30秒ごとに更新されます

今回のアブダビGPをもって2014年FIA F1世界選手権は全日程が終了。V6ターボエンジン時代に突入した今年はメルセデスが圧倒的な強さを誇った一年となりました。コンストラクターズ選手権制覇はもとより、ドライバーズ選手権ではハミルトンとロズベルグの両メルセデスドライバーが最終戦まで激しいタイトル争いを繰り広げ、過去4シーズンを通してトップに立ち続けたレッドブルとセバスチャン・ベッテルはついに王座を明け渡しています。

そのベッテルがフェラーリに移籍する来季も今年同様に見応えあるシーズンになる予感。跳ね馬を去ることになったフェルナンド・アロンソの移籍先はまだ明かされておらず、シーズンの戦いが終わった後もF1界では注目度の高い発表が続きそうです。それ以外のレースシートの行方を含め、F1最新情報をお届けするESPNF1をオフシーズンもどうぞご愛用くださいませ。

最後になりましたが、2014年もESPNF1のコメントライブにお付き合いいただき誠にありがとうございました。今後ともESPNF1をご愛顧賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

また来年の開幕戦でお会いできることを楽しみに・・・皆さま、どうぞ良いオフシーズンをお過ごしくださいませ。

55周目

ハミルトンがファイナルラップに入りました! マッサの追い上げを受けたハミルトンですが、ギャップは3秒と少しをキープしています。

さあ、ハミルトンが最終コーナーを立ち上がり・・・。

今、トップでチェカーを受けました! ハミルトンが二度目のワールドチャンピオンに!

マッサが2位でゴール、25秒ほど遅れてチームメイトのボッタスが3位フィニッシュを果たし、ウィリアムズがダブル表彰台でシーズンを締めくくります。

4位以下、入賞はリカルド、バトン、ヒュルケンベルグ、ペレス、ベッテル、アロンソ、ライコネンでした。

世界タイトルを手にしたハミルトンはドーナツターンで喜びを表現。コースマーシャルからユニオンジャックのフラッグを受け取ってウイニングランを続けます。

ロズベルグは14位ながら完走を果たしました。必死に闘い抜いたロズベルグにパディ・ロウが声をかけます。パルクフェルメに停車したロズベルグを大歓声が迎えました。

54周目

残り2周となって、メルセデスはロズベルグにピットインを指示しましたが、ロズベルグは最後まで走りたいと主張。チームもその思いをくんで許可しています。

ロズベルグはマッサにも周回遅れにされましたが、懸命にマシンをコントロールしてチェッカーを目指しています。

53周目

マッサがハミルトンとの差を3.6秒に縮めています。

ロズベルグはポイント圏外の13番手に後退。ラップタイムは2分台にまで落ちています。

ロズベルグのミラーにハミルトンが映り始めました。チャンピオンシップを争う2人ですが、最終戦はハミルトンがロズベルグを周回遅れにしようかという展開に・・・。

52周目

フェラーリの2台がロズベルグを追い抜いていきます。

スローダウンしているロズベルグは今にも止まってしまいそうな気配・・・それでもあきらめずにチェッカーを目指しています。

51周目

ベッテルがロズベルグを抜いていきます。これで9番手に後退したロズベルグ。

フェラーリはアロンソが10番手、ライコネンが11番手を走っています。チームとしてはどちらが10番手に入っても同じだけのポイント数ですが、ドライバーズ選手権を考えるとアロンソもライコネンもできるだけ多くのポイントがほしいところ。

全コメントを読む: レース 予選 フリー走行3 フリー走行2 フリー走行1
 
  • 2度のチャンピオンになったルイス・ハミルトン(アブダビGP/ヤス・マリーナ、2014年11月23日) 二度目のチャンピオンシップ制覇を成し遂げたルイス・ハミルトン(アブダビGP/ヤス・マリーナ、2014年11月23日) タイトルを獲得し感慨ひとしおのルイス・ハミルトン(アブダビGP/ヤス・マリーナ、2014年11月23日) 表彰台で感情的な表情を見せるルイス・ハミルトン(アブダビGP/ヤス・マリーナ、2014年11月23日)
  • パルクフェルメに駆けつけたメカニックたちと表彰台を祝うフェリペ・マッサ(アブダビGP/ヤス・マリーナ、2014年11月23日) スペイン国王のフアン・カルロス1世とフェルナンド・アロンソ(アブダビGP/ヤス・マリーナ、2014年11月23日) ウィル・スティーブンス(アブダビGP/ヤス・マリーナ、2014年11月23日) ユニオンジャックを掲げてタイトル獲得を喜ぶルイス・ハミルトン(アブダビGP/ヤス・マリーナ、2014年11月23日)
  • ラストレースを終えてフェラーリに感謝するフェルナンド・アロンソ(アブダビGP/ヤス・マリーナ、2014年11月23日) 表彰台でルイス・ハミルトンを祝うクリスチャン・トト・ウォルフ(アブダビGP/ヤス・マリーナ、2014年11月23日) ジェンソン・バトン(アブダビGP/ヤス・マリーナ、2014年11月23日) ユニオンジャックを掲げるルイス・ハミルトン(アブダビGP/ヤス・マリーナ、2014年11月23日)