を走ったハイパーソフトタイヤで出ています。

ターン20の縁石ですが表面が剥がれてコンクリート部分が見えていて、無線で避けるように指示が出ているチームもあります。

13台が走行中ですが、自己ベストを更新するマシンはありません。

セッション終了までにタイムを伸ばしてくるチームはあるのでしょうか。

セッション残り時間が5分を切りました。

マクラーレンの2台はこの時間帯でコースには出ていませんので、このセッションはもう出ないのかもしれません。

トロ・ロッソのガレージですが、ガスリーのマシンから煙が出ているようにも見えますが大丈夫でしょうか。ガスリーもマシンから降ります。

フェルスタッペンですが、右のフロントタイヤが厳しいと無線でチームへ伝えています。

コンディションの変わるFP2では、はたしてどのチームがタイムを伸ばしてくるのか。

チェッカーが振られてセッション終了です。

トップタイムはフェルスタッペンが記録した1分38秒491、同じく1分38秒台に入れたリカルドが0.454秒差の2番手につけ、ボッタスが3番手、ハミルトン、オコン、マグヌッセン、ライコネン、ベッテル、サインツ、グロージャンと続くトップ10でした。

フリー走行2回目はこの後、日本時間22時に開始されます。それではまた後ほどお会いしましょう!